<   2007年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧
年末のソウル
今年は家族でソウルへ。
子供達もそれぞれ自分の進路があって
家族揃って旅行をするというのは最後になるかもしれない。

6年ぶりのソウル(3度目)。
前回よりも物価が高くなって、余り日本と変わらないような気した。

ホテルがミョンドンの近く、なんだか秋葉原のような電気街の中にできた
新しいホテルらしく、移動は便利、、、。
周辺には地元の人しか行かないような、小さな市場やごみごみした住宅街があって
それはもう、自分の好みにぴったりで楽しい。

スケッチは、その市場にある生ビールがテイクアウトできる小さな店の話。
地元の人が仕事帰りに、ちょっと一杯やって行く、5、6人しか入れないような店.
韓国では生ビールを置いている店はあまりない。
たまたま、通りすがりに、他のお客がペットボトルに生ビールをつめて持ち帰るのを見かけた。
値段を聞いてみると1500ccで5000ウォン(700円)、、、安い。
というわけで買ってみた。

b0014003_1516553.jpg
韓国のハイトビール、OBビールなど、味が薄くて、決して美味しいものではない。
でもハイトビールも生になると、見違えるように美味しい。
ペットボトルにつめて、ぎゅっと蓋を閉める、、、そういう手があったんだよなあ、、、と思う。

翌日も買いに行ったら、お店の奥さんがサービスでお菓子をくれた。
ビニール袋にひと塊入れてくれた。
決して愛想のいい奥さんではないが、日本人だということ、
昨日も来てくれたということで気を使ってくれたのだと思う。

このお店がとても気に入り(とにかく美味しいビールが飲める)、
また、次の日も買いに行った(3度目)。
淡々と店頭で揚げ物していた奥さんが一瞬だけニコリとしてビールを詰めてくれた。
その後、店内をきょろきょろと見回して、何やら探しているようだった。

昨日のあのお菓子を探していたのだ。
どこにも見当たらないようだったのだが、意外なところから出て来たようで
韓国語で「******」と、、、
ぼくはさっぱり分からないけど、「ありがとう」とニコリとお礼を言ったら
ビニール袋に山盛りでいただいた。

明日、日本に帰らなければならないので
お金を支払った後、このビールがとても美味しいことを、何とか伝えた。
奥さんは一瞬ニコリと笑って、さっと揚げ物の前に立った。

他愛もない話だけれど、韓国で美味しいビールが飲めて、
自分の場所を見つけたような気がした(笑)、、、
建築もそのような場所やモノを見つけることが旅の醍醐味だと思う。


b0014003_15171557.jpg

ミョンドンで早速、スタッフのお土産(マフラー)を手に入れる
何しろ、ソウルは零度近い気温、、、自然とそうなった。

自分の中ではそれぞれ、各人のイメージで揃えたのだが、、、
たまにはイメージを変えてみるのもいいのかも知れないので
年明けに決めてもらう。

久々に数日、家族で居られた。
特に、子供達と一緒に居ることの大事を知ったように思う。
民家を実測したりするオヤジの姿とその成果物(スケッチ)を
見るのははじめてだと思うのだが、、、少しは伝わるものがあったように思う。

伝えることと、伝わるかどうか?、、、
普段の暮らしの「楽しさ」はそういうこと(コミュニケーション)なんだろうなと思う。

カメラの電池を忘れ、下着の類いも全部忘れ(笑、、、現地調達)、
スケッチの鉛筆も忘れて、工作員から借りる(笑)。
決して十分な条件ではなかったもののそれが、良かったと思う、、、
ゆったりと必要なものだけの記録(スケッチ)を採った。
by satoshi_irei | 2007-12-31 15:59 | ・たびたびの旅 | Trackback | Comments(14)
良いお年を!!
伊礼智設計室は今日で仕事納め。
明日から休みに入ります。
仕事始めは1月4日からとなります。

来年はまた、お正月気分が抜けた頃、新人がやってきます。
より多彩な、より質の高い仕事が可能となるでしょう。

来年もよろしくお願い致します。
新春のご挨拶はちょっと遅めになると思いますがご了承下さい(笑)

それでは、皆様、良いお年を。


b0014003_177163.jpg
by satoshi_irei | 2007-12-26 17:02 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(8)
事務所の唯一のカレンダー
b0014003_22144489.jpg
福岡から書道家の吉田真紀さんがいらっしゃいました。
タニタハウジングの谷田さんとともに、、、。
昨年はぼくが居なくてお会いできなかったのが残念、、、ということで
やっとお会いすることができました。
事務所の表札を書いていただいたりといろいろとお世話になっています。

今日は08年度のカレンダーをいただきました。
うちの事務所では吉田さんのカレンダーしか表にだしません。
カレンダー自体を使っているわけではないのですが
その風合いが事務所に溶け込んでいるのです。

実際に活用しているのはネットで取り寄せている
シンプルカレンダーというもので、事務所全員で共通に手元で使っています。
これで暦としては足りるのですが、吉田さんのは絵画的になるのでしょう。

今回は「道法自然」、、、自然に任せるのが一番、なるようになる?ということでしょうか?
うちの事務所を暗示しているようで面白いです。

意識を高く持ち行動していれば、それでいいと思いますが、、、、、
そうでなければ逃げになる言葉、ネガティブに働く言葉です。
考えさせられるいいカレンダーだと思います。


そうそう、今年のOM設計セミナーの優秀賞の賞状も書いていただきました。
「やわらかな境界、ゆるやかな繋がり」というのは
沖縄の建築の空間概念だと思っています。
都会の建築こそ、そのような概念が必要ではないかと思ったのです。

b0014003_22322568.jpg
by satoshi_irei | 2007-12-25 22:24 | ・住まい・建築 | Trackback(1) | Comments(6)
打ち合わせの日々
23日(日)は我孫子で改装の現場の設計検査(1月7日オープンハウス)。
住まい手と一緒にひと通り、現場を見る。
いくつか手直し等が出ると思いますが、よい出来に喜んでいただいていると思う。

b0014003_2162595.jpgb0014003_2164295.jpg

担当の一場を連れて現場へ行き、
帰りはお昼ご飯を食べながら宴会となってしまった(日曜日ですから)、、、。

翌時24日は鹿児島へプレゼンテーション。
2世帯住宅、地熱利用の住まい。
担当の森泉と共に日帰り。

今日は茨城の小木津(写真)。
担当は梅田。スーパーひたちで一緒に現場へ。

b0014003_1916283.jpgb0014003_19162242.jpg

「そよ風」(空気集熱型ソーラーシステム)を搭載。
今回はガラス無し集熱面に挑戦し、そのデータ取り。
寒冷地でのガラス無し空気集熱ソーラーハウスの可能性があるか?ということ。
ガラスがない分、集熱空気層内で工夫をしている。
集熱面に空気が触れる機会を増やし、温度をあげる工夫がされているのだが、、、
そのために抵抗が大きくなり、風量がでないのでは?という声が上がった。

取り入れダクト部分で風量測定をしたところ、8、1立米/分という結果。
2割くらい少ない、、、集熱面11列を考えると合格点ではないか?
これから経ち下がりダクト(エルボ1回)を考えても7以上は出るのではないか?

今日はあいにく曇り、温度採りくんを設置していただいた。
温度と風量、、、、これからの報告を待つ。
帰りのスーパーひたちは
いつものように梅田とビールを飲みながら、、、。

明日は担当の島と栃木へ住宅の打合わせ。
翌日、27日より、うちの事務所はお休みに入ります。
事務所ではクリスマスを挟んでの「4日連続デート」とも呼ばれているようだが
、、、ドタバタ(笑)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
我孫子の家オープンハウス

築18年の中古民家を直して住みます。
既存の住まいの内部の必要な部分に手を加えました。

「直して住む」ことに興味のある方のみ、
申し込みをしていただいた方のみ、のご案内になります。
(カエデの床材、火山灰の壁天井、温水床暖房)


ご興味ございましたら
03-3565-7344までファックスにて、住所、氏名等を明記していただき
申し込みをお願い致します。
年明けに地図をお送り致します。
by satoshi_irei | 2007-12-25 19:38 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
「直して住む」、、、我孫子の改装工事
b0014003_229130.jpg
我孫子の現場を見てきました。
追い込み中でごった返していました。
写真はここしか撮れないというところ(笑)。

築18年前?の住まいを直して使います。
予算の関係もあり、主に室内だけの改装になりますが
「改装」というより「直して住む」と言った方がぴったりの仕事です。
必要なところを必要なだけ直せばいいのではないか?、、、
新築に見まがうような、
あるいは元よりどれだけかけ離れた設計となるかを目指すことはないと思います。

どう直したか?
できれば来年、
内輪ですが、オープンハウスを行ないたいと考えています。

設計:伊礼智設計室(伊礼智 一場由美)
施工:国工務店
by satoshi_irei | 2007-12-22 21:41 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(6)
住む 冬号にペレットストーブのお話を、、、。
b0014003_12193558.jpg
住む冬号が届きました。
「ペレットストーブ入門」の記事でストーブの仕組みの話をさせていただきました。
仕組み図(イラスト)も書いています。

信州型ペレットストーブの開発からもう、2年も経ってしまいました。
あれからペレットを取り巻く環境も変わった、、、
特に灯油の高騰はペレットの普及に追い風となっていると思います。

現在のペレット事情を、捕らえ直すためにも今回の取材は
こちらの方が勉強になったように思います。


b0014003_1220622.jpg

メインの特集は「直して住む」、、、
改修、改築と言わないところが「住む」らしくて良い。
元が分からなくなるほど、ガラッと変えてしまう改築ではなくて、
「直した」程度の手の入れ方の妙、、、見たいなことが粋だと思います。
うちの「古くて新しい事務所」のスタンスと一緒で楽しそうだ。
by satoshi_irei | 2007-12-22 12:29 | ・掲載誌 | Trackback | Comments(2)
我孫子の弥生軒、、、 山下清が働いていた店
現在我孫子で改装の仕事を進めています。
先日、木工事が終わりかけたということで現場のチェックに出かけました。
いくつかの懸案事項を検討して終了。現場は塗装の準備に入っていました。

帰りに我孫子のホームにある、弥生軒で名物?の「唐揚げうどん」を頼む。
弥生軒は山下清が働いていたお店だそうで、
たしか、下りのホーム内の店には、山下清の弥生軒のそばはおいしい、、、
というメッセージもありました。


b0014003_10464296.jpg


唐揚げの大きさをご覧いただきたい、、、、大人のこぶし大です。
最初廻りの人たちのマネをして2個入りにしてもらったら、、、ちょっと苦しかった。
今回は1個入りにしたのですが、穴子天120円の張り紙につられ、トッピングでもらった。
そうしたら、、、まるごと1匹のあなご。
揚げ物は1つでよかった(汗)。

味はもちろん、美味しいです。
唐揚げうどん、、、たしか320円?
by satoshi_irei | 2007-12-21 10:55 | ・食 | Trackback(1) | Comments(14)
新建ハウジング 12月号 「階段のデザイン」
b0014003_10263725.jpg
連載中の新建ハウジング12月号をアップすることを忘れていました。
今回は「階段のデザイン」について。
どうまとめようか考えたあげく、事務所の標準階段の話から展開していくことにした。

ソーラータウン久米川の仕事の時に標準階段を2つ用意しておいたのですが
今は3つに増え、それぞれにいくつかのバリエーションがあり、改良を重ねた
10種類以上のバリエーションがあるといっていいと思います。

階段はただの昇降機ではなくて、
住まいの中の「家具」、生活の「道具」という捉え方をしていると思います?


b0014003_1027910.jpg


新建ハウジングの11月号は表紙の数字が間違っていて10月号となっていた(笑)。
事務所に色違いの10月号が2つあり、頭の中が混乱してしまいました。
こんなことってあるんですね。
住宅特集12月号も全体として印刷が悪かったそうですし、、、。
by satoshi_irei | 2007-12-21 10:40 | ・掲載誌 | Trackback | Comments(0)
居住 最終講評
12月19日で学校も終わり。
2年生の設計課題「ROOMS」(学生寮)の最終講評会でした。
学生の追い込みの馬力は相変わらずで泊まり込んで頑張ってくれたらしい。

学生寮は不完全な住まいの集合体と言えます。
ある一定期間、不自由ながらも集まって住むことで何かを得る、、、
単に住むだけでなく学習するのにふさわしい建築を考えるのです。

この課題の肝は「どんな人たちのための寮か」の設定の仕方。
建築を学ぶための学生、ファッションデザイナーの卵達、ランドスケープを学ぶ学生など、
建築化しやすい学生の集団を設定することで大体、展開が決まる。

ランドスケープを学ぶ学生であるから、このような楽しい建築ができる、、、
という具合に構想を膨らませて行くことが大事で、
設定によっては、どうにも頭打ちになり、なかなか展開しないこととなる。

今回、印象に残った案は「居住コースの学生のための寮」、
「ストリートパフォーマーのための寮」、「演劇を学ぶ学生のための寮」、
「馬と暮らすための寮」(笑)など。

5つのサークルを核に外部を内部に引き込むような楽しそうな空間あり、
町が立体に組み上がり、移動空間が変化に富んで豊かな外部を創りだしそうな案もあり、
中庭が舞台に面していて外部のアリーナのようになる、、、、など。

楽しそうなのだが、やっぱり詰めが甘くて、、、、
宮脇賞までの手直しのアドバイスをした。、、、また、徹夜かな?

b0014003_1524542.jpgb0014003_15251273.jpg
b0014003_15253366.jpgb0014003_15261956.jpg


来年から配置換えで1年生を通年で教えることになりました。
大事な役割だそうです、、、
前期、曽根陽子教授とコンビ、後期は中山繁信さんとコンビ、、、
若い視点を期待されてとのこと(笑)、、、もう若くないのですが。
by satoshi_irei | 2007-12-20 18:53 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(0)
チルチンびと別冊 「やっぱりOMの家」
b0014003_1004636.jpg
今日辺りから本屋さんに並ぶと思います。
チルチンびと別冊の「OM本」です。
元、住宅建築編集長の植久哲男さんが責任編集、
OM的住まいの設計作法として
「心地よい住まいのための5つの心得」という論文を書かせていただきました。
これからOMの家づくりを考えている住まい手向けの私論です(全10ページ)。
うちの事務所の設計作法であり、「東京町家」の価値観でもあります。
ご一読頂ければと思います。


b0014003_101736.jpg

今回はOMソーラーの考案者であり、恩師である奥村昭雄先生のインタビューが掲載されています。
「多消費と快適は、まったく別の世界の話です。ほどほどで得られる快適が気持ちいい」
これが奥村イズムのひとつです。

しかし、植久さんの粘りは大変なものでぎりぎりまで手を入れることに、、、、
くたびれた(笑い)。
by satoshi_irei | 2007-12-20 10:13 | ・掲載誌 | Trackback | Comments(10)