カテゴリ:・新潟・魚沼の家( 1 )
「魚沼の家」のまとめ
「魚沼の家」
設計:伊礼智設計室(伊礼智 福井典子)
施工:フラワーホーム

UA値0、28(換算Q値 1、13)
C値0、7
エコテクノルーフ(太陽光発電)搭載、ZEH(ゼロエネルギー住宅)
性能と意匠の両立をテーマに取り組み、風景を取り込み、風景に溶け込む事を目指しました。

豪雪地帯(積雪累積20メートル)でZEHをクリアーしています。
太陽光を搭載する事で、ゼロエネルギーに繋がるだけでなく、
豪雪地帯の雪下ろしの軽減にも繋がる(パネル面は一般的な屋根材よりも滑りやすい)。

さらに太陽光パネル(エコテクのルーフ)は屋根材も兼ねる。
雪下ろしを軽減するために急勾配の屋根にする事なく、建築としての佇まいが穏やかにできました。

また、4畳半で構成された架構は程よいスケール感を創り出すとともに
子割りのスパンで柱が多めに建てられて積雪荷重にも有利。

ひとつの対処が多義的に効果を上げる事がエコの本領ではないでしょうか?
そんな事がうまくまとまった仕事だと思います。

b0014003_23081493.jpg
b0014003_23082696.jpg
b0014003_23083241.jpg
b0014003_23085314.jpg

外壁は魚沼さんの地元の杉板、200ミリの幅広材を
反りを押さえるために「押さえ縁」で押さえています。

真南にある大きなケヤキの木が日射遮蔽に大きく役立っています。
真夏のお昼過ぎから、デッキにも葉影を落としはじめます。
冬には葉をおとし、たっぷりと陽を取り入れる事ができます。
夏の午前中は、巻き上げででる簾が日射を遮ります。





b0014003_23254241.jpg
b0014003_23254708.jpg
b0014003_23255120.jpg
b0014003_23261019.jpg
b0014003_23255668.jpg
b0014003_23262564.jpg

魚沼の家の東南に広がる田園風景・・・この風景を取り入れ、風景に溶け込む。




by satoshi_irei | 2018-08-07 23:33 | ・新潟・魚沼の家 | Trackback | Comments(0)