志木の家(2002) 4
b0014003_2032219.jpg

階段は単に上り下りする「もの」と考えるのはなくて、
移動する事によって、その空間を意識する、
あるいは楽しめるような「装置」として
デザインしなければいけないのでしょうね。

住宅の名作の中にも
ほれぼれする階段がいくつも
思い浮かびます。

いつもがんばろうと思いつつ、
でも、実際は無理をせず、
必要な範囲で、取り合いに気をつけて
納める程度にしています。

設計 伊礼智
   大原麻里(元 所員)
施工 相羽建設



b0014003_20321796.jpg
# by satoshi_irei | 2004-09-14 20:36 | ・住まい・建築 | Comments(0)
志木の家(2002) 3
b0014003_14394118.jpg

リビングの北側の奥にダイニングがあります。
北側のお宅に迷惑をかけないように、閉じた北壁を利用して、
庭との最大視覚をとることにしました。
採光はトップライトから、通風は脇の窓からとっています。

定位置(落ち着いて座る場所)の背に壁を背負うと、なぜか落ち着きます。
何だか、沖縄のクサテ(腰当)の考えと似ています。
子供が最も安心していられる形というのは、
親の膝に抱っこされて、座っているとき
・・・というのがクサテ(腰当)の考えです。
沖縄の集落はそんな形で広がっていきました。

b0014003_14384665.jpg

住まいの中で、いたるところに窓をつけるのではなくて、
自分を受け止め、包んでくれる壁が重要だということです。
むしろ、窓、開口は、かなり意識的に設けるべきでしょう。

設計 伊礼智
   大原麻里(元 所員)
施工 相羽建設
# by satoshi_irei | 2004-09-12 14:41 | ・住まい・建築 | Comments(0)
志木の家(2002) 2
b0014003_19585491.jpg


b0014003_19592164.jpg


リビングはフルオープンできる
木製建具で庭へと繋がります。

床は木曽の赤松、壁は火山灰でできた
左官壁(薩摩中霧島壁)。
調湿・消臭効果に優れ、化学物質を
いっさい混ぜない自然素材100%です。
天井は沖縄の月桃紙(げっとうし)・・・
沖縄のハーブといってよい植物からできた和紙です。

新鮮空気を屋根で暖め、室内に取り入れるomソーラーの空気と
自然素材で包まれた室内には目に見えない快適さが漂います。

設計 伊礼智
   大原麻里(元 所員)
施工 相羽建設

b0014003_19593525.jpg


   
# by satoshi_irei | 2004-09-11 20:08 | ・住まい・建築 | Comments(0)
志木の家(2002) 1
b0014003_14162637.jpg

「志木の家」は、ご両親から受け継いだ和風の庭を残しつつ
建て替えを行いました。

庭だけでなく、古い家の、背比べをした柱や
黄色い厚板ガラスなど・・・
それらを新しい家に残したいとのこと。
このような住まいの記憶をどう新しい住まいに繋げていくか・・・。

まず、新しい住まいを既存の和風の庭園に、
徐々にグラデーションを描くように馴染ませようと
「庭と住まいの間」・「街と住まいの間」を
ひと工夫してみました。


b0014003_14161245.jpg

今考えると、古い記憶と
新しい住まいの間を考えることが
この家のテーマだったのかも知れません。

設計 伊礼智
   大原麻里(元 所員)
施工 相羽建設
 

b0014003_14164135.jpg
# by satoshi_irei | 2004-09-11 14:28 | ・住まい・建築 | Comments(0)
子供のための住宅本「オキナワの家」2
中身をちょっとご覧いただきましょう。
子供達に向けた、わかりやすい文章(これが難しい)と
スケッチと写真で構成されています。
まだまだこれからですがお楽しみに・・・。



b0014003_10532740.jpg
# by satoshi_irei | 2004-09-10 10:52 | ・沖縄 | Comments(2)
子供のための住宅本「オキナワの家」
今日、表紙の見本が上がってきました。
実は今、子供のための住宅本「オキナワの家」を書いているところです。
11月には店頭に並びます。

日本にはこのような子供に向けての住まいの本がありませんでした。
とても意義のある仕事・・・責任を感じながらも張り切ってやっています。
50人の建築家が50のテーマで50冊配本される予定です。
私はその第1回配本組・・・。

発売の際には、是非、お買い求めいただきたいと思います(笑い)。
私の初めての本となります。

b0014003_18491527.jpg
# by satoshi_irei | 2004-09-09 18:51 | ・沖縄 | Comments(4)
ヘチマ料理 4
みそ汁の冬瓜とへちまはこんな具合です。
みそ汁にヘチマを入れるとすごく簡単でいいですね。
b0014003_19571684.jpg

料理人 伊礼智
# by satoshi_irei | 2004-09-08 19:57 | ・沖縄 | Comments(3)
ヘチマ料理 3
b0014003_19494858.jpg

普通は、ミソ炒めにするのですが、今回はちょっとひねって「麻婆ヘチマ」。

日本のミソを中国のトーチミソと豆板醤、テンメンジャンに替えてみたわけ・・・。
ヘチマのふにゃっとした、それでいて細かい繊維質が残る食感がとてもおいしい。
 
# by satoshi_irei | 2004-09-08 19:50 | ・沖縄 | Comments(1)
ヘチマ料理
ヘチマの下ごしらえです。
何に使うにしてもこれが基本です。

洗って、皮を向いて、輪切りにする。
後はお好きに使えます。


料理人 伊礼智

b0014003_2059084.jpg

# by satoshi_irei | 2004-09-04 20:57 | ・沖縄 | Comments(2)
ヘチマ(ナーベーラー)を食べる 1
b0014003_20494636.jpg


ヘチマ料理

やっと、努力が実って(笑い)ゴーヤーが東京でも定着しました。
どこの八百屋にいっても置いています。
昔、300〜400円もしたゴーヤーが今は100円ほどです・・・
時代は変わりましたね。

今年からの僕の使命ですが・・・ヘチマを流行らそう・・・・
沖縄ではヘチマを食べます・・・おいしいです。
アカ擦りにするだけではもったいない、繊維質たっぷり・・・なはず。

是非、皆さん、勇気を持って挑戦しましょう。
とは言ってもどこでも売っていません。
写真はわざわざ沖縄から持ってきたもの。
冬瓜(スブイ)も今日はみそ汁にしてみました。
今回はヘチマ(ナーベーラー)料理のあれこれをお伝えしましょう。

料理人 伊礼智
# by satoshi_irei | 2004-09-04 20:50 | ・沖縄 | Comments(0)