<   2010年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧
佇まい再考
b0014003_14194056.jpg


守谷の家の第2回目のセミナーを終えました。
一般の方からすると特殊なプロポーション(かなり低く抑えている?)なのですが
好感を持って受け取っていただけたようです。

変わった設計はしていないのです・・・
ただ、グッと高さを抑え、プランをぎゅっとしぼっている。
縮小コピーをかけたような住まいが、住宅メーカーの立ち並ぶ中に
ひっそりと佇んでいるだけ・・・。

この家の魅力はそれが全てではないか?
住宅はそれでいいのだと思いました。

この家はソーラーやエネファーム等を搭載しているのですが
テーマはそこにあるのではなくて、「佇まい」なのだと思います。
「佇まい」は建築、環境、設備、素材などの難しい全体のまとめ方から
醸し出される作り手(設計者、施主を含む)の「良い意志」(傲慢な自己主張ではなく)が
現れて欲しいと思っています。
それがその地の空気を創り上げ建物を包みます。
その空気を設計したい・・・。


b0014003_1461487.jpg
b0014003_1457547.jpg

*写真とスケッチは伊是名島の「銘苅家」 簡素で品のある佇まいに惹きつけられる。
つくり手の「良い意志」が伝わってくる。建築はこうありたいと素直に思わせる住まいです。
いい空気に包まれています。



twitterやっています。
紀州・山長商店を訪ねるツアー 伊礼智・住宅設計講座付き(プロ向け)
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by SATOSHI_IREI | 2010-03-29 14:21 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(4)
守谷にてセミナー
今日は午後から守谷にて住まいのセミナー。
申込者が増えて会場を変更するらしい。




twitterやっています。
紀州・山長商店を訪ねるツアー 伊礼智・住宅設計講座付き(プロ向け)
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-03-28 10:11 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(0)
琉球新報コラム 「南風」 第7回目 「謝恩会」
琉球新報で連載しているコラムの第7回目です。
季節柄、謝恩会の話を書かせていただきました。
毎年、この季節は卒業生を送り出す・・・ちょっと寂しい季節です。
琉球新報 「南風」

twitter やってます。
紀州・山長商店を訪ねるツアー 伊礼智・住宅設計講座付き(プロ向け)
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-03-27 18:11 | ・掲載誌 | Trackback | Comments(0)
小さな居場所を散りばめる
b0014003_14494344.jpg

住まいと電化 2010年4月号(1400円)
は「みんなの部屋 リビング・ダイニング」特集。
「小さな居場所を散りばめる」という文章を書かせていただきました。

*部屋名で分けて考えない
*程よい距離でいっしょにいる
*俵屋旅館の心地よい居場所
*韓国民家の3つ続きの小さな部屋
*建築と家具が融合する家(15坪の家)
*内部と外部を捕らえ直す(9坪の家・length)
*見えないものをデザインする

ご興味ございましたらご覧下さい。



twitter やってます。
OZONE 住宅セミナー参加者募集中(プロ向け)
紀州・山長商店を訪ねるツアー 伊礼智・住宅設計講座付き(プロ向け)
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-03-26 15:03 | ・掲載誌 | Trackback | Comments(0)
誰も教えてくれない 木造住宅のつくり方
b0014003_1513333.jpg

エクスナレッジムックとして「誰も教えてくれない 木造住宅つくり方」が出ました。
数年前、建築知識で特集されたものをまとめたものです。

写真帳(本)+DVD(160分)の2部構成で3800円。
階段、建具・建具枠、ハーフユニットバスについてコメントを書いています。

DVDには工務店界のスター達(迎川利夫、田中健司、池田浩和)が
ノウハウを語ります。
木造の「現場手帳」として類を見ない教科書と言えるのではないでしょうか。
施工の手順がわかる写真、コツを吹き出しで職人に語らせるなど
読みやすさも含めて、木造初心者はもちろん、
ベテランのおさらい用としておすすめの一冊です。





twitter やってます。
OZONE 住宅セミナー参加者募集中(プロ向け)
紀州・山長商店を訪ねるツアー 伊礼智・住宅設計講座付き(プロ向け)
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-03-25 15:35 | ・掲載誌 | Trackback | Comments(6)
3月28日 茨城・守谷にて住まいのセミナー(一般向け)のお知らせ
b0014003_18165173.jpg

写真は守谷の家
設計:伊礼智設計室 施工:自然とすまい研究所

主催社である申し込みはこちらから
自然と住まい研究所ホームページより転載


□セミナー開催日程 メイン講師/伊礼 智(伊礼 智設計室)
3月7日(日)   「小さな家で豊かに暮らす」終了しました。
        「消費する家から、創る家へ」家庭用燃料電池「エネファーム」(東部ガス)

3月28日(日) 「居心地のいい住まいのつくり方」
        「自然の力で心地よい空間を」新世代パッシブソーラー「そよ風」(環境創機)

4月18日(日) 「町と家の間をデザインする」
        「自然の恵みを暮らしに活かす」老舗のほんまもん「山長の材」(山長商店)

時 間 13:30〜16:00
各回とも、伊礼さんの1時間のセミナーと、
協賛各メーカー30分程度のプレゼンテーションのあと、
質疑応答を兼ねた懇親会を開催します。


会 場 自然と住まい研究所モデルハウス(茨城県守谷市)
各 回 定員10組
参加費 1組様2,000円(テキスト代込み)
    2回目以降は1,000円 ※受講費は、参加時に受け付けにてお支払いください。

主 催 有限会社自然と住まい研究所
協 賛 東部ガス・環境創機・山長商店

href="http://na-style.co.jp/pg48.html" target="_blank">申し込みはこちらから


twitter やってます。
OZONE 住宅セミナー参加者募集中(プロ向け)
紀州・山長商店を訪ねるツアー 伊礼智・住宅設計講座付き(プロ向け)
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-03-25 12:17 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(0)
住宅建築 4月号
b0014003_2153159.jpg

住宅建築2010年4月号に
エネファーム(東京ガスの 燃料電池)のタイアップ記事で
インタビュー(108〜109ページ)を受けています。
守谷の家を事例にお話しさせていただきました。

住宅建築は8月号より隔月刊となります。
より質をあげて新しくなるようです。
8月号は永田昌民特集・・・楽しみです。

守谷の家は新建築・住宅特集5月号にも掲載されますので
そちらもあわせてご覧下さい。




twitter やってます。
OZONE 住宅セミナー参加者募集中(プロ向け)
紀州・山長商店を訪ねるツアー 伊礼智・住宅設計講座付き(プロ向け)
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-03-23 21:10 | ・掲載誌 | Trackback | Comments(2)
OZONEセミナー参加者84人となる。
3月26日のOZONEセミナーは参加者が84人となりました。
満員御礼申し上げます。

ぼくのお題は「工務店と取り組む新しいビジネスモデル」ということですが
当日は「標準化を解く」ということでお話しさせていただきます。
それがないと工務店とは歩めないのです。

「標準化」というのは建築家が最も嫌う概念だと思います(笑)。
ぼくのいう「標準化」とはユニバーサリズムの「標準化」ではなくて
個々の価値観の「標準化」なのです。
それが今の時代で有用か否か?・・・それは社会が決める!!

個人が経験を積めば「標準化」していってしまう。
他の分野では「経験」は大事にされ、評価され、受け継がれるモノのはず・・・。
受け継がれていく設計、設計作法と言い換えた方がいいのかも知れません。
成熟した社会はそうだと思いますし、普通にそうしてきたはずです。

権威的で斬新、偉大で200年も持つなんて馬鹿げた建築を目指すのではなく(かわいくない)
身の丈目線の建築、社会で共有できる視座で仕事をしたいと思います。
住宅はそう創られるべきではないか?。
ご興味ございましたら、ギュギュウ詰めでよろしければ、是非、いらして下さい(笑)。

申し込みは下記より。


OZONE 住宅セミナー参加者募集中(プロ向け)

山長ツアーもあと数人、募集中です。

紀州・山長商店を訪ねるツアー 伊礼智・住宅設計講座付き(プロ向け)



伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-03-22 19:22 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(0)
神戸の家
b0014003_14184076.jpgb0014003_14185676.jpg

日曜日は神戸の現場へ・・・最終チェック。
現場も追い込み中で養生シートが張り巡らされていました。
それをはがしつつ見せていただく。
リビング脇の2畳の和室の「ひかり」が柔らかくていい。

「この家の中でこの和室がいちばん気にいっている」とは奥さんのお父さん。
茶器を持ってきたい・・・と(笑)
お茶室もいいのですが日常的に使っていただければと思う。

植栽工事はそのお父さんが担当、
これから、気合い入れてやってもらう事になっている(笑)



twitter やってます。
OZONE 住宅セミナー参加者募集中(プロ向け)
紀州・山長商店を訪ねるツアー 伊礼智・住宅設計講座付き(プロ向け)
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-03-22 14:25 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(0)
居住コース謝恩会
b0014003_10521991.jpg

昨日は居住コースの謝恩会。
春になると「別れ」がやってくる。
居住コースでは学校とは別にコースのみで謝恩会を開いてくれる。
卒業生達がまた、集まってきて先生たちのために一席設けてくれるのだ。

先生方もこの日にあわせてコース会議を開き、
今年のカリキュラムの確認と「てこ入れ」を行う。

その後、卒業生のための居住コース独自の修了書を書き上げる。
宮脇檀さん自ら創った修了証のリボンに、
先生方が色鉛筆で着色、教師陣全員の名前をそれぞれ
がサインするという、なんとも手作り感溢れる修了書である。
いい大人が一生懸命、着色している姿もおかしい。

そのほかに、卒業してもつながりがとぎれないように
教師陣の名詞をカラフルな名刺入れに集め、学生一人一人に用意する。

夕方、会場の準備を終えた学生が呼びに来た。
会場は製図室の一角。
テーブルの上には彼女達の手料理や調達してきた料理が並んでいる。
(さすが宮脇仕込み)
拍手に迎えられて入場して、しっとりした謝恩会らしいパーティが始まる。

一人一人の学生時代の思い出と苦労話が披露されるのだが、
笑っていたのは束の間、途中からは涙声に変わる(謝恩会はこうでないと!)
最後は中村好文教授作のお別れの替え歌を合唱(どんな大学なんでしょう・・・笑)、
記念撮影をして終了。
女子学生だけのコースはアットホームでしっとりしていていい。

「**会」の会は人と人が会う事だ。
一番のご馳走は「人」であると今年で講師を終える八木さんもあいさつをされた。

この時代に全員、就職、あるいは進学が決まった。
今度、社会人として会いましょう、つながりを大事に・・・。




twitter やってます。
OZONE 住宅セミナー参加者募集中(プロ向け)
紀州・山長商店を訪ねるツアー 伊礼智・住宅設計講座付き(プロ向け)
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-03-22 11:09 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)