<   2010年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧
守谷の家 2月27日・28日にオープンハウス
b0014003_15134864.jpg

今日は守谷の現場へ。
追い込み中です。
2月27日・28日とオープンハウスの予定。
空気集熱式ソーラーシステム「そよ風」、燃料電池「エネファーム」を搭載しています。
ソーラーは夏にお湯がたくさん採れる・・・必要があるないにかかわらず。
お湯撮りは止めて、その欠点をエネファームに補ってもらいます。
生活のサイクルにあわせて電気を創りながら、お湯を創ります。

ソーラーで冬の床暖房と夏の涼風を取り入れ、
エネファームで電気とお湯を創ると言うわけです。
割と相性がいいように思う・・・問題はコストであるが(笑)。

今回は住まい手で施工者でもある中山さん(自然と住まい研究所)の判断で
試して見ることになった・・・これも楽しみです。


b0014003_1514262.jpgb0014003_15141413.jpg


空は晴天、見上げるとタニタの スタンダードガルバ半丸が輝いています。
目立たない、すっきりとした雨樋を・・・ということで
世に出したのですが、いかがでしょうか?

下を見下ろすと、ドングリが大地に根をおろし始めていました。
これは数十年後大きな木になるのですから不思議です。




建築コンクール 「小さな建築」 応募案募集中
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by SATOSHI_IREI | 2010-01-30 15:28 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(8)
ホテリ アアルト
b0014003_20454998.jpg

昨年の暮れはホテリ アアルトでのんびりしていました。
建築家・益子義弘さん(東京芸大名誉教授)が設計した(改装です)ホテルです。
ロケーション、建築、料理、温泉、サービス・・・
どれをとっても心地よい、ホスピタリティの高い旅館でした。
大型旅館にありがちなうわべだけの豪華さや
ちゃらちゃらしたにぎやかさは微塵もありません。

素朴でありながら上質で品の良い、益子さんの建築そのものの旅館だと思いました。
京都の俵屋を思い浮かべながらのんびりしていたのですが
洋風な旅館として申し分ないと思います。

すこしずつレポートしていきたい・・・。




建築コンクール 「小さな建築」 応募案募集中
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-01-29 20:50 | ・たびたびの旅 | Trackback | Comments(2)
同じモノを手を変え品をかえ・・・。
b0014003_1734532.jpg

赤ダイコンを最近よく見かけます。
巨大な赤ダイコンを買ったら、
毎日食べなければならないことになってしまい、
先日も、今日もサラダにしています。

先日はクレソンと合わせゴマドレで、
今日は水菜とツナを合わせ、
パルメジャーノチーズのマヨドレ(一場食堂)。

b0014003_1735992.jpgb0014003_174115.jpg

ポテトサラダもちょっとはまっていて
今回はタマネギとにんじんをバターで炒めた後
生クリームで煮込んでポテトに混ぜてあります。
マヨネーズと隠し味で粒入りマスタード。

カラシ菜の漬け物を手に入れたので
じゃこ、雑穀米と共に混ぜご飯にしました。

スープは甘エビの出汁入りで
ブロッコリーとシメジ、マッシュルーム。

4ページ分の原稿の締め切りを1日早く納め、
今日はすがすがしい。
気分良く、手を付けていなかった基本設計をやろう。



建築コンクール 「小さな建築」 応募案募集中
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-01-28 17:16 | ・まかないごはん | Trackback | Comments(0)
琉球新報 コラム「南風」 第2弾
今年から地元沖縄の琉球新報で
連載しているコラム「南風」の第2弾が掲載されました。
今回は5年前から教えに行っている
日大生産・居住コースの様子を書いています。

2年前から1年生を担当しているのですが、
その苦労と楽しさを書いてみました。
ご覧下さい。

南風


建築コンクール 「小さな建築」 応募案募集中
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-01-27 20:41 | ・掲載誌 | Trackback | Comments(1)
「エコかわいい」家
b0014003_1538576.jpg

デザインの現場2月号に「9坪の家・length」が掲載されています。
編集者で建築ジャーナリストの鈴木紀慶さんがレポートを書いてくれました。

この家を「エコかわいい」家といい、
「伊礼が設計する住宅には、彼独特の清涼感がある」とも書いています。
この小さな家にも沖縄の「ヒンプン」のような環境装置があるとも・・・。

「小さな家なのに威風堂々と感じられ、
清涼感や風情のようなものが感じられる要因」は
ヒンプンのような外部との関わりを制御する装置があるから
ではないか?と分析しています。
9坪の家・length

デザインの現場 2月号 美術出版 1890円
 



建築コンクール 「小さな建築」 応募案募集中
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-01-26 15:53 | ・掲載誌 | Trackback | Comments(0)
小さな家。計画・・・・住宅のプロダクト化
戒厳令を敷かれていた、「小さな家のプロダクト化」が昨日、とうとう解禁となりました。
定例の勉強会の後、まずは仲間内にお披露目、新年会と忙しい1日でした。

今後、3月にコンセプトブック「小さな家。計画」(エクスナレッジ)の出版、
社団法人の立ち上げなど、めまぐるしい動きとなります。

住宅のプロダクト化は建築界ではタブーであったと思います。
成功した建築家はいない、
住宅は創る物であって買う物ではない・・・,施主の要望を叶えるもの・・・
そうたたき込まれてきました・・・本当にそれだけなのだろうか?

色々考えて、
先輩方に・・・、タブーに挑戦してみたい・・・そう思うようになりました。
インターネットの発達、プレカットの進歩、CAD・CAMの著しい発達とその統合、
ネットワークの成熟、国家の(法律)の思惑、・・・機は熟したのではないか?
日本の住宅建築を考え直すチャンスだと思います。

戦後建築界が封印していた「パンドラの箱」を開けることになるかも知れない・・・・・
その結果、眠っていた業界を目覚めさせ、あらぬ方向の住まいづくりに
向かわせてしまうかも知れないとの先輩の忠告もあったようです。
それでも蓋を開けるか?。

我々がやらなくても、すぐ、他に誰かがやるだろう・・・という判断です。
とんでもない奴らにやられるくらいなら僕らでやろう!!。

開けてはいけない・・・と言われてた
このパンドラの箱の中には、さらなる盗み、ねたみ、憎しみ、悪だくみ・・・
などが閉じこめられているかも知れません。
それが一気に噴出し、良心的な住宅提供者などは
住宅の世界から吹き飛ばされてしまうかも知れないのです。

ただ、パンドラの箱には「希望」も忍ばせてあったようです。
われわれはその希望を取り出したい。
よりよい住宅を手頃な価格で、
住宅提供の多様さを創り出す、住まい手の住むチカラが住まいを良くしていく
・・・という「希望」を共有したい。






建築コンクール 「小さな建築」 応募案募集中
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-01-23 19:28 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(4)
めがねを新調する
先日、メガネを電車の中に忘れてしまった(相変わらずです)。
電車で寝てしまって、あわてて起きて降りたら
世界がぼやけていた・・・はっとして手で眼を触ってみたらメガネがない。
電車は行ってしまった。

その後、メガネは出てくることはなかった。
しばらく、スペアですませていたのだが、辛くなって、前回のデータで新調した。

全て前回と同じにしたかったのだが、フレームはそうもいかなくて
同じシリーズの新しい奴に・・・。

お店の人が「所ジョージさんと同じシリーズですよ」と・・・。
あの、いつも頭の上に上げているメガネと同じなのか?
と思いつつ、しっくりとしたレンズにほっとしているところです。
老眼には未だに全力で抵抗しています。






建築コンクール 「小さな建築」 応募案募集中
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-01-21 21:42 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
パーティの残り物
b0014003_16291240.jpg

昨日の毛蟹パーティも無事終了。
事務所はいまでも蟹くさい・・・。

蟹の殻、甘エビの頭、ホタテの出汁をぐつぐつ煮込んで
ブイヤベースのような感じ・・・
今日はそれを使って贅沢なみそ汁を作りました。

後は昨日の残り物・・・甘エビが大量に残り、
今日は「子持ち甘エビパーティ」ができそうです。

当分事務所は魚介くさい・・・。





建築コンクール 「小さな建築」 応募案募集中
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-01-20 16:34 | ・まかないごはん | Trackback | Comments(10)
市場で仕入れ
b0014003_9415014.jpg

実は住まいの近くに総合市場がある。
何十年も住んでいるのに行ったことがなかった。
ほとんど仕事で出かけていることと、市場なので日曜日が休み・・・
相性が悪かったのだ。

旅に出ると必ず市場に出かける・・・「市場好き」である。
ヨーロッパに行くと朝早く起きて市場に行く・・・すると果物や野菜が美しく並んでいる。
それを見るだけで「異国」に来た!という感じである。

韓国は毎年行っている。
ホテルの近くに市場があるものなら、通い詰めて、ほんの短い間の顔なじみになる。
以前、生ビールのテイクアウトの店があったのだが、
通い詰めるうち(韓国で生ビールは珍しい)、
サービスで色とりどりの「あげせん」のようなお菓子を袋詰めにしてくれた。
そんなやりとりが楽しい。

b0014003_13275440.jpg


さて、今回は早起きして真っ暗な中を出かけた。
思ったより寒くない・・・何しろウキウキである。

徒歩10分・・・
思ったより規模の大きな本格的な市場で驚く。
魚介類だけでなく、青物、果物、乾物系もある。

今日は打ち合わせを兼ねて、
新人候補が送ってくれた毛蟹を食べるパーティをすることにした。
その脇を固めるためにいくつか見繕って・・・という魂胆である。

天然の生きた特大ホタテと甘エビを手に入れて帰った。
家につく直前、やっと顔を出した朝日が背中に射してきて、
周りがぱっと明るくなった。
何とも気持ちがいい・・・・
今度はその業界っぽく、長靴履いて行こう〜!!




建築コンクール 「小さな建築」 応募案募集中
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-01-19 09:54 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(4)
オープンデスク生とハンバーグを作る
今日の事務所のお昼ご飯。
こんななが〜い大根が残っているとのことで
おろしハンバーグにしようか?ということになりました。

今日はオープンデスク生が多摩美の院生と居住の1年生・・・計7人です。
小倉にご飯の準備を頼み、居住の教え子を従えて買い出しに行きました。

歩きながらメニューの相談です。
つなぎに豆腐を使いたいとのこと・・・採用。
付け合わせはポテトサラダ(小倉に電話で追加の指示をした)と
ほうれん草とシメジのバター炒め(にんじんも入れる)。
スーパーでブロッコリーが安かったので
出汁でゆでて、付け合わせに追加。


b0014003_19435378.jpg
b0014003_19441629.jpg b0014003_1944434.jpg

ネギやしそも入れてハンバーグをたくさん作りました。
余ったのは冷凍。
みそ汁は煮干しだしで具はネギのみ・・・おとなです。
ご飯は雑穀米入り・・・大勢だとごはんが楽しい。




建築コンクール 「小さな建築」 応募案募集中
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-01-15 19:53 | ・まかないごはん | Trackback | Comments(0)