建築知識8月号・・・たくさん書かされました(笑)
b0014003_1825536.jpg

建築知識8月号は「納まり・仕上げ」現場写真帳
現場の施工写真に仕事のノウハウ、注意点を吹き出しで加えるという「藤山編集長方式」。
それに水回り、階段、キッチン・・・などの納まりと写真を
うちの事務所の仕事で埋めています。

最初、4ページくらいの話だったのですが、締め切り間際に追加を頼まれ、結局18ページ。
納まり図面に仕事の注意点として
ぼくのコメントと施工者のコメント(ここが新しい)がついています。

設計者の詳細図だけでなく施工者の工夫も盛り込むというのは
連載を開始した「伊礼智の住宅設計作法2」で暖めていたネタだったのですが・・・。
設計者の眼と施工者の眼・・・現場の工夫がリアルに伝わるのでは?と思います。

現場に出した生図面をそのまま利用しているので、
細かなところで不備な点もあるかとおもいますが
ご興味ございましたらご覧ください。

「納まりが見える」CD付きで特別定価1995円(税込)らしい。
アマゾンから取り寄せる






岐阜にて建築文化講演会のお知らせ
オープンデスク生 引き受けます。
twitter
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-07-19 18:16 | ・掲載誌 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://irei.exblog.jp/tb/13617033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokyomachiya at 2010-07-19 20:08
僕も沢山書かされました。
施工者の視点は、伊礼さんの意見と食い違う所も多々あり、面白いと思いますよ。
明日会社に出たら届いているかな?
あっ、いけない!
神楽坂の約束取り付けていなかった。
Commented by satoshi_irei at 2010-07-19 20:44
迎川さん
今回の社長賞は海外にしてもらいましょうか?!
Commented by nakanokeiichi at 2010-07-19 21:05
施工者の視点は いいですね  よく『お前 現場の取り合いわからんと クソ図面書くから 納まらんやろ どうするんや   *辞めてしまえ!!カス!!』と 職人が叫んでました  今は昔
Commented by satoshi_irei at 2010-07-20 09:39
nakanokeiichiさん
完璧な図面を描くことは難しいですね。
読みやすく、わかりやすい、施工の方向性がわかる図面がかければいいのではないでしょうか?


<< 新建築・住宅特集8月号 近作訪... 真夏のオープンハウス >>