台湾旅情3 九分
台北に行くなら、九分は外せない・・・「千と千尋の神隠し」のモデルになった町です。
千尋の両親が豚になる、あの町並みです。
階段路地があってそこへばり付くように店が並んでいる。
階段から、構わず、すぐ横にアプローチできるという、
ちょっと乱暴なところが楽しさに繋がっているのだと思いました。
路地の幅が狭いところで1300ほど、広いところで1800〜2000くらい。
楽しいタテのストリートです。


b0014003_18283893.jpg


台北からバスで1時間ほどだったろうか?
どんどん、山に登っていって下ろされた所の景色がこれ・・・。


b0014003_1831763.jpg


b0014003_18312837.jpg

タテの階段路地に直行するように横軸の路地があって、
そこも店舗が張り付いています。
お茶屋さんやナチュラルな石けん屋さんなどいい店も結構ありました。

b0014003_18332222.jpg
釜山の階段路地を思い出しました。

小さな家。計画 HPはこちらから
twitter
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます
小さな家。計画 アマゾンサイト ご購入はこちらからどうぞ


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-12-25 18:34 | ・たびたびの旅 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://irei.exblog.jp/tb/14643290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 滋賀の**基地 台湾旅情2 食べ物編 >>