工作活動   釣りにいく。
工作活動   釣りにいく。_b0014003_21573778.jpg












ジオパワーのモデルハウスを見に行った後、自宅へ戻りました。
その後は休み。
数ヶ月ぶりの自由時間です(普段から好きで仕事しているわけですが)。

工作員に日頃、「釣りにいこうか!」なんていってたのにいつも仕事になって
「嘘つき」呼ばわりされていたので、今回は面目躍如、千住の釣り堀に連れて行きました。
場所は家内の案内で自転車で連なって行ったのです,

いろいろ探しながら、迷ってたどり着いたのが・・・なんと
ジオパワーのモデルハウスの隣・・・・ちょっと情けない(爆笑)。

釣り堀以外にスケボーの練習場やバッティングセンター、ゴーカートのレースコース等、
昔の「アメージングスクエアー」でした。

工作員は結構喜んでいました。  これで当分「嘘つき」呼ばわりは免れそうです。 
というわけで、ジオパワーのモデルを冷やかした後、いろいろ楽しめます。   伊礼智
by satoshi_irei | 2005-05-31 21:55 | ・工作少年 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://irei.exblog.jp/tb/2846102
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by surugakinoienix at 2005-06-01 12:57 x
釣堀は、川や海と違うテックニックが、必要ですよねぇ。それにしても、父は、
大変ですね。私は、子供に現場で出た木っ端を与え、おもちゃは、自分で作るものと、
こちらの勝手な論理を押し付けていました。工作員の将来が、楽しみですね。
Commented by satoshi_irei at 2005-06-01 15:33
設計事務所ですと、
入らなくなった模型をあげておくという手を使います。
わりと喜ばれます。
Commented by terumi_aiba at 2005-06-03 17:26
読みながら笑っちゃいました。(⌒▽⌒)
探し物をしているときって、焦ったりして身近なところに
気づかないですよね。私も良くやります。


<< ソーラータウン久米川 1  完... 建築知識連載「住まいと家具」(... >>