カテゴリ:・くらしこの家( 2 )
くらしこのハナレ
くらしこのハナレの写真が送られてきました。
冬の撮影のため、庭がちょっと寂しいですが、
新緑の時にまた、訪れようと想います。

設計:伊礼智設計室(伊礼智 中山梓)
施工:野村建設
造園:荻野寿也景観設計

くらしこの家とハナレ・・・あちこちに用意された庭がこの住まいの魅力です。

b0014003_09424057.jpg
b0014003_09424519.jpg
b0014003_09425086.jpg
暮らしこの家から見たハナレ。
b0014003_09431513.jpg





伊礼智の住宅設計作法Ⅱ(2018年刊) のご購入はこちらから
「伊礼智の住宅デザイン」(2018年刊) 購入はこちらから

■伊礼智設計室では学生向けにオープンデスクを受け付けます。 
住宅をメインとする建築家のありのままの事務所の姿を経験していただければと思います。 

受け入れ条件
* 25歳まで!男女問わず。
* 伊礼智設計室の作風が好きな方。
* 健康(精神的にも)な方
*1〜 2週間来ていただける方。
 空き時間だけという方はご遠慮ください。
* 就業時間は9時半からから7時(定時)まで 。
* タバコを吸わない方
* スケッチか模型作製、どちらかうまい人
*連絡先 irei@interlink.or.jp 伊礼智まで 

(有)伊礼智設計室 住所:〒171−0031 
   東京都豊島区目白3−20−24
   電話:03−3565−7344(FAXとも)メール:irei@interlink.or.jp
Houzzに登録中の豊島区, 東京都, JPの伊礼智" target="_blank">HOUZZ

i-works project ホームページ




by satoshi_irei | 2018-12-17 09:47 | ・くらしこの家 | Trackback | Comments(0)
岐阜・くらしこの家
高断熱・高気密のFP工法の技術を生かした、
伊礼智設計室の新境地のひとつです(見た目は変わりませんが・・・笑)。

健康に暮らすための性能を押さえつつ、フルオープンできる木製建具によって、
四季を通じて暮らしを楽しめる日本的な住まいとなったと思います。

性能と意匠は両立できる・・・
そして、その多様性が日本らしいエコハウスとなればいいと思います。

設計:伊礼智設計室(伊礼智 元スタッフ 本田恭平)
施行:DNA
造園:荻野寿也景観設計

Ua値:0、47(断熱性能を表す)
C値:0、2 (気密性能を表す)

写真:伊礼智 塚本浩史(アドブレイン)

b0014003_21434217.jpg


b0014003_18422487.jpg
b0014003_1843164.jpg

車2台分のカーポートと外物置が付属します。

b0014003_18434983.jpg






b0014003_18443611.jpg

b0014003_1971232.jpg
b0014003_11381723.jpg
b0014003_12134199.jpg

吹き抜けたダイニングルームを中心の暮らしが広がります。
リビングルームは1段下がったタタミリビング。
デイベッドが造り付けられています。

造園はいつもの荻野寿也さん。
今回はワークショップ形式で多くの方々に参加していただき、
皆で創り上げました。



b0014003_11541243.jpgb0014003_11545158.jpg
b0014003_19144569.jpg


開口部は断熱と気密性能が高い木製サッシュ(アイランドプロファイル)、
季節の良い日には建具をフルオープンして
庭と室内が一体になります。

b0014003_18471718.jpg


開口部に設けられたガラリ戸は
昼間の外部からの視線を遮ります(内部から外は見えます)。
完璧ではありませんが、日射遮蔽の効果もある事が分かってきました。



(有)伊礼智設計室
住所:〒171−0031 東京都豊島区目白3−20−24
電話:03−3565−7344(FAXとも)
メール:irei@interlink.or.jp



i-works project ホームページ
アマゾン 伊礼智の小さな家・70のレシピ
アマゾン 「伊礼智の住宅設計」(エクスナレッジ)の申し込みはこちらから
アマゾン 「伊礼智の住宅設計作法」(アース工房) ご購入はこちらから

伊礼智設計室プロフィール
設計条件
主な仕事

face book
twitter

「伊礼智の住宅設計作法」は建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2016-08-17 12:09 | ・くらしこの家 | Trackback | Comments(0)