大型パネル住宅の記事(沖縄タイムス)
昨年の12月25日の沖縄タイムスが
早稲田大学キャンパスで行われた大型パネル住宅
建て前実験の記事を取り上げてくれました。

慢性的な大工不足を補うための住宅供給のあり方として期待される一方
大工や工務店の仕事を奪うのではないか?
という懸念もあります。

昔、プレカット工場が出てきた時も同じ懸念がありましたが
それを一番活用したのが工務店でした。
しかし、一方で大工の仕事が減ったのも事実。

どんな仕事も今後、『手しごと』と『工業化』の最適化が
追求される事は間違いないと思います。
パネル化は先進事例をみると、
大工の仕事の働き方改革(労働環境の改善、職人寿命の延長など)に繋がり、
仕事の巾を広げると考えた方がいいように思います。

むしろ、大工達が工務店の下職から離脱して
パネル工房を運営しても面白いと思います。

建築家も一品生産だけにこだわるのではなく、
今回、ウッドステーションのオープン化された大型パネル住宅に
取り組む事によって、建築家の考えた規格型住宅を提供する事も悪くない。
必然的に性能表示や超寿命化に取り組む事になり、
本当の良い住まいを提供できるようになるのではないか?と思います。
「デザインと性能と長寿命の調和」・・・残り人生の大きなテーマでもあります。

それにしても建築って、経験を積まないと見えてこないところが辛い・・・
あと20歳若ければ・・・といつも思う、笑。
がんばって、健康で長生きします、笑。



b0014003_12291197.jpg







伊礼智の住宅設計作法Ⅱ(2018年刊) のご購入はこちらから
「伊礼智の住宅デザイン」(2018年刊) 購入はこちらから

■伊礼智設計室では学生向けにオープンデスクを受け付けます。 
住宅をメインとする建築家のありのままの事務所の姿を経験していただければと思います。 

受け入れ条件
* 25歳まで!男女問わず。
* 伊礼智設計室の作風が好きな方。
* 健康(精神的にも)な方
*1〜 2週間来ていただける方。
 空き時間だけという方はご遠慮ください。
* 就業時間は9時半からから7時(定時)まで 。
* タバコを吸わない方
* スケッチか模型作製、どちらかうまい人
*連絡先 irei@interlink.or.jp 伊礼智まで 

(有)伊礼智設計室 住所:〒171−0031 
   東京都豊島区目白3−20−24
   電話:03−3565−7344(FAXとも)メール:irei@interlink.or.jp
Houzzに登録中の豊島区, 東京都, JPの伊礼智" target="_blank">HOUZZ

i-works project ホームページ




by satoshi_irei | 2019-01-03 12:31 | ・掲載誌 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://irei.exblog.jp/tb/29063639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 明日から仕事始め。 賀正 2019 >>