<   2008年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧
久しぶりの実家
今年は26日からお休みをいただき、
沖縄本島の本部から伊是名島に渡り、今日、本島中部の実家に戻ってきました。
伊是名島では「銘苅家」を実測、簡素ながらも品のある、琴線に触れる住まいでした。
プロポーションが美しい。

持ち込んだマックが実家の環境と合わず、息子のパソコンからアップしいます。
よって、画像はなし。東京へ戻ったら、ゆっくりアップしたいと思います。

明日は来年から設計をスタートする与那原(本島南部)へ敷地を見に行きます。
by satoshi_irei | 2008-12-30 23:52 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(6)
良いお年を
伊礼智設計室は一足早く、26日から休みをいただきます。
仕事始めは5日からとなります。
ご迷惑をお掛けいたしますがよろしくお願いいたします。
今年もお世話になりました。



b0014003_18484959.jpg
b0014003_1849859.jpg
b0014003_184930100.jpg
b0014003_18501050.jpgb0014003_18502669.jpg


2009年もよろしくお願いいたします。
by satoshi_irei | 2008-12-25 12:11 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(3)
最近の事務所のまかない
暮れも押し迫ってきました。
事務所ではいただき物を中心にお昼ごはんのメニューが決まります。
(ありがとうございます)
竹筒に入った豆腐、デザートは出荷したての苺・・・。


b0014003_23281485.jpgb0014003_23282947.jpg


b0014003_2329668.jpgいただいた温泉たまごを使ったパスタ・・・
美味しいです。

秩父からのいただき物はナメコ、酒粕・・・。
鮭を入れた、「三平汁」にしてみました。
鮭と酒がきいて(ダジャレ)・・・とてもコクのある風味豊かなお鍋となりました。


b0014003_23292866.jpgb0014003_23294873.jpg

デザートとは、jこれもいただき物の干し柿、とクッキー。
別腹に入ったようです。


b0014003_23303931.jpg
b0014003_23305366.jpg

皆さん、本当にありがとうございました。
by satoshi_irei | 2008-12-23 23:39 | ・まかないごはん | Trackback | Comments(4)
生き残る素材を考える・・・素材としてもモイス
b0014003_14135249.jpg
建築知識2009年1月号で
三菱商事建材の塩地博文さんと対談している。
(モイスをなめている人が塩地さん、それを怪訝そうに見ているのがぼく)

普段、三菱建材の「モイス」をよく使っている。
構造用合板と耐水プラスターボードの代わりのケイカル板
くらいにしか思っていなかった。

塩地さんはあたりまえの家づくりネットワークの事務局をやられていることもあって
普段からお付き合いさせていただいている。

先日はお昼ごはんから、夕ごはん、夜食まで延々一緒だった(疲)。
もちろん、仕事の打ち合わせである。
そんな分けで、対談といっても半分、飲み会のノリくらいに思って何も準備していなかった。
いや、宴会の用意だけは抜かりなくやってあった。

対談本番でいろいろと話を聞いていると、
彼が苦労して開発した「モイス」がなかなかの優れものだということがわかった。
ただのケイカル板ではないのである。

始めに彼が「モイス」を素材といった。
ぼくは当然、建材だと思っていたので、
これが対談の核になりそうだと思って広げてみることにした。

下地であり、仕上げ材でもある「モイス」は人工の「木」のようなもので、
一義的な使い方しかできない「建材」とは違う・・・といいたかったらしい。

また、モイスは湿度の変化に応じて透湿抵抗値が変動するとのこと・・・
室内が適度な湿度であれば湿気を通しづらく、結露点に近づくにつれて
抵抗値が下がって湿気を通す・・・必要な時に最も力を発揮する素材であるらしい。

まさに「木」に似たような素材である。
詳しくは是非、記事をご覧いただきたい。


b0014003_14141414.jpg



塩地さん、こんな感じでよろしいでしょうか(爆笑)
by satoshi_irei | 2008-12-23 14:39 | ・掲載誌 | Trackback | Comments(2)
居住コース・授業終了
今日で、2008年度の授業が終了。
今年から1年生を通年で見ることになったのですが、見違えるような進歩で
今日は中山繁信さんと共に満足。

グループ課題も、先週の時点ではどうなることか?と思ったのですが
この1週間の彼女たちの頑張りは凄かった・・・
「みんな良くやった」と中山さんも笑顔がこぼれた。

これから、宮脇賞めざして、正月なしで頑張ってもらいますが(笑)
いい結果を残しそうな出来です。

1年生は初めてで、とにかく、手が掛かります。
まだ気は抜けません・・・でも、どんどん成長していく様は楽しい。
お正月はまず、気になることがひとつ減って良かった(笑)。
by satoshi_irei | 2008-12-22 19:41 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
秩父の発酵バターが手に入らない
秩父の家の打ち合わせが再開した。
久しぶりに秩父へ出掛ける。

秩父といえば秩父牛乳のバター(発酵バター)・・・楽しみ。
仲見世の奥、お店が切れたところに「ミルクハウス」があって、
アイスクリームを売っている。
その横が乳製品の売店があるのだが・・・跡形もなく消えていた。
あちこち捜したのだがない。
駅員さんに聞いても、他の店のお方に聞いてもわからない・・・。

クライアントに会うやいなやその話をする(笑)。
数ヶ月前に会社が倒産してしまったらしい・・・・
あれほどのバターはなかなか無いと思うのだが・・・残念。

誰か、あとを継いでやってほしい・・・(泣)

秩父土産の発酵バター
by satoshi_irei | 2008-12-20 18:31 | ・食 | Trackback | Comments(0)
ソウル 南山韓屋マウル
年に一度、事務所で旅行に行くようにしています。
貧乏な事務所ですから遠出はできません。でも事務所旅行ですから、
単に観光だけではなくて血肉となる建築を求めてのたびとなります。
ちゃんと建築を見て、必要だと感じたものは実測する。
事務所旅行の目的はそのあたりにあります(おいしいものを食べるということも重要です)。

今回はみんでソウルへ出かけました。
韓国はとても好きな国で
個人的には6回ほどたずねています(食べ物もおいしいし、どこかノスタルジック)。

今回は初日、真っ先にミョンドンの東南にある「南山韓屋マウル(村)」に出掛けました。
これまで何度もソウルに来ているのに、ここは始めて・・・
数軒の韓屋が移築されています(入場無料)。穴場と言っていいでしょう。

ここで我々の眼を惹いたのが、見込みの薄い障子・・・かわいい。
というわけで早速実測!
こんな見込みの薄い障子・・・
反りや暴れなど、時間で解決されたことはあって、
すぐ取り入れることができるというわけでもないのですが魅力があります。


b0014003_1194893.jpg

みんなもぞれぞれ実測を始めました・・・
さすが伊礼設計室です(笑)
b0014003_11104030.jpg


韓屋マウルで最もぼくが強く感心を持ったのは
五衛将を務めていた金春栄さんの家・・・
小さな部屋が3つ続くハナレがとてもいい。

2帖から3帖半の間くらいの部屋が3つ続く・・・
真ん中の部屋は外部に開放された縁側となっています。

何とも可愛らしいスケールに、早速実測してみました。
下が現地で取った寸法・・・2つ合わせて見ていただきたい。

b0014003_11162792.jpgb0014003_1117056.jpg

真ん中の部屋の正面は小さな囲われた中庭となっています。
スケッチブックの関係で中庭の奥行きは
縮めて書いていますのでご了承下さい。


b0014003_11174825.jpgb0014003_11203878.jpg

下が真ん中の部屋。ここが外へ開けていることで
3つ繋がりの閉塞感が緩和されています。

b0014003_11181056.jpgb0014003_11183167.jpg

ここが一番奥の部屋。
「ハナレの中のハナレ」という感じです。

b0014003_11185880.jpgb0014003_11191853.jpg


b0014003_11194650.jpgb0014003_1120618.jpg

小さな空間の凜とした感じと包み込むようなやさしさ、
小さな空間(場所)の中に奥行きを創り出せることが
実測の収穫でしょうか?
by satoshi_irei | 2008-12-19 12:00 | ・建築巡礼 | Trackback | Comments(0)
ソウル 北村地区の風景
インサドンをさらに北に歩いていくと、
15分ほどで北村という、ここも韓屋が数多く残った地域がある。
ここはどちらかというと住まいとして使われているものが多い。

ごく普通の住宅街で、確かによく見ると韓屋が残っているのだが
民族村などで見られるような町並みは見えてこない。

たぶん、がっかりされる方も多いのでは?
しようがないから、さらに真っ直ぐ北へ歩いていくと
「ヨンさまの学校」(ドラマに出てくる学校らしい)にたどり着き、
記念写真を撮ることになるのだろう(笑)。

ここはしぶとい体質ですので
路地という路地を歩き回り、うろうろしていると
この町の小さな風景が見えてきた。

路地からちらっと見える、韓屋の屋根並み、
時代を感じる風合いが目に入ってくる。

旅行は脚で稼がないといいものに出会えない。


b0014003_17245122.jpgb0014003_17251613.jpg
b0014003_17253910.jpg
b0014003_1726197.jpgb0014003_17264898.jpg

歩き回りながら、
この風景もどんどん壊されていっていることを目の当たりにする。
by satoshi_irei | 2008-12-17 17:34 | ・建築巡礼 | Trackback | Comments(4)
ソウル インサドンで見つけた小さな風景
12月はじめのソウル。
事務所旅行で出掛けた。
ソウルの北あたりにインサドンはある。
古い韓屋が多く残った地域、ホテルをミョンドンにとり、歩いてでかけた。

インサドンの裏道で見かけた小さな風景を集めてみた。

b0014003_11174594.jpgb0014003_1123193.jpg
b0014003_1118113.jpgb0014003_11181790.jpg
b0014003_11205694.jpgb0014003_11211422.jpg
b0014003_11213546.jpg
b0014003_11215210.jpgb0014003_1122860.jpg
b0014003_11224347.jpgb0014003_11231892.jpg

インサドンは古い韓屋を生かした店舗でにぎわっている。
骨董屋も多く、古さと新しさが入り交じって楽しい。

部分部分が景色に見える、絵として成り立ちそう・・・
そのように、日頃からデザインするべきだろうな?というのが収穫。
by satoshi_irei | 2008-12-17 11:32 | ・建築巡礼 | Trackback | Comments(2)
栃木の家の小さな風景
栃木の家の小さな風景を集めてみました。
この家はテーブルとベンチの脚が特徴。
うちの猫と同じように靴下をはいています。


b0014003_14432411.jpgb0014003_14434340.jpg
b0014003_1444363.jpgb0014003_14442969.jpg


杉の柔らかさが
いつもの雰囲気を少しだけ変えています。


b0014003_1444451.jpgb0014003_1445555.jpg
b0014003_14495247.jpgb0014003_1450947.jpg


全体の様子はこちらを・・・



設計:伊礼智設計室(伊礼智 島華子)
施工:ネクストワン
by satoshi_irei | 2008-12-16 14:58 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)