<   2009年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧
小さな家のシンポジウム
小さな家のシンポジウム(6月24日)のあり方を詰めています。
着々と申し込みが届いていて・・・ありがとうございます。
いつのまにか、このシンポジウムの実行委員長にされてしまいました(笑)。

是非、楽しいシンポジウムにしたいと思いますので
ご参加下さい・・・明日にでも、詳しいご案内をアップいたします。

さて、
小さな家の魅力とは、何でしょう。
設計の仕事を続けてきて、住まいの心地よさは広さではなくて
居心地の良い居場所がどれだけあるかだと思うようになりました。

小さな家を考えると言うことは、ある具体的な数字ではなくて
無駄に大きな家に住まないというスタンスを身につけることではないかと思います。
無駄に大きな家に住まない・・・このことはもっと語られていい美徳
なのではないかと考えていました。

省資源であり、省エネ、総事業費も低く抑えられ、
何よりも小さな家は最大のエコといえるでしょう。

小さな家は周辺の住まいに比べて小ぶりであることが可愛く思えます。
その家に関わった人たちの奥ゆかしさ、寛容さ、優しさ、技術を感じる。
敷地めいっぱいに無粋に建てるのではなくて、
町に対して、環境に対して寄与する住まいとなるでしょう。

小さな家は丁寧に設計され、丁寧に造られていることが大事。
たとえ安い素材でできていたとしても 独特な気概と気品が感じられ、
作り手や住まい手の人格、知性が滲み出ています。

住まい手の暮らしがよく表れ、設計も決して住まい手に媚びていない・・・。
小さな分、住まい手もよく考えなければなりません。
住まいとの格闘も必要でしょう。
でも、むしろ、住まい手の「住むチカラ」を引き出すことになると思います。

このシンポジウムでは、小さな家の魅力、可能性、現実を考えてみたいと思います。
皆さんの家づくりの、一助になればと・・・。

それでは、詳しい案内は明日にでも・・・。

伊礼智






伊礼智設計室プロフィール
by satoshi_irei | 2009-05-29 19:43 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
ご飯を改める・・・。
銀座吉水の女将さん
「玄米だけ食べてればいいのよ」と何度となく言われた。
「白米は栄養がない」とも・・・。
いつも出てくるのが三分づき玄米のおにぎりや赤米のおにぎり。
吉水ごはん

残留農薬のない玄米なら・・・と言うわけで
時々、玄米入りのご飯にしていた。
今日は十六穀米に挑戦。
写真左が炊く前、右が炊いた後・・・。

b0014003_13401244.jpgb0014003_1340281.jpg

みそ汁はちゃんと利尻昆布と鰹節を挽いて出汁を取った。
頂き物の、ほうれん草、大根、カブ、柿菜などは
おひたしにして、いつでも出動できるようにしてあった。

さらにいただき物の薩摩揚げをわかめ、タマネギと和えて酢の物へ。
また、さらにいただき物の桜エビはほうれん草と共に卵焼きとなった。

さらに、さらに、ず〜と前にいただいていた
豆腐と卵の黄身の味噌漬けもラインナップ。


b0014003_13404330.jpgb0014003_13405545.jpg

「事務所のまかない」は
こうして多くの方々の助言、叱咤、激励、援助、の上に持続されている(笑)。

6月24日 小さな家シンポジウムのご案内

伊礼智設計室プロフィール
by satoshi_irei | 2009-05-27 13:55 | ・まかないごはん | Trackback | Comments(2)
芸術新潮 「フィリップ・ジョンソン」邸へ行こう。

b0014003_2025113.jpg


中村好文さんから「芸術新潮」をいただきました。
今回の特集は「中村好文と訪ねる
建築家の究極の住まい フィリップ・ジョンソン邸へ行こう」です。

中村さんは今から35年前、
友人宅でたまたまフィリップ・ジョンソンの著作集に出会います。
そのときの衝撃、強い想いが、35年後にこの特集に結実する。

「ひとつのことを愛し続けることは才能(天才?)である」
ということわざがあるようです。
その言葉の通り、中村さんの35年間の想い(才能)が
気負わない言葉となってしっくりと伝わってきます。
編集部のまとめた巨匠フィリップ・ジョンソンの交友録・相関図もまた面白い。

切り口を変えることで
異分野の方々にも楽しく読まれる(永く読まれる)内容になっていると思います。
建築が楽しいものに思える。

「メディアはメッセージ」といったのは未来学者のマクルーハン。
メッセージ(内容)はメディア(媒体)に寄る・・・。
(例えば、同じ内容でも新聞の社会欄と文化覧では
受け止められ方が異なります・・・ページでメディアが違うから)

中村好文というメディアを通すと
同じ「もの」が違うメッセージを持つように思います。
おそらく、建築家と呼べる人は「メディア」足り得る人なんでしょうね・・・。

芸術新潮2009年 6月号 1400円






6月24日 小さな家シンポジウムのご案内



伊礼智設計室プロフィール
by satoshi_irei | 2009-05-25 20:23 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(4)
9坪の家・length オープンハウスの様子(写真追加しました)
b0014003_21374056.jpg


今日はオープンハウスの初日、たくさんの人にきていただいた。
まだ、いくつかやり残した仕事はありますが
建坪9坪の中で、奇をてらうことなく、
いつものアプローチで組み立ててみました。
タテに暮らすことは、容易ではないと思いますが
住まい手のKさんらしい家になったように思います。
楽しい家ができた。


明日は立川で住まいのセミナー・・・
お時間ございましたら、ご参加下さい。
当日のご参加でも大丈夫なようです。
詳しくは下記から・・・。



b0014003_21253091.jpgb0014003_21262658.jpg
b0014003_21254879.jpgb0014003_21261366.jpg


写真を追加しました。



b0014003_18345165.jpgb0014003_18351582.jpg
b0014003_1835294.jpgb0014003_18354240.jpg


さらに・・・

b0014003_18404137.jpgb0014003_18431366.jpg
b0014003_18512965.jpgb0014003_18514169.jpg


設計:伊礼智設計室(伊礼智 森泉綾)
施工:創建舎

6月24日 小さな家シンポジウムのご案内

伊礼智設計室プロフィール
by satoshi_irei | 2009-05-23 21:35 | ・住まい・建築 | Trackback(1) | Comments(6)
簡単にできる、便利なスープ
b0014003_13212475.jpg

休み前なので食材を使い切ろうと思い立つ。
長いも、納豆、残り物のにんじんのナムル、ニラが少し・・これらを食べ切る。

あとはあっさりいこう・・・と言うことで鳥のスープをつくる。
ネギの青いところと、ショウガの大きなスライスを三つ、
鳥のもも肉を入れて煮込むこと30分。
塩と醤油を少々入れてできあがりです(4〜6人分)。

何の努力もなく、コツもなく、
さっぱりした、滋味深いスープができあがる。
化学調味料は一切使わない・・・ありがたい(笑)

これを吟味していくともっと美味しくなりそうです。
設計もそんなものかも知れません。

今回はネギと小エビ(千葉土産)を入れた溶き卵を入れて・・・。
ついでに三輪そうめんをゆでて温かくいただきました。


*明日からオープンハウス
 現場は追い込み中・・・今日はこんな様子でした。
 ロフトが1畳の読書部屋となります。
 

b0014003_16563338.jpgb0014003_16564748.jpgb0014003_16562092.jpg

5月23日、24日 オープンハウスのご案内 22日夕方締め切り


5月24日、立川にて、住まい手向けの住宅セミナーのご案内
6月24日 小さな家シンポジウムのご案内

伊礼智設計室プロフィール
by satoshi_irei | 2009-05-22 13:27 | ・まかないごはん | Trackback | Comments(0)
芦屋浜の家 
b0014003_1123319.jpg

チルチンびとの別冊、
「関西・瀬戸内で建てる本物の木の家 09」が送られてきました。
芦屋浜の家が掲載されています(今回は表紙)
施工はヤマヒロさん。

パラパラとめくっていると、関西は「地方」が色濃く残っていると感じました。
木の家が似合うところです。

泉幸輔さん、田中敏薄さんなど、先輩方の仕事もご覧になれます。
風土社 990円



b0014003_11231925.jpg
5月23日、24日 オープンハウスのご案内
5月24日、立川にて、住まい手向けの住宅セミナーのご案内
伊礼智設計室プロフィール
by satoshi_irei | 2009-05-21 11:30 | ・掲載誌 | Trackback | Comments(0)
上総の家
1年生の研修旅行・・・
「as it is」に続いて「上総の家」です。(設計:中村好文)
九十九里浜近辺をバスで移動していると
よく見かけるのがこの写真。

不思議な・・・それにしても魅力的な竹囲いです。
ウナギの養殖?・・・などいろいろな推理もはずれ、
中村さんによると「千両」栽培のためらしい。
この地の独特なやり方です。

「as it is」もそうでしたが、
「上総の家」もそんなバナキュラーなやり口が洗練されて生かされています。
名建築に欠かせない「手口」と言っていいでしょう(笑)


b0014003_22443271.jpg

マッシブな囲いであることと、
透けた竹の具合が相反しているところが魅力的でした。

「上総の家」では
2軒の家を関係づけながら、庭を囲うツールとなっています。
曲線にしたところが、中村さんらしい・・・
竹の持つ魅力をさらに引き出しています。

b0014003_22445889.jpgb0014003_22455647.jpg
b0014003_22451630.jpgb0014003_22453171.jpg


室内はぼくのカメラでは空間がうまくとれませんので
斜めに振られた壁とうがたれた開口を撮ってみました。

作品は実際にご覧下さい(笑)・・・建築は実物を見ない限り分からない。


b0014003_22564771.jpgb0014003_2257056.jpg
b0014003_233991.jpgb0014003_22572942.jpg


5月23日、24日 オープンハウスのご案内
5月24日、立川にて、住まい手向けの住宅セミナーのご案内
伊礼智設計室プロフィール
by satoshi_irei | 2009-05-20 23:06 | ・建築巡礼 | Trackback | Comments(0)
小田原の家
カメラマンの西川公朗さんより、小田原の家の写真が届きました。
引き渡し後2年が過ぎ、緑が建物に馴染んできました。

民家のように大きく張り出した軒と4間角の単純なプラン、
外物置にバルコニーを渡した構成が特徴。


b0014003_1451819.jpgb0014003_14522682.jpg
b0014003_14512596.jpgb0014003_14521411.jpg


外壁は火山灰を原料とした「そとん壁」のかき落とし。
OMソーラーを搭載しています。

b0014003_14531122.jpg


室内も火山灰を原料としたビーナスコート仕上げ。
バインダーを樹脂でななく、タマゴの殻から取ったコラーゲンを利用しています。

b0014003_151311.jpg
階段を上がると拭き武家と繋がった子供室、その奥に和室があります。
b0014003_1513517.jpgb0014003_1514773.jpg

開口は2間幅の木製建具。床より300ミリ上げてデッキとなります。
300ミリ上げたことで室内に溜まりと奥行きができたように思います。

b0014003_1522689.jpg
b0014003_153174.jpgb0014003_1531266.jpg

階段からの見下ろしです。
家具もシンプルで少なめ・・・
空いた空間がいつもの遊び場となるようです。

b0014003_1533216.jpg

キッチンは廻れる動線を持ち、現からもすっとアプローチできて
反対側から勝手口を抜けて、屋根のかかった外物置へ繋がります。

b0014003_1535543.jpg

設計:伊礼智設計室(伊礼智 一場由美)
施工:安池建設


5月23日、24日 オープンハウスのご案内
住まい手向けの住宅セミナーの御案内
伊礼智設計室プロフィール
by satoshi_irei | 2009-05-20 15:15 | ・小田原の家 | Trackback | Comments(5)
居住コース1年生 研修旅行
毎年、この時期になると1年生をつれて1泊の研修旅行へ・・・。
去年から、中村好文教授設計の美術館as it isと住宅「上総の家」を見学に出かける。

学生はそれに合わせて課題で「上総の家」のプランをコピーし、
1/50で模型をつくり、模型を持ち込んでの見学・・・
建築を学ぶにはいい物を見る、よく見る、何度も見ることだと思います。



b0014003_18495361.jpgb0014003_18503023.jpg
b0014003_18511354.jpgb0014003_18512672.jpg


とにかく、完成度の高い建築です。
どのような建築かは是非、ご自分で体験してください。

中村さんが40代前半から半ば頃の仕事だと思いますが・・・個人的にはため息が・・・。
いい仕事を心がけようという気になります(笑)

建築を学びはじめた学生にもその空気は伝わるようです。
あたりまえのようにこのような建築に触れていることが大事・・・
優れた建築は人を変え、人を育てる・・・。


b0014003_18515432.jpgb0014003_18521428.jpg

b0014003_18524178.jpgb0014003_1855363.jpg






5月23日、24日 オープンハウスのご案内
住まい手向けの住宅セミナーの御案内
伊礼智設計室プロフィール
by satoshi_irei | 2009-05-18 19:01 | ・建築巡礼 | Trackback | Comments(0)
夏のサラダ
b0014003_1471897.jpg

キャベツが丸ごと余っていたので、キャベツはサラダだなあ・・・
と思ったところからスタート。
サラダは小倉ちゃんに任せる。

キュウリやトマトをなんだか細かく切っていると思っていたら・・・
できあがりが上の写真。

夏を意識してか?
冷やし中華風の盛りつけにしたらしい(笑)
キャベツは一切見えないところもポイント(笑)

b0014003_148748.jpgb0014003_1482494.jpg

他に卵とトマトの中華風炒め物、
豆腐の韓国風冷や奴・・・
ネギとキュウリの細切りを塩とごま油とこしょう、
サンチュ味噌で和えてあります。

そのほかにポトフにする予定が、
固形スープが無くて急遽みそ汁に変えたスープ。
昨日の残り物の野菜の浅漬け、ショウガのたまり漬けなど・・・。



5月23日、24日 オープンハウスのご案内
住まい手向けの住宅セミナーの御案内
伊礼智設計室プロフィール
by satoshi_irei | 2009-05-14 14:16 | ・まかないごはん | Trackback | Comments(2)