<   2007年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧
ヒンプン再考
ある雑誌の原稿でヒンプンに触れる事になり、ついでにブログでまとめてみる事にした。
下の写真が20数年前に撮った西表島、星立て集落のヒンプン(今はない)。
配置としては典型的だが、素材が珊瑚。
海の近くの集落では決して珍しい事ではないが、一般的には石灰岩である。

中村家や久米島の上江洲など、由緒ある家は石積みが高いが、
竹富島や西表島などの集落では高さが1300ほどが普通。頭より低い。
その中にフク木を中心に植物で屋敷囲いをする。


b0014003_943561.jpg


次は竹富島の住まい。
石灰岩を切り出して積み上げてヒンプンにしている。
屋敷の中に植物がほとんどなく、ちょっとシュールな感じで、
竹富島の中でも好きな住まいのひとつ。
ヒンプン配置としては普通なのだが、入り口にコンクリートか石による敷居が見られる。
ヒンプンの役割は、目隠し、魔除け、
動線の振り分け(男性や客は右、女性は左、、、昔のはなしだが)に加えて、
町と家を緩やかに繋げること。
敷居を設ける事でその役割は損なわれるが、どこか建築的に見えた(笑)。


b0014003_9444143.jpg

下の写真はヒンプンの右辺りからスージ(路地)を見たところ。
この写真でみると奥の石垣がヒンプンなのか?と錯覚を起こす。
路地幅とヒンプンの引き込み寸法が同じくらいだと
そういう錯覚がおきそうだということに気づく。


b0014003_9451863.jpg

この写真でヒンプンとスージ、
ヒンプンとアシビナー(遊び庭、、、ヒンプンの裏)の関係がよくわかると思う。
沖縄の家は開かれているようで開いていない、
コートハウスのように閉じているようで閉じていない。


b0014003_9455042.jpg


以下の写真は沖縄本島から海中道路(実際は海上道路?)でつながっている浜比嘉島の吉本家。
普通、ヒンプンは南側にあり(風水が絡んでいる)、南からアプローチするものだが、
吉本家は西側にスージがありそこからアプローチするので、
写真のように長いアプローチがあり、左に折れてヒンプンがある。
この集落では裕福なお宅だったのだろう、、、
石垣も高く、家も大きい、とにかくアプローチが立派。


b0014003_9461762.jpgb0014003_9463414.jpg


ヒンプンの裏はとても開放的になっている。
座っているのは女優の高樹沙耶さん。
沙耶さんが撮影している間に、僕は隅っこで義務的に「実測スケッチ」(笑)


b0014003_9465520.jpg

大慌てで実測したスケッチがこれ!
軒下で2040、、、いい高さです。
水平ラインが伸びて(ちょっと軒先がガタが来ていましたが)きれいな民家だと思った。
是非、手を入れて保存してほしい。


b0014003_10215373.jpg


ヒンプンは前後の関係が大事だなと思う。
スージの巾との関係、母屋との距離、高さなどで
町の引き込み具合、つながり具合が異なる。
by satoshi_irei | 2007-10-30 10:28 | ・建築巡礼 | Trackback | Comments(11)
奥村夫妻を囲む会
b0014003_13344385.jpg
先週の金曜日は「奥村夫妻を囲む会」。
芸大の奥村研究室のOB会なのだが、今年は趣向を変えて、研究室のみでなく、
先生の周辺の方々にも声を掛けて参加していただいたようだ。
総勢40人近くいらしたのではないだろうか?、、、盛大な会となった。
(その中で一番下っ端が僕!!)

今回は、先生が張り切っていて、
お母さん(人間国宝 市橋とし子)の人形を使っての人形劇童話のDVDを
参加者全員にお土産としていただいた。
まだ、学生の頃、弟さんも含めて3人で取り組んだようです。

今回はそれに奥村先生自らナレーションを付け、
川村京子さんが音楽を、製作を秋山信行さんが担当したとの事。

会はご夫妻を中心に囲んで、建築をやるきっかけ、2人が出会った頃のことなど
楽しい話をみんなで寄ってたかってお聞きしたという感じだった(笑)。

そこで、奥村夫妻からの提案、、、「生前葬」をやりたい!!、、、らしい。
葬式にいっても、「いい葬式だったね」なんていっても、
ちっとも楽しくない、いい葬式なんてない!!というわけで楽しい葬式をやりたいらしい。

幹事の方々も「う〜ん、考えてみましょう」というわけで
来年から、毎年、生前葬をやる事になりそうだ(困)。
by satoshi_irei | 2007-10-29 13:49 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(3)
OM設計スクール 2回目
b0014003_1005891.jpg
先日は自由学園にて第2回目のOM設計セミナー。
見学先はヒンプンハウス
6年経ち、住まいとして貫禄が出て来たという感じ(笑)。
どこも狂っていない、、、という印象を受けた。
丁寧に設計したし、相羽建設の棟梁、秋山さんが丁寧につくってくれた。
それが伝わったと思うのだが、、、住まい方がいい。
そういう住まいは時間が経ってもきれいだ。

午前中に1回目の設計課題の講評。
課題は「**のない家」。
本来、住宅にあるべきものを取り去ってみる、、、
そうする事で新たな可能性が見えてくるか?という課題。
普段の仕事をこなしながら、みなさん、課題を頑張っていただいた。
その中から、いくつかの案を紹介する。

最初の案は堀井工務店の惟村さんで「間仕切りのない家」。
間仕切りをなくしたあと、平面計画のみでなく、断面を工夫する事で解いている。
床の高さを必要な分だけずらして、さらにOMソーラーの空気と熱が
その断面に絡んで家中に行き渡る、、、見えない空気と熱がデザインされて秀逸。

b0014003_9493631.jpg
次は菅組の願化さんの「とびらのない家」。
扉の役割とは視線を遮る事、空間を仕切る事だと思う。
それをなくし、平面のみの操作でプライバシーを確保しようとしている。
視線の正面に壁や家具を配置し巧みに視線を制御し、
窓の配置による視線の抜けと相まって、優れた案となっている。
この「**のない、、、」という課題に対して、お手本のような簡潔な解答が
さらにこの案を引き立てていると思う。
惟村さんが断面、願化さんは平面、、、という感じだ(笑)。

b0014003_9495686.jpg
次は住暮楽の高田さんの「玄関のない家」。
玄関をなくして縁側からアプローチしようと言うのは普通、、、
その縁側を建物の中に引き込んだところが魅力的だと思った。
さらに地面に埋め込んだ「冬の間」と縁側を持つ「夏の間」にアプローチし、
その奥に水回りがある。
確か設計の人ではないと聞いていたが、組み立てがとてもうまい。

b0014003_9501653.jpg

もうひとつ、、、大蔵建設、鈴木さんの「壁のない家」。
壁を外側に持ち出して、その中に透明性の高い壁(サッシュ)で囲われた生活空間をつくり出す。
持ち出された壁はバッファーゾーンとして「壁のない住まい」を守る、、、という案。
この案は実は2階建てになっていて、2階部分がよけいに思えた。
願化さんのように、この1枚のみ、平面のみでまとめた方が意図が明確に伝わったと思う。
また、外側の壁の抜き方を変えて(角を抜く)と、また違う空間が生まれるだろうし、
今の案と逆に、透明性の高い壁の内側にしっかりした壁を配置する組み立てもある。
それにしても魅力的な案だと思う。

b0014003_9503352.jpg
by satoshi_irei | 2007-10-27 10:39 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(5)
学生が目白に遊びに来た
昨日は午前中に「住む」の取材。
冬号でペレットストーブの特集を組むというわけでストーブの話をしました。
信州型のペレットストーブの開発からもう2年も経ってしまい、
現在のペレットストーブ事情がどうなっているか?
むしろ、ぼくの方が知りたい!。
冬号で全貌が分かる事でしょう、、、期待して待とう。

午後には兼ねてから、学生と約束していた、居住コース4年生の事務所訪問。
まずは目白案内でも、、、というわけで、卒業設計のテーマも考えて
泉さん設計の「アパートメント じゅん」、「徳川ドミトリー」、
「旧、吉村順三事務所」、永田昌民さん設計の「目白の家」、
中村好文さん設計の「モン、サカタ」、最後に内藤廣さん設計の「I邸」へ、、。
事務所へ戻るついでに「目白庭園」でカモと記念写真を撮る。

b0014003_10385162.jpgb0014003_1039883.jpgb0014003_10392632.jpg
事務所ではスタッフが宴会の準備を終えて待っておりました。
その日は学生のリクエストで沖縄料理。
その前菜でいくらや白魚、シャケ、アボガドなど、、、
好きなものをパンに乗っけて食べておいて、、、
野菜もたべなきゃだめだよ、、、というメニューです。

その後、沖縄料理教室を兼ねて、
学生にソーミンチャンプルー、ゴーヤーチャンプルーと
ナーベーラーンブシーの指導。

宴もたけなわとなったところに、某建築誌の編集者2名が参戦し、さらに盛り上がりました。
学生は若くてパワーがありますね(笑)。

b0014003_10394291.jpgb0014003_10395834.jpg

by satoshi_irei | 2007-10-24 10:56 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(4)
今度のOM設計セミナーは「ヒンプンハウス」
b0014003_1812423.jpg
今週の木曜日はOM設計セミナーの2回目。
今回は参加者のみなさんに
「ヒンプンハウス」をご覧いただく(新建築 住宅特集2003年3月号参照)。

ヒンプンハウスは思い入れのある仕事となりました。
沖縄の外部空間の概念を都市の中で展開できたら、豊かに暮らせるのではないか?と
考えるきっかけとなった仕事です。


b0014003_1813278.jpg

その日の資料には「レアリテ 02」も盛り込み、
沖縄の建築空間が伝わればと考えています。

一番の目的は、、、、セミナーオプションで
来春、沖縄へ研修旅行を!!という魂胆です(笑)
参加者のみなさん、頑張って下さい!!

ヒンプンハウス
by satoshi_irei | 2007-10-22 18:48 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(7)
寒いのでカレー
今日は寒いのでカレーに。
ルーを2種類ブレンド、とり肉とタマネギだけの単純な組み立て、、、
醤油ショウガが聞いた和風仕立て。
サラダは一場担当、、、もやし、水菜、キュウリなど胡麻風味のドレッシングです。
和風のカレーなのでみそ汁も。
大根、ニンジン、ジャガイモにサツマイモ、最後にだいこん葉、、、、色がきれいです。

b0014003_13232555.jpgb0014003_13254386.jpg
b0014003_13235338.jpg

先日、茨城に行ったとき、みんなで買った駅弁が30品目弁当ということでおいしい。
駅弁でおいしいと思ったものはほとんどありません、、、、高いですし、
いつもしょうがないと思って買わなかった。
このようなお弁当なら歓迎です。

それ以来、事務所でも何品目か気にするようになってしまいました(笑)。
今回はデザートのリンゴも入れて15品目くらい、、、まあまあでしょうか?


b0014003_13241483.jpg

by satoshi_irei | 2007-10-22 13:38 | ・まかないごはん | Trackback | Comments(0)
日経ホームビルダーの取材
b0014003_17574880.jpg
今日は午後から日経ホームビルダーの打合わせ。
久々に布田の家にお邪魔した。
開口部廻りを中心に取材。
フルオープンできる木製の2間開口を設計者、住まい手、施工者からヒアリング、
その全貌を丸裸にされる(笑)。
いいところも悪いところも、うまくいったところ、反省するところ、、、
たぶん、表沙汰にされる事だろう(笑)。
最近、似たような取材が多い、、、みなさん、シンクロしているのだろうか?


b0014003_17581112.jpgb0014003_17583090.jpg
b0014003_17591144.jpg

数年経つと佇まいもぐっと風景に馴染んでいる。
緑も成長し、色彩も歳を重ねている。

開口部は明かり障子を外壁の外側に持ち出している特殊なバージョンである。
おそらく、布田の家ではじめて試したと思うのだが、問題なくうまくいっている。
断熱的には不利な方向へ行くのだが、住まい心地というのは数字だけではない。
分かった上でやっているので、安易に真似しないように(笑)。
室内が広く使える事は確か、、、。

b0014003_1759471.jpgb0014003_1801483.jpg
b0014003_1803564.jpgb0014003_1805469.jpg

撮影がひと段落したころ、マーちゃんのおやつが、、、。
紅玉を使ったアップル何とか、、、(笑)。
アイスクリームと一緒にいただきます。アメリカンですね。

若いカメラマンの澤田さんが感激しておりました。
年内に、また、宴会しようねと約束しておいとまさせていただきました。
ごちそうさまでした。

b0014003_1812630.jpgb0014003_1814419.jpg


布田の家

設計:伊礼智設計室(伊礼智  松長浩子)
施工:相羽建設
by satoshi_irei | 2007-10-20 18:20 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(4)
茨城の日
昨日は那珂湊の家の現場と
小木津の家の上棟式、、、茨城の日である。

那珂湊の家はそとん壁も塗り終わり、室内の仕上げに入る。
昨日は置き家具も決定し、外構、植栽が終われば完成。
12月1日、2日にオープンハウスの予定。

設計:伊礼智設計室(伊礼智 森泉綾)
施工:自然と住まい研究所


b0014003_9591954.jpg

夕方には小木津へ移動。上棟するまでに何とか天気も持ちこたえが
宴もたけなわな頃、降り始めた(笑)。
たくさんのご馳走とたくさんのビール(えびす)で職人さんも盛り上がった。
ごちそうさまでした。

施工者のノリがいい現場はとても気持ちいい。
那珂湊の家と同じメンバーでこの家も進める。
若い工務店であるが、それだけに今後の成長が期待できる。

設計:伊礼智設計室(伊礼智 梅田冴子)
施工:自然と住まい研究所


b0014003_9593990.jpg

by satoshi_irei | 2007-10-20 10:06 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(4)
最近のお昼ご飯
鹿児島の徳栄さんからいただいた地元の「鹿屋海軍航空カレー」です。
2種類、甘みと酸っぱ味があります。どうもありがとうございました。
今度、一緒に仕事をします。


b0014003_1182663.jpgb0014003_1185046.jpg

昨日は野菜たっぷりのトマトベースのパスタ。
ソースを先につくっておいて、
野菜をオリーブオイルで炒めて混ぜるというやり方にしてみました。
目白の川村学園の街路樹(月桂樹)からハッパを数枚頂戴し、
ソースに生かしてあります(笑)
b0014003_1194263.jpgb0014003_1110042.jpg

by satoshi_irei | 2007-10-19 11:17 | ・まかないごはん | Trackback | Comments(2)
沖縄 中村家 外と内が緩やかにつながる
b0014003_13445257.jpg
中村家の続き。
ヒンプンの裏はアシビナー(遊び庭)と呼ばれている。
中村家のような豪農の家は石灰岩敷きになっているが
一般的な住まいは土のままである。
土というより石灰岩の粉が混じった土といった方がいいのかも知れない。

中村家ではたぶん、人の出入りが多く、
このアシビナーで色々な行事がなわれていたのではないか思う。
沖縄は雨が多い。
財力に余裕があれば舗装(この時代は石灰岩敷き)したに違いない。


b0014003_13451454.jpg


ヒンプンからアシビナーと続き、アマハジ(雨端)へとつながる。
アマハジから縁側、そして座敷と緩やかにつながっていく。
シロアリや湿気など、亜熱帯の住まいは床が少し高くなってるのだが
中村はそれほど高く感じなかった。


b0014003_1345391.jpg
b0014003_13455956.jpg

そこで早速実測!
雑誌「レアリテ」の取材で訪れたときなので、廻りの人たちがちょっと手伝ってくれた(笑)
アシビナーから座敷は695も上がっていた、、、意外である。
いくつかの民家を実測して分かった事は、中村家は床のデザインが巧みだと言う事。

座敷から縁側が100下がり、そこから踏み石まで160下げ、
さらにアマハジの床レベルは245下がっている。
そこからアシビナーの床まで190段差をつける、、、
徐々に馴染ませるような断面の操作により家の中と外が緩やかにつながっている。
約70センチも上がっているとは感じなかった。

断面の操作は効果が大きい、、、
階高が100違うだけで随分と佇まいの印象が違ってくる。
もちろん、低い方が感じがいい。
簡単ではあるが、実測してはじめて読み取れる事は多い。

b0014003_13475065.jpg
by satoshi_irei | 2007-10-18 14:05 | ・建築巡礼 | Trackback | Comments(10)