<   2009年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧
江戸川の家オープンハウス
明日から江戸川の家のオープンハウスを行います。
事務所での受付は金曜日で閉め切りです。

ただ、今回は施工していただいた国工務店のホームページから
地図がダウンロードできます。

思い立って・・・という方はこちらからどうぞ。

国工務店ホームページ


見学のルールを守ってい頂ければどなたでも大丈夫なようです。
(なかなか難しいのですが・・・)

*傷を付けない(バッグ等ぶら下げない・・・傷を付けることが多い)、
*他の見学者の邪魔をしない(過度な撮影や実測など)
*主催者にお礼くらいは言いましょう(爆笑)。
*受付で申し込み先をお話下さい。
*小さなお子さんの入場はご遠慮下さい。
*受付で荷物を預ける!

ルールを守っていただけない方には毅然とした姿勢で臨みます。
ご了承願います。
それほど、気を遣った上でのオープンハウスです。
ご理解を頂きたいと思います。
by satoshi_irei | 2009-02-27 20:31 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(6)
仕事先のご飯
先日、東海住まいづくり研究会のお招きを頂いて、名古屋で講演をしてきました。
是非、懇親会もということで、一泊で出かける・・・。

「小さな家」について話をしてほしいとのこと・・・
いつもの通り、これまでの仕事をパワーポイントごらん頂きました。

参加者からも小さな家について発表があり、
勉強会のような雰囲気でこちらも得るものが多い講演となりました。

b0014003_11384287.jpg

交流会は場所を変えて、近くの「沖縄料理屋」へ(笑)・・・
気を遣っていただいたようです。。
地元名古屋料理は評判が悪い・・・ということらしいのですが
僕はとても好きで、その日のお昼ご飯も好んで「きしめん」です。

その沖縄料理屋さんで出てきて面白かったのが
カレー味のもつ鍋(笑・・・沖縄料理でない)・・・おいしい。


翌日、朝一番で東京へ。
あたりまえの家ネットワークで「小さな家」と「標準化」についての話を・・・。
懇親会では中川の女将の料理旅館吉水
素材を吟味して、細心の手の加え方、健康にいい・・・
小さな住まいの目指すところと同じです。


b0014003_11385693.jpgb0014003_1139921.jpgb0014003_11392129.jpgb0014003_11393919.jpg

中川の女将さんとは
小さな家のプロジェクトでタッグを組むことになりそう。
暮らしと食は切っても切れないものだと思います。

みなさん、ごちそうさまでした。
by satoshi_irei | 2009-02-27 11:53 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(0)
小さな家のプロジェクト
b0014003_1345447.jpg

昨日は「小さな家のプロジェクト」の勉強会の第1回目(3回に分けて行う)。
浅草橋の「あたりまえの家ネットワーク」の事務局でぎゅっとした(笑)空間で行われた。

はじめに事務局の塩地博文さんに
なぜ、小さい家なのか?とこの勉強会の主旨をお話しいただいた。

その後は僕が
休憩を挟んで「小さな家の設計作法」と「標準化を解く」について。
その後に田中工務店社長の田中健司さんが
僕との10件の住宅を通して学んだこと、独自に工夫してきたことを話しいただけた。
僕の仕事は平均して坪当たり7.2人工かかっているそうである。
慣れた田中さんでさえ手間がかかるようです。
反省するべきか、当然と言うべきか・・・(笑)。

家具までしっかり造ると言うことが大事で
人工を下げることに腐心するあまり、魅力のない、
居心地の悪い住まい作りにならないようにしたい。
そのための一つの手かがりが「小さな家」だと思う。

田中工務店の評価の高さはそこがしっかりなされているからだと思います。
そんな田中さんの努力を詳しく知ることができたレクチャーでした。

昨日は、
小さな家プロジェクトの第1号である
松本の杉野建築店のモデルハウスの模型をお披露目しました。

9坪の家から今週末お披露目する江戸川の家をスタンダード化したような
延べ床15坪の家とハナレ・・・・10月末に完成予定です。

杉野さんの小さな家
設計:伊礼智設計室(伊礼智 小倉奈央子)
施工:杉野建築店



江戸川の家 オープンハウスのご案内 2月28日、3月1日 延べ床15坪の4人家族のための家です。
by satoshi_irei | 2009-02-26 14:02 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(4)
松本で小さな家を進めている
b0014003_18263881.jpg

松本で小さな家を進めています。
建坪7,5坪、延床15坪。
必要であれば離れを増築していこうという計画です。
家は小さいのですが、その分だけ外部空間が拡がります。
外部をどうデザインしていくかが大きな課題。

もう一つ、小さな住まいは家具が大事です。
家が小さくなると外部空間のあり方と、内部の家具がとても大事になるのです。

小さな家が外部と内部の豊かさを創り出して
周辺にも寄与できる環境(ランドスケープ)が創り出せると思います。

小さな家プロジェクト・・・杉野さんの小さな家
設計:伊礼智設計室(伊礼智 小倉奈央子)
施工:杉野建築店

*この小さな家づくりに関連して
セミナーを行います。

詳しくはこちらから・・・。小さな家づくりのプロジェクトセミナーのご案内

2月25日は定員に達し、
3月11日と18日は若干空いているようです。
工務店向けのセミナーです。
ご興味ございましたらどうぞ。

小さな家づくりの可能性を共有できればと思います。
by satoshi_irei | 2009-02-22 18:34 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(6)
住宅作家はいなくなるのか?
静岡の住宅会社「富士ハウス」の倒産の話題があちこちから聞こえてくる。

たぶん、一般の設計事務所、建築家は知らない、
おそらく、関係のないことだと思っているのかもしれない。

638億円の負債、1800棟もの住宅が宙に浮いた状態での倒産・・・らしい。
姉歯事件に匹敵するほど、家づくりのプロたちの信頼を失墜させる事件。

それほど、信頼できる工務店に施工を頼むということが大事なのだ。
数年前から僕の周りの工務店は「完成保証制度」に加入している工務店がほとんど・・・
うちの事務所としては今までやってきたことをやるだけなのだが、
この事件は設計事務所にも大きな影響を与えると思う。

社会(国家・国民)は住宅のつくり手に
「保証」(責任ある仕事)を強く求めてくる。

チカラある工務店はすでに対応できている・・・
設計事務所は今のままでいいのか?
ここ数年の建築業界のルールの改正は
建築家にも責任の取り方を示せといっているのだと思う。

そんなことを住宅建築4月号の座談会(趙海彦・迎川利夫・伊礼智)
で話をした・・・それぞれの責任の取り方、責任のとれる仕事の内容・活動を
判断される数年だと思います。

工務店は1/2、住宅設計事務所は1/7に減る・・・
そんな話が、確からしく思える世の中の動きになってきた。

富士ハウス倒産
by satoshi_irei | 2009-02-21 21:00 | ・住まい・建築 | Trackback(1) | Comments(4)
住宅建築2009年3月号
住宅建築3月号の第2特集「在来工法をカスタマイズする」に
小田原の家が掲載されています。
町場の技術でこれだけできる・・・
ということでうちの事務所のスタンダードな「手口」を
披露させていただいています。

この手口はOMソーラーの家を普段造ってきた
「工務店」たちとの共作とも言えます。

*断熱が要である
*空気集熱式ソーラーシステムを搭載するときのひと工夫
*ソーラーの採用時の集熱と遮熱を使い分ける屋根
*通気工法の通気の出口(意外と難しく、きれいに納めようとするといつも苦労する)
*西日を防いで風を通すアミ付き木製ガラリ戸
*気密を工夫したフルオープンできる木製建具

僕のところだけ図面主体となってしまって
ちょっと寂しい感じもします(笑)

おまけで
環境系のシミュレーションツールの
使い勝手をレポートさせていただいています。

こういうのは苦手なのですが、むしろそんな奴の方がいいらしく?
OMのシミュレーションについて「小言意見」をさせていただきました(笑)。

CASBEEについてOMの中村正吾さん(土曜住宅学校事務局)が書いています。
これもご一読願います。


b0014003_13473260.jpg
b0014003_13474916.jpg


住宅建築2009年3月号
第2特集 在来工法をカスタマイズする14
光・風・熱をデザインする  難波和彦/小泉雅生/伊礼智/OMソーラー

江戸川の家 オープンハウスのご案内
by satoshi_irei | 2009-02-20 14:07 | ・掲載誌 | Trackback | Comments(0)
「和」の小住宅 PART2
ワールドフォトプレス社の「和」の小住宅にあずきハウスが掲載されています。
いつの時代にも和は日本人の心の中にある・・・・ということで
和とは何か?・・・・にそれぞれの建築家が答えています。

今回、掲載された住宅の中であずきハウスがもっとも
「和風」に見えないと思うのですが、和を感じるらしいのです。

明かり障子とか畳の間とかの印象ではなくて、
プロポーションや佇まい、設計の「省き具合」・・・
簡素な空間が「和」を感じるのかもしれません。

先日、ある有名な建築金物商店のご子息(同い年の古くからの知り合い)と
20年ぶりに会っていわれたこと・・・
「伊礼さんの作品には日本や沖縄へのノスタルジーがある・・・
あれ、やめた方がいいよ!!」(爆笑)

先日は大御所の住宅作家に
「伊礼さんの設計は開口部と家具しかない!!・・・
それがいいんだよな」といわれてしまいました(ほめられた気がしない・・・)。

まとめますと、僕の設計は開口部と壁と家具しかない・・・
その簡素さが日本(和)や沖縄のノスタルジーへと繋がる・・・ということでしょうか?(笑)
そこをより深化せしめよ・・・と受け止めております(笑)


b0014003_13553060.jpg


「和」の小住宅 PART2  ワールドフォトプレス 1524円+税
*今回、あずきハウスの写真の色が緑がかって変!・・・あんなモンじゃないです(笑)


あずきハウス

江戸川の家オープンハウスのご案内
by satoshi_irei | 2009-02-19 14:05 | ・掲載誌 | Trackback | Comments(2)
北葛西の家2・・・おかわり
b0014003_18564722.jpg

田中工務店の伊藤さんより北葛西の家2の写真が送られてきました。
カメラがいいだけではなく、なかなか腕もいいと思いました。
今回、手を入れてアップさせていただきました。

僕のカメラ(きみまろ)ですと全体感がどうしても把握できなくて・・・
これなら、何とか掴めるのではないかと思います。

設計:伊礼智設計室(伊礼智 島華子)
施工:田中工務店


b0014003_1857389.jpg
b0014003_18571843.jpg
b0014003_18573314.jpg
b0014003_18574518.jpg
2月28日、3月1日 江戸川にてオープンハウス

北葛西の家2 住まいの中の小さな風景
by satoshi_irei | 2009-02-17 19:01 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
江戸川の家(15 tsubo)追い込み中
2月28日、3月1日にオープンハウス予定の
「江戸川の家」の現場に行ってきました。
照明や住宅機器の取り付けが終わるとほぼ完成です。

今回は新人の小倉の初担当作品です。
期待通りの仕事をしてくれました。


b0014003_14483899.jpgb0014003_14484868.jpg
b0014003_14502075.jpgb0014003_14503038.jpg


小さな家なので、写真の撮りようがありません(笑)。

お時間ございましたら是非、
いらしていただいて、ごらんいただければと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
江戸川の家

建坪7、5坪、延床15坪、4人家族のための小さな家。
狭小地かつ、周辺環境の制約が強い敷地ですが
それを超えるような、楽しさがないと、
この小さな住まいは救われないと思いました。

小さくとも「奥」がある。
子供たちの部屋はだんだん床が下がって、
ちょっと潜り込むような感覚があります。

採光面積を確保するために作ったアルコープは
明るい読書スペースになりそう・・・。

バルコニーの開口率をクリアするために、2階の天井をうねらせてみたら
ちょっと面白くなりました。

キッチンから繋がる造り付けの家具は必要な機能に沿って形を変えていきます。
デスクは床につながり、小さな居場所を創って、さらにハシゴに導かれ、
ロフトの床座に繋がります。
ロフトから下がってきたハシゴは本棚へ切り替わります、
小さいながらも多様に使える場があることが楽しさに繋がると思いました。


江戸川の家(15 tsubo)

設計:伊礼智(伊礼智 小倉奈央子)
施工:国工務店

オープンハウス
日時:2月28日(土)、3月1日(日)午前10時〜午後5時まで

*見学ご希望の方は
住所、氏名、見学の主旨、連絡先を明記の上、
FAX03−3565−7344またはirei@interlink.or.jpまでご連絡下さい。
地図をお送りいたします。

*小さなお子さんの見学はご遠慮下さい。
*見学のルールをお守り下さい。
*写真はかまいませんが実測などはご遠慮下さい(笑)
 詳細図面を閲覧願います。
by satoshi_irei | 2009-02-17 15:07 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
「小さな家」の勉強会(プロ向けです)

b0014003_19511983.jpg


第1回「小さな家」の勉強会

小さな家を考える、無駄に大きく住まないという美徳は、
これからの日本の家づくりにおいて大きなキーワードではないかと思います。
小さな家づくりの可能性を探る勉強会を設けたいと思います。


講師:伊礼智(伊礼智設計室)
   田中健司(田中工務店)
   三浦祐成(新健ハウジング編集長)、
   塩地博文(あたりまえの家づくりネットワーク事務局長)
   以上、予定。

日時:2月25日、3月11日、3月18日 午後13:30〜17:00
   *会場の都合で3回に分けさせていただきます。
会場:東京都中央区日本橋馬喰町2−5−12 小沢ビル
   あたりまえの家ネットワークのプロ会員
参加費用:3万円
     (1社で複数参加の場合は+1万円づつとなります,資料・懇親会費用込み)
申し込み・問い合わせ:info@atari-mae.com



by satoshi_irei | 2009-02-14 19:50 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(6)