事務所の教科書・・・タダでもらった植物図鑑
b0014003_12365838.jpg





















かれこれ、18年ほど昔、芸大の院生の頃の話になってしまいます。
奥村研究室の同級生がサンワ銀行でタダで配っていたとのことで、
2冊の薄い、コンパクトな植物図鑑を持ってきてくれました。
奥村先生がこれはなかなか手頃でいい本だね・・・とおっしゃって、
研究室の教科書にしようと、全員分取り寄せました。

なにしろ、タダです。
銀行もいいことやりますなあ?というわけで、
今でもうちの事務所で活躍中・・・事務所の教科書となってしまいました。

樹木の形と葉の形が、イラストと写真でまとめられ、
基本的なことが簡潔にまとめられています。
続編では造園のガイドブックとなっていて、
植える場所と目的別に分かりやすくまとめられています。

分厚く重たい大図鑑より、小さく軽く、ポケットに入る「かいつまんだ」本っていいですね。  伊礼智

発行:財団法人サンワみどり基金(現在は廃番です)
# by SATOSHI_IREI | 2004-12-02 12:50 | Trackback | Comments(1)
どなたか・・・このつる性植物の名前を教えてください。。
b0014003_945899.jpg紅葉をはじめた、このつる性植物・・・
形がなかなかいいですね。
手持ちの植物図鑑でも名前が分からなくて、
どなたかご存じの方・・・教えてください。
                伊礼智
# by SATOSHI_IREI | 2004-12-02 09:46 | Trackback | Comments(5)
みんなのブログ・・・2004年ブログ大賞にノミネートされてしまいました(笑い)。
b0014003_13525499.jpgb0014003_1353473.jpg
















ブログをはじめて、4ヶ月。
「ブログの力」にも掲載していただきましたが、
今回は「みんなのブログ vol 2」です。

それも、なんと「2004年ブログ大賞・おしごと部門」にノミネートされてしまいました(笑い)。
「omソーラー」建築を実践している建築家、伊礼智さんのブログ・・・と紹介されております。
少しは、omソーラーの普及に貢献できるでしょうか(笑い)?  
しかし、ブログの普及はあっという間ですね。   伊礼智


発行:株式会社 インプレス  1219円+税  11月30日発売  
# by SATOSHI_IREI | 2004-12-01 14:12 | Trackback | Comments(8)
ボジョレーより興味深い・・・電球形のワイン
b0014003_19162068.jpg電球型のワインです。まったく・・・誰が考えたのでしょう。
赤と白の2種類。
パッケージが凝って?います。

特徴
・アルコール度数13%でワッと明るくなれる(wと掛けています)。
・電球器具には使用できません・・・もちろん。
・寿命・・・・飲み過ぎに注意とのこと(寿命が短くなるよとの忠告)。
・電気代はかかりません・・・当然。
・発熱量・・・少し酔えますとのこと(発熱効果ありです)。

興味がある方は是非、頼んでみては?   伊礼智
信濃ワイン株式会社
tel:0263−52−2581
fax:0263−52−2582

b0014003_19163320.jpg
# by satoshi_irei | 2004-11-30 19:23 | ・住まい・建築 | Trackback(1) | Comments(3)
路上採取  日本毛髪研究会会員によるタイルアート
b0014003_1442524.jpgレトロで美しいタイルワークです。
タイル屋さんか設計者がタイルの見本を
うまく?生かしたような床仕事です
とにかく、エイジングが効いています。
その床の上の「日本毛髪研究会会員」の表札も渋い。 
                   伊礼智






b0014003_14421744.jpgb0014003_14423293.jpg













採取場所:豊島区目白4丁目
採取日時:2004年11月
# by satoshi_irei | 2004-11-30 14:57 | ・路上採取 | Trackback | Comments(0)
代田の町家(坂本一成)再考
b0014003_1213322.jpg



























先日、丸谷博男さん主催の梅ヶ丘アートセンター恒例のワインパーティにいってきました。
アートセンターの裏には坂本一成さんの出世作、代田の町家があります。
家型のシルエットで(その辺の話は難しくなるのでやめます)
丸谷さんのところにつとめていた頃、
いいプロポーションの建物なので、時々、見に行ったものでした。

この家は町との関係が面白い。
家型のフォサードを潜って中庭からアプローチし、
町を引き込むようになっているのが特徴なのですが・・・
個人的にとても親近感を感じるのです。
それはなぜかというと、中庭の奥に、目隠しの塀があるのです。
高さが人の頭の下くらいかな?・・・これはもう、沖縄でいう「ヒンプン」です。

中庭のボイドで引き込み、奥で「ヒンプン」で受け止める・・・
非常にうまい「町との関係」だといつも感心します。
閉鎖的でない、かといって開放的でもない、不思議なたたずまいなのです。

この絶妙な「町との関係」を持った
代田の町家に敬意を表して「東京町家的なモノ」と認定したいと思います。  伊礼智
# by satoshi_irei | 2004-11-30 12:26 | ・住まい・建築 | Trackback(2) | Comments(4)
雪見障子を見直す。
b0014003_10111785.jpg先日、松蔭こもんずで
ワークショップを行いました。
修行した、丸谷博男さんの事務所の後輩で
竹内国見君が音頭をとり、
うちの事務所の仕事のお話を
させていただきました。
30人もの方々に来ていただき、
竹内ワークショップは
無事に終了しました。

会場となった松蔭コモンズは
築150年くらいの典型的な関東の農家・・・
東京町家のお手本となる建物でした。

印象に残ったのは雪見障子。
都会ですと、空を望むと近所の家の窓と目があったりして、
結局、カーテン閉めたりしています。
雪見ですと、自分の庭の足元や、
「見たいものだけ見る」デザインも可能だと思いました。
もちろん、デザインは
ノスタルジーに陥らないようにちょっとひねりますけどね・・・。
伊礼智
# by satoshi_irei | 2004-11-30 10:24 | ・住まい・建築 | Trackback(1) | Comments(0)
子供たちに伝えたい住まいの本「オキナワの家」・・・今日から一般販売
b0014003_15224688.jpg今日、11月30日より子供向けの絵本
「オキナワの家」が一般販売されます。
益子義弘さんの「家ってなんだろう」
みかん組の「家のきおく」と並んで、
第1回配本として販売されます。

くうねるところにすむところ03、
子どもたちに伝えたい住まいの本・「オキナワの家」  伊礼智 著
インデックス・コミュニケーションズ  1600円
# by satoshi_irei | 2004-11-29 15:30 | ・住まい・建築 | Trackback(3) | Comments(5)
omソーラーハウス・江戸川ソーラーキャット掲載誌
b0014003_1522657.jpg2004年11月27日発売の「デザインで選ぶ 住まいの設備」(エイ出版 1500円)
に江戸川ソーラーキャットが自然素材のリビング例として掲載されています。
最新の住宅設備・建材のカタログのような本でなかなか便利。

それにしても、先日、アーキアンドデコールの取材だとばっかり思っていたのは
この本だったのですね(同じ出版社)?・・・あわてもんです。  伊礼智
# by satoshi_irei | 2004-11-29 15:16 | ・掲載誌 | Trackback | Comments(0)
i-work(omソーラー) 下里の家10  キッチン家具
b0014003_1114438.jpgb0014003_1115330.jpg






















小さな家ではキッチンも無理に対面式にせず、
できるだけ広いスペースを残しておくというのもひとつの手。
ただのダイニングキッチンとならないように
下里の家では食器棚と配膳台を兼ねた置き家具を、
雲杉の集成材とシナベニアで作ってみました。
ダイニング側とキッチン側からの両面使いとすることで、
廻りによけいな家具を置かないで済むようになったと思います。
この家具はi−worksのオプションアイテムとなりました。

設計:伊礼智/伊礼智設計室(担当 大原麻里 協力 椿千賀子)
施工:相羽建設(監督 渡邊拓也)
# by satoshi_irei | 2004-11-29 11:10 | ・住まい・建築 | Comments(0)