オトナ語の謎(糸井重里 監修)
b0014003_923160.jpg世にはオトナ語と言う世界があるらしい。
社会に出たとき直面する日常的ではあるが、
よく考えると不思議で、便利で、独特な言葉・言い回しが多い。
そんな言葉を大量に集めて、解説してみると、
これはただのお笑い本ではなくて
オトナ語という日本文化を切り取った優れた本のように思う。



この本はweb上の「ほぼ日刊イトイ新聞」でやり取りされた内容を、
糸井さんが監修したものである。
糸井さんは約四半世紀も前に1行1000万円(あの頃ですよ)という
セルフコピーを持っていたほど、ブレークしたコピーライター。
糸井さんの存在でコピーライターという職業を知った人も多いはず・・・。
その後、週刊誌で「コピー塾」をやっていたことを思い出す。

言葉で食べて、言葉を遊んでいる人・・・という感じであるが、
「オトナ語の謎」は久々に糸井さんの真骨頂と言える本なのかも知れない。

というわけで、うちの事務所の教科書に認定する!!  伊礼智
# by satoshi_irei | 2004-11-10 09:42 | Trackback | Comments(0)
路上採取  天上のサンルーム 
b0014003_18255285.jpg



























神社の脇に住んでいると、緑が多くていいかと思えば、陽当たりが悪いとも言えるのかも知れない。
趣味によっては真夏も日照が欲しいこともあるだろう。
天にも届きそうなサンルーム・・・よく見ると屋根から浮いているように見えてる(ランでも栽培しているのだろうか)。

しかし、なんという「増築力」!!
沖縄生まれの人間としては、台風のときが心配。
神社の隣だと神風が吹いたりして・・・?   伊礼智

採取場所:荒川区南千住
採湯日時:2004年11月
# by satoshi_irei | 2004-11-09 18:44 | ・路上採取 | Trackback | Comments(2)
子供たちに伝えたい住まいの本  内容見本の見本 2

b0014003_15534811.jpg



















第1回配本は益子義弘さん、みかんぐみと僕(伊礼智)の3人(3組?)。
ディレクターの真壁智治さんと出版社の方々はこの内容見本をもって、
本屋さんやマスコミ関係と交渉するわけ・・・。

最近は本が売れなくなった・・・子供本とはいえ、建築の本に対して
本屋さんは厳しいらしい。

すぐ、返品ではなくて、たくさんの本屋さんに、
なが〜く置いてもらえるようにがんばらなければならない。   伊礼智
# by satoshi_irei | 2004-11-09 16:00 | Trackback | Comments(4)
子供たちに伝えたい家の本  内容見本の見本ができた。
b0014003_14341254.jpg「子供たちに伝えたい住まいの本」が
11月末日出版されます。第1回配本、3冊揃いました。

内容見本(出版案内冊子)の見本をアップいたします。
是非、お買い求めいただきたく思います。  伊礼智

出版社 インデックス・コミュニケーションズ






b0014003_14414070.jpg
# by satoshi_irei | 2004-11-09 14:44 | Trackback | Comments(3)
路上採取  天上の物干し
b0014003_13212731.jpg




























下町で苦労することのひとつに物干しがある。
片寄せあって立ち並ぶ家々では満足な陽当たりを期待することすら贅沢というもの。
たいてい、皆さん、超法規的に「天上の物干し」を構築する。

先日、三ノ輪で大通りからひときわ目立つものを採取した。
ほとんどのものが涙ぐましく、スペースをかいくぐり、苦労がダイレクトに伝わってくるのだが、
この物件は大らかと言うか伸びやかと言うか・・・。

物干しの時の、見晴らしの良さ、駆け抜ける風の爽快感が伝わってくるようだし、
取り込みのときの夕日も堪能できそうだ。
omソーラーの夏排気で洗濯物を乾かそうなんて思っている自分の考えが間違っているのではないか?
omに頼ることが無粋なような気がした。

ついでに、各家の「天上の物干し台」を超法規的にブリッジで繋いだら(どうせやるのならば)
さぞかし爽快で楽しいだろう。    伊礼智

採取場所:台東区三ノ輪
採取日時:2004年11月
# by satoshi_irei | 2004-11-09 13:51 | ・路上採取 | Trackback | Comments(2)
路上採取(オキナワ編)  サボテンであしたのジョー
b0014003_17524614.jpgこれも見事なパッシブデザインである。
サボテンでリーゼント型の日除けを作っている。

ツタなどの蔓性植物では、植物自体で、
はね出し構造は難しい。
構造的なアプローチもポイントが高い。
しかし、もし、あしたのジョーをも意識していたとしたら・・・
もう少し時間が必要だ。

        伊礼智

採取場所:沖縄県嘉手納町
採取日時:2004年夏
# by satoshi_irei | 2004-11-08 17:43 | ・路上採取 | Trackback | Comments(0)
朝日新聞に読売新聞の記者が記事を書く!!
b0014003_13281854.jpg




















辛坊さんは読売系の朝のワイドショーの解説委員である。
ずっと前から、朝日新聞系のワイドショーで「朝日コメンテーター」という肩書きの人が理解できなかった。
どう見ても朝日新聞の記者だと思うのだが、どうしてこの肩書きなんだろう・・・と思っていた。
辛坊さんの記事を読んで理解できた。
生放送の中では、新聞社の公式な見解ではなく、
解説・コメントでしかないということだ・・・スッキリした。
その上、読売新聞の人間が阪神タイガースファンを
公然とやってられる秘密も分かった(社長を騙していたんですね?)。

辛坊さんは先日のイラクでの日本人3人が拘束されたときのコメントが秀逸だった。
朝日系は自衛隊を撤退させるべきと強い口調。
その後「自己責任」論が強くなり、世論がそちらへ大きく傾き、
さらにその揺り戻しで、彼らの活動を賛美する世論が巻き返した時だった。
辛坊さんは、ニコニコしながら「もう、いわなくても、彼らも分かっていると思いますよ」といって
彼らのことをどうこういわなかった。
政府のやることを何でも批判する番組や、「世論の動きで、揺れ動く世論」の中で
多くを語らず、自分のスタンスを明確にし、軽く3人と世論を戒めた・・・
とても良識あるコメントに思えた。

それにしても、読売新聞の記者に、記事を書かせる朝日新聞も、
辛坊さんの言うとおり懐が深い?  2004年11月7日、朝日新聞より   伊礼智
# by satoshi_irei | 2004-11-08 13:56 | Trackback | Comments(0)
路上採取・・・考えさせる表札     
b0014003_1194566.jpgb0014003_1195827.jpg




























下町も不思議。
確か、「味の横綱」というお店の裏に唐突にこの表札が出てくる。
どう見ても、普通の住宅の入り口のようだし、下宿のようでもある。
しかし、住まいであればフルネームのはず・・・。
まさか、「味の横綱」の息子のゆたかの部屋というわけでもあるまい。

下町だと、時々あるのだが、
店が狭くて事務所・あるいは倉庫のみ、別の場所に・・・ということがある。
たぶん、この「ゆたか」もどこか近くの会社かお店の
事務室か倉庫だと思われる。

それならば「ゆたか」だけでも良さそうである。
「ゆたか入り口」という表札からして、
ドアを入ってさらに延々と続きがありそうな気もする・・・。

いや、「ゆたか」だけだとお店と間違えて入る人がいるからなのかもしれない。
また、つまらないことで考えさせられてしまった・・・伊礼智

採取場所:荒川区南千住
採取日時:2004年11月7日
# by satoshi_irei | 2004-11-08 11:30 | ・路上採取 | Trackback | Comments(0)
路上採取(オキナワ編) 病気がちな方・貧乏な方のための館
b0014003_15515826.jpg





















民家の庭先に唐突に2件の建物。
あまりおおっぴらには紹介できないのだが(笑い)・・・
右側には「健康を祈る館」の看板。
左側には「繁栄を祈る館」とある。

どういうお方が建てたか?には触れないことにするとして(恐い)・・・、
かなりもどかしい・・・・2つまとめて建てられなかったのだろうか?
どうして、左右で建物の形も色も違うのだろうか?
「健康」と「繁栄」は別のことなのか?

祈る館・・・と謙虚に表現していることから、いい人っぽい。
ただし、デザインや景観を生業(なりわい)とするものから言わせていただければ
健康も繁栄も実現しそうもないデザインです・・・祈るだけだからいいか? 
                            
                              伊礼智
追記:オキナワにはユタと呼ばれる霊媒師がいて、
   その一家に不幸があったりすると見てもらって、
   いろいろとアドバイスをもらいます。
   もしかしたら、この館を建てたのも、ユタがらみかも知れません。

採取場所:沖縄県嘉手納町
採取日時:2004年夏
# by satoshi_irei | 2004-11-06 15:55 | ・路上採取 | Trackback | Comments(1)
路上採取(雲編)  ほうき引きした雲(地震の前兆か?)
b0014003_16445639.jpg





















うちの事務所では、壁仕上げに、火山灰を金ゴテで塗って、
ほうき引きで仕上げることが多い。

あらが目立ちにくい、自然素材の宿命である白華(はっか)現象も和らげることができる、
ボード下地の簡易な土壁も土壁らしく見える・・・まあ、そんな理由でほうき引きするのだが・・・。

どういう理由で、このような「ほうき引き雲」になるのだろう。
今日の夕焼けはイマイチだと思って、ちょっと手を加えた・・・という感じである。

きれいだけれど、ちょっと不吉。  伊礼智

採取場所:東京都豊島区目白3丁目(うちの事務所)
採取日時:2004年11月5日4時26分(つい、さきほど)
# by satoshi_irei | 2004-11-05 16:54 | ・路上採取 | Trackback(1) | Comments(3)