<   2008年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧
第2回トステム設計コンテスト
国分寺の家オープンハウスのご案内・・・はこちらから



b0014003_14221877.jpg

昨日は第2回トステムj設計コンテストの表彰式。
今回・・・金賞をいただいてしまった(すみません)。
*「世田ヶ谷の家」 設計:伊礼智設計室  施工:相羽建設

手放しで喜べないのは審査員が永田さんと真壁さん・・・
あまりにも近しい方なので応募するつもりはなかった。

このコンテストの仕掛け人である真壁智治さんとしては
できる限り、盛り上げたい・・・・というわけで知り合いに片っ端から連絡し、
応募するようお願いしたに違いない。
こちらにも、強い要請があり(笑)、しぶしぶ応募することにした。

真壁さんの努力の甲斐あってか?メーカーの具体的な製品使用例という
特殊なコンテストにあって、100を超える応募があったとのこと。

キッチン部門、バス部門、玄関ドア部門、サッシュ部門と分かれていたのだが
応募案の2/3がサッシュ部門に集中した。
建築家としては既製のキッチンやバス、玄関ドアはなかなか使用しないはず。
当然、サッシュに集中することに。

たまたま、「オープンウィン」を使用した物件が工事中、
何とか応募基準を満たせるということで
真壁さんを盛り上げるためならと応募してみた。

まだ、完成していないこともあって、プレゼンテーションの方法を工夫してみた。

永田さんがキャドの図面を好ましく思わないこと、
「ただ、開けば良い、付ければ良い」という案は評価しないだろう
ということは常識的に知っていた。
開口部が全体のプランの中でどう生かされているか、
また、その設計自体が良くないものは評価しないというのも、ぼくにとっては常識(笑)。

□ 開く場所・開き方を考える
□ 開く場所を守り、町へつなげる
□ 断面を工夫してバランス良く開く
という流れに沿って、手書きのイラストで設計の意図を表現していった。
枠廻りの詳細図も添付しておいた。

講評の中でサッシュをひと工夫して取り付けた案は2つしかなかった(それが金賞となった)。
木製の戸袋でサッシュを包み、開いたときに
サッシュが消える工夫をしたことを評価したとのこと。

加えて、ただ開けば良いということでなくて、開き方を考えたこと、
たぶん、バランスのいい設計だという評価で金賞になったはず(笑)!!

もうひとつの金賞となった案は掃き出しでなくて
風景を切り取るように窓として使用したことが評価された・・・
素晴らしいロケーションも幸いした。


b0014003_14223711.jpg


建築家の泉幸輔さんに
「伊礼さんの住宅は開口部と壁と家具しかない・・・それがいいんだよな」
と言われたことがある・・・褒められてるのか、からかわれているのか良く分からないが(笑)、
開口と壁のバランス(開くことと、閉じることのバランス)・・・
外部との関係を制御する開口部の開け方は簡単ではない。

永田さんに金賞をいただいてすみません・・・といったら
いやいや・・・と照れた様子。正当な評価であると・・・。

これで、やっと荷が降りた感じである。
by satoshi_irei | 2008-11-29 15:02 | ・住まい・建築 | Trackback(1) | Comments(4)
国分寺の家 オープンハウスのご案内
b0014003_21182874.jpg


12月6日・7日に「国分寺の家」のオープンハウスを行います。
国分寺の家はご夫婦と子供3人のための小さな家です。
ご近所の住宅に囲われた、奥まった敷地に
母屋とハナレ(納戸)で囲われた、廻り込める中庭を設けて、
プライバシーを守っています。
入れ子のようになった空間がこの住まいの特徴といえます。

施工社のハウジングスタジオ カネモリさんは女性だけの工務店。
今後も施工や問屋として関わっている工務店の設計の支援を行う予定とのこと。

当日ギリギリまで現場の追い込みだと思うが、是非、頑張って欲しい。

日時:12月6日・7日 午前10:00〜午後5:00ごろまで
見学の申し込み先:(有)ハウジングスタジオ カネモリ (FAX 042−385−2324)
         住所、氏名、連絡先を明記してください。
*申し込みのない方は見学できませんので事前にお申し込み願います。

設計:伊礼智設計室(伊礼智 一場由美)
施工:(有)ハウジングスタジオ カネモリ


b0014003_1165960.jpg
by satoshi_irei | 2008-11-28 22:04 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(6)
まじめな会議
b0014003_205790.jpg
経済産業省の委託により
「長期に使用する住宅に対応した部材に関する調査」の
アンケート調査・ヒヤリング調査に関する委員会の委員をやっている(長い・・・汗)

共通化・標準化できるアイテムを探ろう・それが長期にわたる使用に繋がるという
視点に基づいたヒヤリング調査である。
有効な回答を導き出すまでの補正など・・・
なかなか難しい点があって面白い。

あと2回ほどの会議で意見をまとめるのだが・・・
この業界の知られざる構造が見えてきたり・・・
退屈な会議かと思っていたら結構、ためになる。

今回の調査はメンテに関わったことがある方の困った経験を重視している。

共通化されていないために、
一部の不具合のために、丸ごと全体を取り替えなければならない・・・
それがあたりまえと思っているプロ(メーカーなど)は、
メンテナンスに関してストレスを感じていない。

しかし、どうしてこの部分だけの取り替えができないの?
と考えている素人や、設計者などは問題だと感じる。

共通化することが自由を奪うと考えるか、自由が増すと思うかはなかなか難しい。
それで、回答が異なる。

このヒヤリングの読み込みは簡単な事でなないが
それでも、確からしい一般解を見つけなければならない。
by satoshi_irei | 2008-11-27 20:43 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(4)
「小さな家で豊かに暮らす」 第一回目は「あずきハウス」
b0014003_2063598.jpg

「新しい住まいの設計」2009年1月号(発売中)の
新連載「小さな家で豊かに暮らす」(松井晴子さん)の第一回目が「あずきハウス」。
仕事場付の夫婦2人のための小さな家です。

小さな家がまた、あちこちで注目を浴びていますが
本当に豊かに暮らせる小さな家とは
具体的にどう暮らしているのだろうか?と興味は尽きないと思います。

専門誌だと「きれいでカッコイイ」のですが生活が見えない取り上げ方で
住まい手の顔や暮らしが見えないのがほとんど・・・
住宅は、もう、そんな事ではいけないのではないかと思います。

今回の松井晴子さんの新連載はそんな切り口で、
小さな家を浮き彫りにしていくことでしょう。

日本の住宅、小さな住宅の「成熟」に寄与する連載となるのではと思います。


b0014003_2065715.jpg

あずきハウス
設計:伊礼智設計室(伊礼智 森泉綾)
施工:相羽建設

あずきハウス
by satoshi_irei | 2008-11-25 20:17 | ・掲載誌 | Trackback | Comments(2)
看板ねこ
b0014003_10454652.jpg
谷中銀座にあるはつねの看板ねこ。
堂々たる白猫・・・谷中銀座を訪れた人達に人気のようだ。
屋根の上にいるのでなかなか気づかないのだが・・・。

「猫を複数で飼うと面白いよ」と言ったのは恩師である奥村昭雄さん。
それをおぼえていてかどうか・・家で真っ黒と真っ白の猫を飼っている。
黒がオス、白がメス。

白は小さいころ猫風邪で死にかけて、声が小さい、正確もおとなしい。
あまり、人に関わらないように思う。

黒はやんちゃで、一度、脚を骨折して手術をした。
甘えん坊でいつもべったり寄り添ってくる。
性格の違いが人間の兄弟と似て面白い。

大きくなって二人ともあまり関わらなくなったいたのだが
最近、また仲良くしている。

下の写真は
白と黒が巴模様のように寄り添って、何だかアートぽいのだが
半外猫なので、ちょっとあか抜けない(笑)。

b0014003_10462465.jpg

by satoshi_irei | 2008-11-25 10:57 | ・路上採取 | Trackback | Comments(2)
長野・松本で小さな家を考える
b0014003_15413340.jpg
土曜日は松本へ。
山形という地にとても小さな住まいを設計します。

唐松の小さな林が横にあって
ブドウ畑の向こうに広大な景色が広がる敷地でした。

今回は建築というより、もしかしたらプロダクトのような感覚で
創ることになるかもしれません。

まだ、詰めている最中なので、今はここまでしか書けないのですが
新たな活動のひとつとなると思います。


b0014003_15415831.jpgb0014003_15421836.jpg

今回、クライアントであり、施工者でもある
杉野建築店の杉野さんからお土産で頂いた椎茸。
かなり大きい・・・隣のタマネギと比べて欲しい。

日本酒と塩でホイル焼きにしていただきました。
お昼に連れて行ってもらったおそば屋さんの自家栽培の椎茸。
肉厚で柔らかくジューシー・・・。

建築地の素朴さに加えて、
杉野一家の不思議な、なんとも温かい、異空間に迷い込んだような気持ちで帰ってきました。(トトロを見たあとの感じに近いかもしれません・・・笑)

お世話になりました。
by satoshi_irei | 2008-11-24 16:13 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(7)
最近の事務所のお昼ごはん
b0014003_22192282.jpg


寒くなってお鍋ばかり食べていたのですが・・・
「ハンバーグ」でも食べようか?と・・・。
たまごアレルギーがいるので豆腐ハンバーグということになった。
挽肉にタマネギのみじん切り、木綿豆腐、塩、胡椒、醤油、
ごま油、しそ、ショウガなどを和える・・・柔らかくて壊れやすい。

何とか焼き上げて、タマネギを炒めて
「吉田さんのソース」ベースのたれをつくって食べる。


b0014003_22194653.jpgb0014003_2220647.jpg

那珂湊の家の1年点検を兼ねて、某建築雑誌に現場をご覧頂いた。
帰りにクライアントからいただいたのがこれ・・・。
早速、茹でて、その出汁で蟹鍋を作る。
お昼からタラバガニ1匹・・・贅沢すぎます。
by satoshi_irei | 2008-11-20 22:45 | ・まかないごはん | Trackback | Comments(2)
プラス経営設計セミナー 最終講評の様子
昨日は午前10時から自由学園・明日館にてプラス経営設計セミナー。
永田昌民×伊礼智の3回行われたセミナーの最終日・・・課題の講評です。
ゲストで元・住宅建築編集長の植久哲男さんをお迎えして4時間近くに渡り、課題の講評。

b0014003_14261190.jpg
b0014003_1436334.jpg

皆さん、仕事の合間を縫って、課題をまとめるのに苦労したようです。
課題の敷地は永田さんが設計した「下里の家2」に
「外部につながる住まい」と題してそれぞれ自由な設定で住宅を設計していただきました。

講評の後、優秀者の表彰・・・
最優秀賞、永田賞、植久賞、伊礼賞に加えて奨励賞が5点の計9人。

今回の栄えある最優秀賞は奥貫健治さん(小林一元建築設計室)。
中間講評でのアドバイスを生かして、リビングを斜めに振り、
敷地をうまく生かした点とプレゼンテーションのうまさが評価されました。

奥貫さんはもともと家具をやっていた・・・建築の設計に転向したが
未来が見えず、来年は設計を止めようとまで思っていたらしい・・・
これを機会にまた頑張ってみるとのこと・・・今後に期待したい。

今回は敷地に対してバランス良くフィットしているかどうか、
基本的な寸法、スケールをきちんと押さえて、
説得力のある設計となっているかどうかが
評価のポイントになったと思います。


b0014003_14263294.jpgb0014003_14265023.jpg


表彰式のあとはみんなで軽く、交流会。
写真は受賞者とともに記念撮影。

2次会は池袋のイタリアンレストランにて・・・
その後、永田さんはお約束の「カラオケ」に有志とともに出かけていきました。

ぼくは仕事があって、事務所へ・・・(笑)
おかげで早く帰宅できました(笑)。


b0014003_14271559.jpg
by satoshi_irei | 2008-11-20 15:01 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(11)
永田昌民×伊礼智 設計セミナー 明日最終講評会
b0014003_14345959.jpg
先日、土曜住宅学校の3回目(講師:建築家 泉幸輔)を終えたばかり・・・
ホッとしたのも束の間で、明日はプラス経営主催、設計セミナーの最終日。
生徒さん(43人)の設計課題の最終講評を行います。
ゲスト講師に元・住宅建築編集長の植久哲男さんをお迎えして
設計課題の講評のあと、優秀者の表彰・・・豪華賞品!!を用意して望みます(笑)。

課題は前もって提出してもらい、
事前に永田さん、植久さんにも眼を通していただいていますが
誰が表彰されるかはまだまだわかりません。

皆さん、仕事の合間に、よくここまでまとめたと感心しているのですが
まだ、提出してない方が10人ほどいらっしゃいます・・・
明日までに何とかしましょう!!
よろしくお願いいたします。

なにしろ明日は、永田さんとのお約束で打ち上げは「カラオケ」?・・・
夜中に怒られて帰れなくなりますからちゃんと課題は出しましょう!!
by satoshi_irei | 2008-11-18 14:51 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
建築知識50周年記念セミナー
b0014003_1371920.jpg
昨日はビックサイトでジャパンホームショー。
建築知識の50周年記念セミナーのトリを務めるハメに・・・
テーマは「木を生かした木造空間」。
田中工務店の田中さん、岡庭建設の池田さん、それに伊礼智が加わり、
司会の建築知識・山崎さんの質問に答える形で進められた。

ぼくの設計は
木を生かしてという意識はあまりなかったのですが
よく「木の家」と言われてしまいます。
建築だけでなく、家具まで作り込むこと、
その時、木の家具が多いのでそのように見えるのでしょう。

ぼくは素材を主張させるような設計はしていないように思います。
それが木であっても、主張させず
他の素材とトーンを合わせるような使い方をしている。

先日、建築家の泉幸甫さんに
「伊礼さんの住宅って、開口と家具しかない・・・そこがいいんだよなあ・・・」と
言われたのですが、褒められているんだかどうか?

それくらい、素材感が希薄なのかも知れません。
泉さんは逆・・・素材をバ〜ンと打ち出してきます。
それが職人に繋がり、文化や技術の伝承となる。

ぼくの設計にはそれがないのだろうか?何を伝えていけるのか?
いろいろと考えているところです。

今日はこれから、その泉さんを迎えて第3回目の「土曜住宅学校」。
どんな方向に話が展開するか・・・今日は先がまるで読めません(笑)
by satoshi_irei | 2008-11-15 14:48 | ・住まい・建築 | Trackback(1) | Comments(6)