路上採取  釜山の階段路地5 家々の表情
b0014003_15481861.jpgb0014003_15483019.jpg























路地に面する家々の表情もなかなかいい。
開口部が小さくて、表情豊かで味があります。
出入り口もやっと人がひとり通れるかというスケール・・・そのスケール感がとてもいい。
窓が小さいのは昔は防寒、現在は防犯のためなんでしょうね。

ペンキが褪色しているところや、モルタルの下から古い、
本来の石積みらしきものが見え隠れしていて「重層する時間」を感じさせてくれます。  伊礼智
# by satoshi_irei | 2004-12-27 15:54 | ・建築巡礼 | Trackback | Comments(0)
住宅特集、「住む」にて「オキナワの家」の新刊紹介をしていただきました。
b0014003_14215417.jpg
b0014003_1421748.jpg

新建築・住宅特集と「住む」が早々と子供たちに伝えたい住まいの本「オキナワの家」を紹介してくれました。
ありがとうございました。

住宅特集は「シリーズとしての取材」をしていただきました。
プロジェクトディレクターの真壁智治さんのインタビューを中心に
まとめられていますので是非、ご覧ください。      伊礼智
# by satoshi_irei | 2004-12-27 14:33 | ・掲載誌 | Trackback | Comments(0)
文芸春秋 「title」・・・深大寺の家
b0014003_120877.jpg現在発売中の「title」2005年2月号に深大寺の家が掲載されています(p52)。
新世代建築家のワークスペース住宅という特集。
無駄のない暮らしとワークスペース、OMソーラーでつくる「古民家」がテーマ・・・
というタイトルで紹介されています。
ライターさんのいいたかったことは分かるのですが
古民家という感じではないので・・・「東京町家」といいかえてもらえると良かったですね(笑い)。
是非、ご覧ください。発行:文藝春秋社 580円
# by satoshi_irei | 2004-12-27 12:11 | ・掲載誌 | Trackback | Comments(0)
路上採取  釜山の階段路地を歩く4
b0014003_20454864.jpgb0014003_2046094.jpg





















左手の写真は一見、住まいへの専用アプローチに見えますが、これも路地です。
とにかく、楽しいこと・・・どこに出るのか、どんな風景が現れるのか・・・?
それぞれの家が、その階段路地から強引に自分の家に床面をすりつけて
アプローチを創り出していくのですが、その引き込み具合も可笑しく、楽しいものでした。 伊礼智
# by satoshi_irei | 2004-12-25 20:51 | ・建築巡礼 | Trackback | Comments(1)
釜山・・・デジクッパ屋の風景
b0014003_2074413.jpgb0014003_2075658.jpg












デジクッパ屋のおばちゃんたち。
豚骨を公道で洗っているおばちゃん・・・
うちの子が「あのおばちゃん、無愛想だったよね・・・」というほど仕事に専念していました。
それくらいきちんと洗ってくれないと、いいスープはつくれません。
真っ白のスープをドンブリに注いでいるおばちゃんは
一所懸命、客引きもやっていました・・・あの凄い勢いで沸騰するスープの誘惑には勝てません。 伊礼智
# by satoshi_irei | 2004-12-25 20:13 | ・食 | Trackback | Comments(0)
釜山のデジクッパとゆで豚
b0014003_12521352.jpgb0014003_12522632.jpg












路上採取はちょっと休憩して、釜山で最初に食べたお昼ご飯。
スタッフや家族はデジクッパ(豚のクッパ・・・豚骨スープ)、僕はシジミのクッパ、
そしてみんなで「ゆでぶた」をもらいました。
クッパは400ウォン(約440円)、もちろん様々なキムチが付いてきます。
ゆでぶたは特製のソースにつけて食べます。
市場を散策していて、おばちゃんに呼び止められ、
子供連れということもあって、ここで一息入れようと・・・入ったのが、デジクッパ屋さんでした。
町中の、地元の人たちが普通に食べている食べ物屋さんですが
そんな店の方がおいしかった・・・最初は勇気いりますけどね。  伊礼智
# by satoshi_irei | 2004-12-25 12:57 | ・食 | Trackback | Comments(2)
路上採取   釜山の階段路地を歩く3
b0014003_1054796.jpgb0014003_1055581.jpg





















このような階段路地とそれと交差するような巾1メートルほどの狭い路地が迷路のようにネットワークしています。
壁はペンキでグリーン系に彩色されたものが多く、「まちづくり」的な意図を感じたほどでした。 伊礼智
# by satoshi_irei | 2004-12-25 09:58 | ・建築巡礼 | Trackback | Comments(1)
路上採取   釜山の階段路地を歩く2
b0014003_21473199.jpg























表通りから引かれるように、入っていくとこの光景です。
あの上までいってみたいなあ・・・と思いますよね。
ごちゃごちゃした町ですが、何か楽しそうな臭いがしました。  伊礼智
# by satoshi_irei | 2004-12-24 21:50 | ・建築巡礼 | Trackback | Comments(0)
路上採取  釜山の階段路地を歩く。
b0014003_20524494.jpg






















釜山の凡一洞、映画「チング」の舞台になったあたりです(まだ、見ていません)。
観光コースに行ってもすぐ、その路地裏やら脇道にそれていく性分なので、
ここでも、当然のように、斜面に沿った階段上の路地に引き込まれていきました。

ブルーの上水タンクが折り重なる屋上テラス、
それを縫うような階段テラスに、建築家としてちょっと興奮気味に・・・
どこか懐かしさを感じながら(沖縄的でした)暗くなるまで歩き続けました。
下町の生活の臭いと自由な表現、行き当たりばったりな拡張する住まい・生活領域・・・、
どこか、アートを感じさせるペインティングに魅了されてしまいました。
アジア・・・という感じです。

その魅力を少しづつ、小出しに、もったいぶって(笑い)、
アップしていくことにしたいと思います。  伊礼智
# by satoshi_irei | 2004-12-24 21:09 | ・路上採取 | Trackback | Comments(2)
釜山のヨンさま靴下
b0014003_16415619.jpg




















お久しぶりです。釜山に事務所旅行で出かけておりました。
韓国は3度目、釜山ははじめて、もちろん、今回はヨンさまツアーのおばさまを
避けるためもあって釜山にしました。
おばさまたちはソウルの窓口に押し寄せていました・・・成功です。
それでも、釜山に行くとあちこちヨンさまだらけ・・・。

今回は、釜山の下町?の階段路地を興奮気味に撮ってきましたので、
少しづつ・・・小出しにアップしていきたいと思います(笑い)。 
今日から、休んだ分・・・張り切って仕事させていただいています。伊礼智
# by satoshi_irei | 2004-12-24 16:46 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(1)