<   2010年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧
エクスナレッジムック MY HOME +
布田の家が再掲載されています。
竣工して確か4年。
いつもパーティにご招待いただいています。
今年も4周年やる!!とか?・・・予告を頂きました。
リビングから庭にかけて宴会場と化す住まいです(笑)
そんな雰囲気が垣間見ることができる写真がいくつもありました。

b0014003_9315196.jpg



OZONE 住宅セミナー参加者募集中(プロ向け)
紀州・山長商店を訪ねるツアー 伊礼智・住宅設計講座付き(プロ向け)
建築コンクール 「小さな建築」 応募案募集中
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-02-26 09:37 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(0)
琉球新報 「南風」 雨樋をデザインする
琉球新報のコラム連載第4弾は「雨樋をデザインする」。
タニタハウジングウエアと一緒に取り組んだ
ガルバ・スタンダード半丸ができあがるまでの顛末をまとめてみました。
連載もやっと1/3を終えました。
720文字の世界はそぎ落とし方で文章が生きたり死んだり・・・
小さな家を設計するときと似ています。

琉球新報 「南風」 雨樋をデザインする





OZONE 住宅セミナー参加者募集中(プロ向け)
紀州・山長商店を訪ねるツアー 伊礼智・住宅設計講座付き(プロ向け)
建築コンクール 「小さな建築」 応募案募集中
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-02-25 18:11 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(0)
守谷の家 追い込み中
今日は守谷の現場へ。
植栽や内部の塗装の追い込み中、タタミやさんが
琉球タタミ(ほんまもん)を敷くのに奮戦しておりました。

b0014003_15285621.jpgb0014003_15291588.jpg
b0014003_15293112.jpgb0014003_15294642.jpg

3月6日はオープンハウス。
内外部の壁は火山灰の塗り、空気集熱型のソーラーシステム「そよ風」を搭載、
冬の床暖房だけでなく、夏排気を浴室に送り込み、浴室乾燥(洗濯物)に利用したり、
エネファーム(家庭用燃料電池)を取り入れ、お湯と電気を作っています。

打ち合わせ室にはシェーカー型の薪ストーブがあり、
「そよ風」で暖かい空気を回収、床下に送り込み上下の温度差の解消に役立ちます。

b0014003_1530055.jpgb0014003_15301531.jpg
b0014003_15303096.jpgb0014003_15304477.jpg



OZONE 住宅セミナー参加者募集中(プロ向け)
紀州・山長商店を訪ねるツアー 伊礼智・住宅設計講座付き(プロ向け)
建築コンクール 「小さな建築」 応募案募集中
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-02-25 15:31 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
3月6日 守谷の家 オープンハウスのお知らせ
b0014003_14101675.jpg

3月6日、茨城県守谷にてオープンハウスを行います。
ちょっと、遠いところです。
住宅建築、新建築・住宅特集でエネファームの記事として取り上げられる家。
(その内、出てくると思います)
b0014003_14174785.jpg

b0014003_14102648.jpgb0014003_22581299.jpg


空気集熱型ソーラーシステム(そよ風)搭載、冬・屋根で暖めた空気を床暖房に使い、
夏・放射冷却により屋根で空気を冷やして涼風を取り入れます。

また、エネファーム(燃料電池)によって電気とお湯を創り出します。
コストは別として、お互いに苦手な分野を補い合って
いいコンビネーションだと思いました。
薪ストーブも搭載し、空気集熱のソーラーシステムが
ハイテクの燃料電池とローテテクの薪ストーブをうまく繋げています。
ハイテクとローテク、理性と情緒が共存している住まいです。

6日の見学会はご近所にご迷惑をお掛けするので
車でのご来場を禁止しています・・・ご了解願います。
申し込みの際は
住所・氏名・職業・連絡先、見学の主旨を明記願います。
明記されない方には応答しない場合もあります。

追ってこちらから案内図を送りいたします。

申込先:irei@interlink.or.jp

写真は今日、送られてきた現況写真です。
これから植栽を手配します。





b0014003_16171018.jpg

守谷の家
交通:常総線 新守谷駅 徒歩15〜20分
設計:伊礼智設計室(伊礼智 一場由美)
施工・施主:自然と住まい研究所
写真:アドブレン、塚本さん
一般向けセミナーも行います。




OZONE 住宅セミナー参加者募集中(プロ向け)
紀州・山長商店を訪ねるツアー 伊礼智・住宅設計講座付き
建築コンクール 「小さな建築」 応募案募集中
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-02-22 20:40 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(6)
ダムの中の小さな風景
b0014003_19502281.jpgb0014003_19503541.jpgb0014003_19504856.jpgb0014003_195145.jpg

今日は秩父の現場へ、ちょっと大きな住まいということに
加えて木製建具の部分で大工さんがスピードダウン・・・苦労をかけています。

打ち合わせ後、住まい手のYさんがちょっと遠回りをしてくれて
ダムに連れて行ってもらいました。

ダムは土木建築の最たるもの・・・その中に絵のような風景をいくつか発見しました。
土木は美しい。



OZONE 住宅セミナー参加者募集中(プロ向け)
紀州・山長商店を訪ねるツアー参加者募集 伊礼智・住宅設計講座付き
建築コンクール 「小さな建築」 応募案募集中
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-02-20 19:54 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
紀州の山長を訪ねるツアーやります。
b0014003_1158298.gif

建築知識から新しい雑誌が出ます。
「建築知識 ビルダーズ」という雑誌なのですが
その創刊記念として山長さんを訪ねるツアーをやることになりました。
ついでに設計講座もやることに・・・。
参加者、優先的に募集中です。

山長の木をいつも使わせていただいています。
含水率、ヤングと性能表示された構造材を
いち早く提供してきた「老舗のほんまもん」の会社。

実は今、山長とうちの事務所でいろいろと商品企画を練っているところ・・・
もしかしたら当日、発表できるかも知れません。

たくさんのご応募お待ちしております。

ビルダーズの編集長には飛行機を借り切って
大宴会しながら行こう!!と調子に乗って言っているのですが
却下されると思います・・・。


詳しくはこちらから


建築コンクール 「小さな建築」 応募案募集中
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-02-17 12:06 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
今年もやります。MOKスクール大阪
b0014003_1859311.jpg

今年もMOKスクールの講師をやります。
今年は12月4日(土)の最終講義を受け持ちます。
トリを務めると言うことでしょうか(爆笑)
終了式とパーティもごっしょできると思います。

7回に渡る講義は講師陣も充実、主催者の三澤康彦さん、三澤文子さんはもちろん、
建築家の伊藤寛さん、
構造家の山辺豊彦さん、
大御所の南雄三さん、
村上雅英さん・近畿大学教授、
安井昇さん・早稲田大学客員研究員、
竹原義二さん・建築家で大阪私立大学教授、
野池政宏さん・住まいと環境社、
工務店からは田中工務店の田中健司さん、岡庭建設の池田浩和さん、
山を代表して山長商店の榎本長治さん、
その他、多彩な陣営です。

定員   40人
会場   大阪木材会館

問い合わせ先 MOKスクール大阪
       電話:06-4796-7818  FAX:06-6458-5090
      メール:info@mokosaka.jp






建築コンクール 「小さな建築」 応募案募集中
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-02-16 19:10 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
万歳三唱
b0014003_19281633.jpg

先日は浜松で上棟式。
東京は雪だったのに、ついいたら快晴。
防寒着が何だかはずかしい。

それでも陽がくれると風が冷たい。
そんな中での上棟式なのだが、今の時代はみんな車なのでお酒を飲まない。
なかなか盛り上がらないのが残念です。

それでも、
ぼくは義務で・・・(汗)、
あるいは、医者から時間が来たらビールを飲むよう指導されているので(嘘です)
クライアントとともにビールを飲んで勝手に盛り上がっていました。

そろそろ中締めということなり、ちょっともの足りなかったので
冗談で、スローハンドの若手に「万歳三唱でもやったら・・・」といってみた。

実はスローハンドはいつも
中締めは万歳三唱だそうで(前の会社から20年もやっているらしい)。
その役目はいつも下っ端にやらせているとのこと。

冗談で言ってみたものの、本当にやるらしい(笑)・・・・
結局、みんなはずかしそうに、力ない万歳三唱で閉めた(爆笑)

何だかこれがおかしくて、一気に盛り上がってしまった・・・スローハンドらしい。
とにかく、変わった工務店です。
オープンハウスの時も隅に立っていて、接客や営業などやる気がありません。
ほったらかし・・・うちの事務所も一緒ですが・・・。
興味がある方だけ、わかっていただける方だけ・・・
相手に選んでもらうものという確固たる自信があるようです。

それはそれとして
是非、次から「万歳三唱」は社長自ら元気いっぱいに、やって欲しい!!(笑)

上棟式で初めての万歳三唱でした。


浜松の家
設計:伊礼智設計室(伊礼智 一場由美)
施工:スローハンド
   



建築コンクール 「小さな建築」 応募案募集中
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-02-15 19:37 | ・住まい・建築 | Trackback(1) | Comments(8)
リビングセンターOZONEにて住宅セミナー(プロ向け)
住宅建築のソリューションメソッドを考える
3/12(金)、3/26(金)
長谷川豪、難波和彦、八島正年+八島夕子、伊礼智
b0014003_11492827.jpg


世界経済の不況、高まるデフレ化、建築基準法、税制の諸問題など、
現在、住宅建築をとりまく状況は決して明るいとはいえないでしょう。

しかし、一方で環境問題への対策や世帯の変化、
ライフスタイルの多様化への対応など建築・住宅業界への期待も大きくなっています。

このような時代にあって、建築家が住宅を設計することの意義は何か。
住宅にできること、設計者の役割とはどのようなものか? 
これらを改めて考えることによって、基本に立ち返った住宅設計を探れないものか。
本セミナーは、設計者一人ひとりが抱える諸問題を解決に導きだし、
今、求められる住宅の在り方を探っていきます。

環境負荷への課題、コスト問題、クライアントとの対話、
暮らしのための提案力、様々な問題を
プロジェクトプランナーの真壁智治さんともに解きほぐします。

より良い住宅を生み出すだめに、何に立ち向かい、何を解決していくのか、
建築家が担う社会性とは? 

ゲスト講師に社会的な問題にも積極的に取り組む建築家4人を迎え、
真壁氏とともに問い、語り合います。

設計者の方、また住宅建築をこれから目指す方、必聴のセミナーです。

                 以上、OZONEホームページより転載

詳しくはこちらから




建築コンクール 「小さな建築」 応募案募集中
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-02-15 10:12 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(0)
琉球新報 コラム「南風」第3弾 子どもたちに伝えたい家の本
琉球新報で連載させていただいている「南風」の第3弾です。
今回は「オキナワの家」を含む「子どもたちに伝えたい家の本」について
書かせていただきました。

720字という制限があり、詳しくは書けないので
「オキナワの家」が発刊されるまでの顛末を
おもしろおかしく書かせていただいただきました。

必然的にプロジェクトプランナーの真壁智治さんについて
書くことになりました(笑)。

いつもお世話(こき使われている)になっているので
恩返しのつもりで書かせていただきましたが・・・(汗)。

真壁さんはただ今、このシリーズの続きを企画中です。
先日、見せていたのですが
アトリエワンはじめ、そうそうたるメンバーがリストアップされていました。
真壁さんのライフワークとなりそうです。

コラム「南風」 詳しくはこちらから


建築コンクール 「小さな建築」 応募案募集中
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-02-12 10:46 | ・掲載誌 | Trackback | Comments(0)