俵屋の不思議・・・町の引き込み方
b0014003_1031853.jpgb0014003_1033328.jpg

何度訪れても、このアプローチには惹かれます。
俵屋はパーフェクトな「コートハウス」とも言えるかも知れないのですが
決して大きくないいくつかのコートが散りばめられ、
様々な方向から表情を変えて楽しませてくれます。

訪れた人が最初に出会うコートがここなのですが
本当に地味な入り口・・・町から、屋根のある空間でちょっと引き込んでおいて、
右手に空に抜けたコートに導きます。「外」から「内」へ引き込み、また「外」へ・・・。
わくわくする路地にも似た、町の引き込み方がとても気に入っています。

どこにも豪華さや脅かしはありません。簡素だけれど、貧相ではない、
素朴だけれど、粗野でない・・・イヤミのない品格が漂っています。

b0014003_1034876.jpgb0014003_104488.jpg
by SATOSHI_IREI | 2006-09-09 10:15 | ・俵屋旅館の不思議 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://irei.exblog.jp/tb/5649079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokyomachiya at 2006-09-10 01:13
いいですね、くっと閉めてポンと放す。
これでもう気持ちは別世界ですね。
Commented by SATOSHI_IREI at 2006-09-10 13:44
ここだけでもまだまだ解読の余地があります。


<< 沖縄クラブの講演会・・・分厚い... 今日は塗装の下地調整 >>