白馬の山荘
カメラマンの西川公朗さんから写真が届きました。
その日は快晴で気持ちいい写真が撮れました。
白馬の山荘・・・少しづつアップしていきます。

設計:伊礼智設計室(伊礼智 森泉綾)
施工:杉野建築店


白馬の山荘_b0014003_10324479.jpg

白馬の山荘_b0014003_10361579.jpg

スキーを楽しむための小さな山荘です。
積雪が2000ミリを超えるため、基礎を800ミリ上げています。
どちらかというと冬を楽しむ山荘ですから
大きな掃き出しの開口を設けず、景色を取り込む窓にしました。

そうすることでコンパクトでありながらも
家具を配置するための「溜まり」も作ることができました。

白馬の山荘_b0014003_10364237.jpg
白馬の山荘_b0014003_1433065.jpg
一度、デッキに上がって、室内へアプローチします。

白馬の山荘_b0014003_1937476.jpg

建坪は12,5坪。
1階床面積11,5坪、2階床面積5坪・・・計16,5坪となります。
2階とは言っても、天井を低く抑えているのでロフトに近い高さですから
どちらかというと延べ床面積11,5坪+ロフトのようなものです(笑)。

入口は風除室でもあり、土足のまま土間に入ります。
そこがスキー板のチューンナップルーム。

白馬の山荘_b0014003_146276.jpg
白馬の山荘_b0014003_14145923.jpg

リビングはフルオープンできる木製建具、
白馬の冬に、木製建具で、しかもシングルガラスで大丈夫?
という声もありましたが、暖かいようです。

障子が仕込んであり、いざとなれば雨戸もあります。
断熱材はセルロースファイバーを吹き込んでいるので
基本的な断熱性能が高いことが効いたのだと思います。

白馬の山荘_b0014003_1465545.jpg
白馬の山荘_b0014003_14222151.jpg

キッチンは1坪ちょっとの広さ、
吹き抜けの中で、パーティションで軽く囲われているかのようなキッチンです。

白馬の山荘_b0014003_14585411.jpg
白馬の山荘_b0014003_14593819.jpg

寝室は1つのみ、基本的にはご夫婦のみのスキー小屋。
その他の宿泊は2階(ロフト)の天井の低い広間となります。


白馬の山荘_b0014003_1555621.jpg白馬の山荘_b0014003_1563930.jpg
山荘、セカンドハウスというのは非日常の空間でありたいということから、
より思い切った設計をするのが本来だと思うのです。
むしろ、この山荘は逆で、
より生活を「合理的」に詰めていった結果、非日常的な暮らしを感じられるように思います。
いかに普段の暮らしが「必要でないもの」にまみれているか・・・という事かもしれません。
面積が広くなっても、ものが増えても、必ずしも感性が高まるわけではないですね・・・。

白馬の山荘_b0014003_1929066.jpg
白馬の山荘_b0014003_19292618.jpg

10月2日仙台にて講演会 申し込みはこちらから
10月23日 鹿児島にて講演会
建築知識学校 はじめます。 詳しくはこちらから
twitter
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます
小さな家。計画 アマゾンサイト ご購入はこちらからどうぞ


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-09-30 10:39 | ・白馬の山荘 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://irei.exblog.jp/tb/14115096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 最近のお昼ご飯 10月23日、鹿児島でイベント... >>