<   2010年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧
最近のお昼ご飯
b0014003_21144838.jpg

お土産でモロヘイヤやキュウリを頂きました。
これは早速と言うことでモロヘイヤはおひたし、キュウリは紀州の梅と和えました。
カブが余っていたのでラー油和え。
ポテトサラダはカレー風味、
アスパラ天国の最終日は鶏肉とマヨ醤油ラー油炒めといいましょうか?


b0014003_21151820.jpg

上野でしらすを大量に仕入れたので
その日はしらすとエゴマ、おかかの冷や奴、
しらすとタマネギの卵焼き、ほうれん草のおひたし、
キュウリの梅、ゴマ、おかか和えとなりました。

スピンアウトでつくった
しらすとエゴマとおかか、ゴマ入りのふりかけがとてもおいしかった。
エゴマが効いておいしい。



twitter
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-06-30 21:23 | ・まかないごはん | Trackback | Comments(0)
9月18日 岐阜にて講演会
b0014003_16584446.jpg

9月18日に岐阜建築士会主催による「建築文化講演会」で講師を務める事になりました。
第30回・・・歴史ある講演会です。

そのポスターが送られて来たのですが・・・立派なポスターではずかしい。
その上、A2サイズの大きなポスターで恥ずかしさも4倍。
輪をかけて講演のタイトルが・・・ちょっと大げさになってしまった。
「設計の標準化を解く」くらいにしておけばよかった・・・

ここ数年、「設計の標準化」について話しに来い!というお招きが多くなりました。
できるだけ出かけていくようにしているのですが、今回は会場も大きそうだ。
県民ホールの未来会館ハイビジョンホールとなっている・・・
今回の講演は3Dっぽいですね(笑)。

お時間ございましたら、いらして下さい。
席、たくさん空いていると思います。

問い合わせ・お申し込み先
社団法人 岐阜県建築士会事務局
電話:058−266−5786
(こちらから申し込み可能です)





twitter
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-06-30 17:10 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(0)
「小さな家。計画」本が出ました! 
b0014003_2051121.jpg
小さな家。計画 ホームページ

3年前から取り組んでいました。小さな家のプロダクト化の本が出ました。
まずはお知らせしたいと思います。
鹿児島のシンケン、迫英徳さんの「モイスBOX」は既にリリースしております。

ぼくは「東京町家・プロダクト」という
遊具のような楽しさと、車のようなコンパクトさを持った
小さな家をリリースしたいと模索中です。

7月に長野県松本市にそのモデルハウス(試作品)をオープンします。
空間を読み取っていただけるものになっていますが
まだまだ、プロダクトとは言えないモノだと思います。
素材や施工方法などを検討してプロダクト化し、リリースしたい・・・。

b0014003_21195021.jpg

まずは何を考えているのかを
この本からご理解いただきたいと思います。

「小さな家。計画」 エクスナレッジ 840円。

購入はこちらから
こちらもご参考までにご覧ください



twitter
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-06-29 21:00 | ・掲載誌 | Trackback | Comments(0)
オープンデスク募集
夏休みも間近となりました。
今年もオープンデスクを受け入れたいと思います。
早めに来れるかた、まとまって来ることができる方、優先いたします。

・学生のみ
・期間7月5日〜9月頃
・トータルで12日以上来ることができる人(基本的に続けてきていただける方)
・学生とは言え、新人スタッフと同じように扱います。その方が社会勉強になるでしょう。
・無給で交通費も出ませんがお昼ご飯(まかない)は支給します。
・主に模型づくりをはじめとする、スタッフの補佐
 となります(仕事用の設計図を書いていただくことはないので、その点はお気軽に・・・)。 
・建築現場打ち合わせ等をご覧頂けます。
・その他、いろいろ待ち受けております(笑)。
・午前9時30分〜午後8時頃まで。
・まずはメールでエントリー下さい。
 mail:irei@interlink.or.jp

*8月16日〜29日の間はすでに予約がいくつか入り、
 この期間は締め切らせていただきます。
 





twitter
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-06-26 21:40 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
秩父の家 
b0014003_14251550.jpg

先日、オープンハウスを行いました秩父の家を新たな写真を加えてまとめてみました。

b0014003_19454724.jpgb0014003_1946160.jpg

小さな居場所が繋がって、外部まで緩やかに広がっていくような住まいです。
b0014003_19462250.jpg

ソウルで見た、小さな3つの部屋が繋がって何とも可愛い・・・
そんな心地よさそうな空間をこの家に持ち込んでみたいと思いました。
絵本の部屋からストーブコーナー、「庭座」(和室)、リビング、庭を見たところです。
北側の絵本の部屋は、写真で見える部屋に涼しい風を送り込んでいました。
ここが一番涼しい・・・。

b0014003_19463932.jpg
b0014003_14255928.jpg
庭座の先の土を持った所は芝桜で埋め尽くされることになりそうです。
庭が成長した頃また、訪ねて見たい・・・。

b0014003_14263461.jpgb0014003_14264619.jpg



秩父の家
設計:伊礼智設計室(伊礼智 一場由美)
施工:小林建設

秩父の家の 設計の手がかり




twitter
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-06-25 19:57 | ・秩父の家 | Trackback | Comments(2)
メロンハイ
b0014003_1921443.jpg

昨日は秩父の家のオープンハウス。
OMソーラーハウスなのでOMの関係者に絞った
こじんまりしたオープンハウスとしました。

5時で終了、有志だけで西部秩父駅前の「駅前」という居酒屋で一杯やりました。
変わったご主人のいる、それでいておいしい店でおいしいメニューを揃えて
独自の料金システム(サービスが多い)で楽しませてくれます。

若い女の子にはとりわけサービスがいい・・・
うちの小倉に創ってくれた「メロンハイ」がこれです。
1杯目はグラスだったのですが、おかわりはメロンの器でやってきました。
これで600円だそうです。

とにかく、不思議な店です。





twitter
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-06-25 19:28 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(0)
アユの季節

b0014003_17151847.jpg
兵庫のヤマヒロさんから揖保川のアユが送られてきました。
お昼ご飯にどうぞ!!との事でしたので早速、塩焼きに・・・。

b0014003_1715427.jpg 


ダイコンとエゴマのサラダ。
水菜が苦手なスタッフが今日はいるので、水菜は別立て(笑)。

先日、大学の曽根先生から頂いたアスパラで「アスパラ天国」が終わったと思いきや否や・・・
北海道から3キロものアスパラが送られてきたのです。
不思議なもので仕事でもそうですが、同じものが続くことがありますよね。 

まだまだ、アスパラ天国も続き、アスパラとベーコン、タマネギ、卵でチャンプルー。
食べるラー油を振りかけて・・。

スープは豚汁。
ご飯は玄米の5分づき。

みなさま、ありがとうございました。


twitter
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-06-23 17:13 | ・まかないごはん | Trackback | Comments(0)
受け継ぐべきもの
琉球新報コラム「南風」の連載最終回。
早いもので12回があっという間に終わった。
毎回、720文字以内で物語を語る。

無駄な事を書いていると話が広がっていかない、物語にならなくなってしまう。
かといって盛りだくさんにしようとすると話の色艶が抜けて、痩せた内容となり、
これも物語としては魅力がない。

話がうまく流れて、転回し、最後に必ずオチをつける。
コラムのおもしろさは短いだけに内容がストレートに伝わり、印象に残りやすい。

終わるとなるとちょっと寂しい。

今回は「受け継ぐべきもの」と題して
沖縄のあちこちのテーマパークに出てくる伝統的民家風の設計の残念さを書いた。
中村好文さんが「伊礼君がちゃんと言わないとダメだよ」と背中を押したので(笑)
最後のコラムに・・・。

コラム「南風」 受け継ぐべきもの





twitter
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-06-22 17:17 | ・掲載誌 | Trackback | Comments(0)
何でも食べていい日
今日は一場と小倉が現場やら役所やらでいない。
この二人がいないと、どんないいことがあるか(笑)?

イカもタコも貝類(しじみ、あさり、ほたて・・・)、
辛いもの全般、セロリ、三つ葉、セリなど(省略)の香菜系が食べ放題である。

言い換えるとレバー(レバーはぼくがダメ!!) 以外は何でも食べることができるのだ。
この好機を見逃す手はない!!


b0014003_13242982.jpg
日曜日に仕事をしていると
元スタッフのが、いきなり「エゴマ」の鉢植えを持って現れた。
育てている様子・・・大きな葉が密集したエゴマだ。
好き嫌いの激戦区である、うちの事務所でも「エゴマ」は大人気である。

というわけで今日のメニューは
「辛いものをエゴマで包んで食べて、あさりのみそ汁を飲む」と決まった。

b0014003_13245695.jpg

辛いものといえば麻婆豆腐。
沖縄から密輸(嘘です)してきた「食べるラー油」を最後にかけて・・・。

残り物のもやしとエゴマ、カブの細切りを
ゴマドレと「食べるラー油」(ホテルのシェフバージョン)を和えてサラダに。

味噌汁は堂々とあさりのみそ汁!!。


b0014003_1325149.jpg
エゴマにサンチュ味噌をのせて、
キムチとラー油で和えたネギをのせ、麻婆豆腐をのせ、包んで食べる。
しそとも異なるエゴマの風味がとてもいい。

今日はラー油3種を使い分けた。




twitter
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-06-22 13:47 | ・まかないごはん | Trackback | Comments(0)
秩父の家 完成間近
数年前、ソウルを旅したとき、ソウル市内に小さな民族園があることを知りました。
郊外に有名な民族村があるので、たいした期待もなく訪れたのです。

ところがその中に、下級氏族の家で小さな部屋(寝室)が3つ繋がる、
何とも可愛い住まいを見つけました。

その日はあいにくの雨、それでも、傘を片手に夢中になって実測をしたものです。
小さな空間が3つ繋がる魅力が、それ以降ずっと頭の中に残ってしまいました。



b0014003_2214173.jpg


現場で採った実測スケッチ。



b0014003_21375664.jpg

たまたま、秩父の家の設計始めるにあたって、ご要望を組み立てる切り口として
思い浮かんだのが、このソウルの南山ゴル・韓屋マウルで実測した民家の構成でした。
上はプレゼンテーション時のスケッチ・・・
この提案がそのまま残りました・・・うれしい。

b0014003_21382799.jpg
b0014003_21384425.jpg


完成間際の現場写真です。
まだ、家具が入っていませんのでちょっと寂しい。

リビングの脇にストーブコーナーがあり、2段上がって絵本を読み聞かせする小さな部屋、
反対側に一段下がって、庭を楽しみ、客間としても機能する「庭座」を創りました。
あの、ソウルの小さな部屋が3つ続く、楽しさを再現しようとしたのです。


b0014003_21385779.jpg
b0014003_21391875.jpg

その関係が伝わるかどうか・・・。

b0014003_21404687.jpgb0014003_21412771.jpg
b0014003_2141130.jpgb0014003_21411328.jpg


居場所があちこちにあることで、一緒に居ながら、距離感を持って居られる。
そんなことを考えていたのだと思います。

明日、木曾三岳奥村木工所からダイニングテーブル「Nテーブル」が到着、
リビングから「アシビナー」(遊び庭)に繋がり、それを挟んだ縁台が
3つの小さな空間と繋がる。
それがこの住まいの特徴となるでしょう。

残念ながら、クローズしたオープンハウスとなりますが
ブログ上でできるだけごらん頂けるように工夫したいと思います。

秩父の家(OMソーラー搭載)
設計:伊礼智設計室(伊礼智 一場由美)
施工:小林建設



twitter
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-06-21 22:02 | ・秩父の家 | Trackback | Comments(2)