ヒンプン再考
ある雑誌の原稿でヒンプンに触れる事になり、ついでにブログでまとめてみる事にした。
下の写真が20数年前に撮った西表島、星立て集落のヒンプン(今はない)。
配置としては典型的だが、素材が珊瑚。
海の近くの集落では決して珍しい事ではないが、一般的には石灰岩である。

中村家や久米島の上江洲など、由緒ある家は石積みが高いが、
竹富島や西表島などの集落では高さが1300ほどが普通。頭より低い。
その中にフク木を中心に植物で屋敷囲いをする。


b0014003_943561.jpg


次は竹富島の住まい。
石灰岩を切り出して積み上げてヒンプンにしている。
屋敷の中に植物がほとんどなく、ちょっとシュールな感じで、
竹富島の中でも好きな住まいのひとつ。
ヒンプン配置としては普通なのだが、入り口にコンクリートか石による敷居が見られる。
ヒンプンの役割は、目隠し、魔除け、
動線の振り分け(男性や客は右、女性は左、、、昔のはなしだが)に加えて、
町と家を緩やかに繋げること。
敷居を設ける事でその役割は損なわれるが、どこか建築的に見えた(笑)。


b0014003_9444143.jpg

下の写真はヒンプンの右辺りからスージ(路地)を見たところ。
この写真でみると奥の石垣がヒンプンなのか?と錯覚を起こす。
路地幅とヒンプンの引き込み寸法が同じくらいだと
そういう錯覚がおきそうだということに気づく。


b0014003_9451863.jpg

この写真でヒンプンとスージ、
ヒンプンとアシビナー(遊び庭、、、ヒンプンの裏)の関係がよくわかると思う。
沖縄の家は開かれているようで開いていない、
コートハウスのように閉じているようで閉じていない。


b0014003_9455042.jpg


以下の写真は沖縄本島から海中道路(実際は海上道路?)でつながっている浜比嘉島の吉本家。
普通、ヒンプンは南側にあり(風水が絡んでいる)、南からアプローチするものだが、
吉本家は西側にスージがありそこからアプローチするので、
写真のように長いアプローチがあり、左に折れてヒンプンがある。
この集落では裕福なお宅だったのだろう、、、
石垣も高く、家も大きい、とにかくアプローチが立派。


b0014003_9461762.jpgb0014003_9463414.jpg


ヒンプンの裏はとても開放的になっている。
座っているのは女優の高樹沙耶さん。
沙耶さんが撮影している間に、僕は隅っこで義務的に「実測スケッチ」(笑)


b0014003_9465520.jpg

大慌てで実測したスケッチがこれ!
軒下で2040、、、いい高さです。
水平ラインが伸びて(ちょっと軒先がガタが来ていましたが)きれいな民家だと思った。
是非、手を入れて保存してほしい。


b0014003_10215373.jpg


ヒンプンは前後の関係が大事だなと思う。
スージの巾との関係、母屋との距離、高さなどで
町の引き込み具合、つながり具合が異なる。
by satoshi_irei | 2007-10-30 10:28 | ・建築巡礼 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : https://irei.exblog.jp/tb/7642774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AKi at 2007-10-30 11:31 x
勉強になりますです。
Commented by satoshi_irei at 2007-10-30 14:46
秋山さま、、、とんでもないです(汗、、、)
Commented by とね しゅんじ at 2007-10-30 17:32 x


初めまして
時間の有る時にでも
御覧になって下さい。


大切な人と
大切な日々を生きる為に

http://ningen-monogatari.com/sub15.html
御迷惑でしたら削除して下さい。
Commented by ojarumaru at 2007-10-31 08:32 x
吉本家の奇妙な形の柱は、天然の木をそのまま使って
いるのでしょうか?沖縄行ったことがないのでわかりませんが、
どんな木なんでしょうね。
Commented by H2 at 2007-10-31 21:08 x
はじめまして。
まだ家を建てる予定はないのですが、興味を持って拝見させてもらってます。
沖縄の伝統的家屋の工夫(軒を低く、深く、とか)って、
ログハウスにも応用できるように思うんですけど、いかがでしょうか?
ログハウスにも関心があるんですが、
躯体に雨や西日が堂々とあたる無神経な設計のが多くて。
メンテナンスは当然ですが、そんなんじゃとても100年保ちませんよね。
Commented by satoshi_irei at 2007-10-31 21:36
ojarumaruさん
チャーギ(イヌマキ)だと思います。
シロアリに強い、堅い木ですね。沖縄では最高級品だったようです。
なかなか取れないので昔は使用の制限令がありました。
Commented by satoshi_irei at 2007-10-31 21:39
H2さん
金属板の外なら軒が出ていなくてもいいとは思います。
ログでも軒が出ている事に超した事はないでしょうね。
Commented by H2 at 2007-10-31 22:06 x
伊礼さん、レスありがとうございます。
すみません。「金属板の外」の意味がわかりません。
Commented by satoshi_irei at 2007-10-31 23:14
H2さん
ガルバリウム鋼板などの金属の外壁の事です。
壁が抜けていましたね、、、すみません。
Commented by H2 at 2007-11-01 00:10 x
ログハウスでガルバの外壁ですか? 見たことないんですが。
もろに雨に当たるデッキが本屋の躯体と一体になっていて、
十年程度でデッキを切り落とす例も多いとか。
少しかじっただけでも知見は散見するのに、
なぜかやばそうなデザインのが堂々と出てたりするんですよね。
デッキだけなら切ればいいですが、躯体がやられたら...
躯体=外壁のログハウスにとって外壁の保護は重要なので、
沖縄の知恵を活かした設計のログハウスができれば
進歩するんじゃないかなぁと思いながら沖縄の記事を見ています。
Commented by satoshi_irei at 2007-11-01 09:17
H2さん
ログにガルバを進めているわけではないのです(笑)。
日本にも校倉造りというのがあって、正倉院などが有名ですね。
日本のログハウスのようなものですが、しっかり軒が出ています。


<< 集まって住む 奥村夫妻を囲む会 >>