<   2007年 05月 ( 36 )   > この月の画像一覧
工作活動  折り紙の恐竜
b0014003_13203650.jpg

テレビでたまたま折り紙で恐竜を作っていたらしく、
工作員はそれをとてもうらやましそうに見ていたとのこと。

そのまま黙っている奴ではない、、、
早速、自分でああでもない、こうでもないとやったに違いありません。

大きなものが最初のトライアル、
小さなものは改良したもの。

b0014003_13214374.jpg


最初は折り紙2枚で作ったらしいのですが
改良版は1枚でシンプルに、完成度を上げています。

しかし、最初の奴は口を大きく開けて恐竜らしくみえますが
改良版は鳥のようです、、、、そうか、一気に進化したのか(笑)!!
by satoshi_irei | 2007-05-31 13:26 | ・工作少年 | Trackback | Comments(10)
OM ソーラーハウス 小田原の家 インテリア

b0014003_15433181.jpg
b0014003_1544540.jpg
小田原の家の室内はビーナスコート(火山灰)で真っ白。
幅木も隠して見えなくしてあります。
南側には2間幅のフルオープンできる開口部、、、
最近、ご近所や町との関係を調整するために
良く使う「300あげ」で外のデッキとつながります。

b0014003_1545401.jpgb0014003_15532388.jpg
階段を上がると子供のコーナー(将来しきる)とその奥が主寝室。
主寝室には大きく突き出たバルコニーがあって、見晴らしがよい。
その下は外物置とキッチンからのサービステラスになっています。
サービステラスと洗面,浴室は一直線に繋がる単純な動線。


b0014003_1556126.jpg
b0014003_15462566.jpgb0014003_15481050.jpg
とても単純なプランですがこの場所、住まい手の住まいに対する価値観から、
これ以上がんばる必要もないのでは?と思えます(笑)
とにかく、のんびりしてしまう場所ですね。

小田原の家オープンハウス

6月9日(土)、10日(日) 午前10時頃〜午後5時頃まで
*伊礼は9日のみ、現地にいます。

見学ご希望の方は
03−3565−7344までファックスいただければ(住所、氏名、連絡先を明記のこと)
折返し地図をお送り致します(メールでも対応いたします)。

設計:伊礼智設計室(伊礼智 一場由美)
施工:安池建設
by satoshi_irei | 2007-05-30 16:11 | ・住まい・建築 | Trackback(1) | Comments(4)
メール、、、復活しました。
何とか、メールが復活しました。
BOROさんのアドバイスのおかげで、サファリからサーバーのメールを全て削除しました。
580ほどのメールでした。
容量オーバーのメールがきたことでアクセスできなくなっていたと思います。

日曜日から今日に掛けていただいたメールは残念ながら、眼を通すことなく、
消去せざるを得なかったのですが仕方ありません。
メールを送っていただいた方、すみませんが、再度お願い致します。

あまりに容量の大きなメールはご遠慮下さい(笑)。
by satoshi_irei | 2007-05-29 20:21 | Trackback | Comments(2)
OM ソーラーハウス 小田原の家 完成間近
今日は小田原へ。
ほぼ完成した小田原の家の最終チェック。
いくつかの小さな手直しはあったものの、
丁寧な施工で「簡素でおおらか」な家が実現できたと思います。

OM空気流れを確認するために取り入れモードにし(集熱温度70°)
吹き出し口の開口を調整しました。

6月9日、10日はオープンハウス。
ご興味ございましたらいらして下さい。

見学希望の方は
03−3565−7344までファックスいただければ(住所,氏名、連絡先を明記願います)
折り返し地図をお送り致します。


b0014003_1839245.jpgb0014003_18245899.jpg
b0014003_18252085.jpg

設計:伊礼智設計室(伊礼智 一場由美)
施工:安池建設

b0014003_18362076.jpgb0014003_18363472.jpg
by satoshi_irei | 2007-05-29 18:48 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(3)
また、メールが受け取れない
日曜日からまた、メールが受け取れなくなってしまいました。
前回もよくわからず、3日ほどで自然に直ってしまいました。
お急ぎの方は電話かファックでお願い致します。
by satoshi_irei | 2007-05-28 12:34 | Trackback | Comments(4)
オープンハウスのお知らせ OMソーラーハウス 小田原の家
b0014003_19575579.jpg

設計を進めていました、
OMソーラーハウス小田原の家(箱根板橋)が完成いたしました。
オープンハウスを行ないたいと思いますので、ご興味ありましたらいらして下さい。

4間角をベースにしたシンプルで簡素、そして伸びやかでおおらかな家です。
模型写真の頃はガルバリウムの外壁で考えていましたが
最終的に「そとん壁」(火山灰の自然素材)にバージョンアップしました。
大屋根の民家みたいな佇まいではないでしょうか?

いつもの仕事をしたつもりですが
住まい手の「ヨネトモ」さんらしい家になったと思います。

日時:6月9日(土)、10日(日)午前10時から午後5時頃まで
   土曜日のみ現地にいます。
場所:神奈川県小田原市  箱根板橋の駅より徒歩12分くらい

見学希望の方はFAX 03−3565−7344までファックスをいただければ
地図をお送り致します。
ファックスがない方はメールをいただければ対応致します(irei@interlink.or.jpまで)。

外壁:そとん壁(火山灰   高千穂)
内壁:ビーナスコート(火山灰   日本エムテクス)

設計:伊礼智設計室(伊礼智 一場由美)
施工:安池建設


b0014003_19581050.jpg

インテリアはこんな具合です。
伸びやかでおおらかな住まい、、、お待ちしております。
by satoshi_irei | 2007-05-25 20:20 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(6)
OMソーラーハウス 東京町家 八広の家 「MEMO」に掲載されています。
b0014003_15555531.jpg

7月号の「MEMO」男の部屋(ワールドフォトプレス 550円)
の特集のひとつは「自家発電の家」。
その中でOMソーラーの家として東京町家 八広の家が紹介されています。
八広の家はY型ハンドリングを使用、、、太陽光でOMハンドリングを動かしています。
(晴れていない時は商業用電力が供給される)


b0014003_15561592.jpg


OMソーラーの特徴が分かり易く簡潔にまとめられ、
住まい手のOさんが「優しい空気で満ちたこの家は、仕事で遅くなったときでも、
帰った瞬間にほっとした気持ちになれるんです」と結んでいます。
見えない空気と熱をデザインすることで
「優しい空気に満ちた家」となるということを再認識させられる。

b0014003_1633113.jpgb0014003_1634579.jpg


東京町家 八広の家
設計:伊礼智設計室(伊礼智 梅田冴子)
施工:田中工務店
by satoshi_irei | 2007-05-25 16:15 | ・掲載誌 | Trackback(1) | Comments(4)
夏の定番2  タイカレー(イエロー編)
b0014003_9474451.jpgb0014003_9475840.jpg

タイカレーの素が戸棚の埋蔵物になりかけていました。
なぜか、ココナッツミルクの缶も埋蔵されていて、条件が揃う。

野菜がたっぷり入ったカレーと残り物の野菜サラダ、
これにキャベツとコーンビーフのスープ。
野菜をもっと入れてインドの「サブジ」のようにしてもいいかと思います。

次はレッドかグリーンに挑戦する予定ですが
半端な辛さではなさそうなので、真夏の方が良さそうです。
by satoshi_irei | 2007-05-25 09:54 | ・まかないごはん | Trackback | Comments(6)
ソーラー建築デザインガイド
b0014003_14383272.jpg


独立法人 新エネルギー、産業技術総合開発機構(NEDO)がまとめた
ソーラー建築デザインガイド(太陽熱利用建築事例集)が届きました。
ソーラータウン久米川が掲載されています。
事例集とともに太陽熱利用の基礎的な資料付きで入門書としても手軽、、、。

この本は非売品。
お問い合わせは NEDOまで ℡ 044ー520ー5270


b0014003_14385094.jpg


ソーラータウン久米川
設計:OM研究所+永田昌民+伊礼智+相羽建設
施工:相羽建設
by satoshi_irei | 2007-05-24 14:48 | ・掲載誌 | Trackback | Comments(0)
プラス経営 設計セミナー2回目
b0014003_1056526.jpg
昨日はプラス経営の設計セミナー。
北は山形、南が鹿児島から、工務店のみなさんがいらっしゃいました。
生徒さん,今回は37人。

午前中は前回の宿題を発表していただきました。
「古き良きものから学ぶ」ということで、それぞれの地域の古いもの、、、
建物、空間などを見直して、何を学べそうか?再発見できるだろうか?、、、
というレポートです。

その地域に埋もれていたもの、有名ではないが新たな「気づき」をもたらしてくれるものが
発見できればしめたもの、、、僕も勉強になります。

b0014003_105784.jpg
その後、僕の仕事をパワーポイントで見ていただき、
解説したあと、現地で実物をご覧いただきました。
今回は淵野辺の住宅。
何しろ、この人数、、、40人を超える団体でぞろぞろと出かけていきました(笑)。

竣工後約1年になるお宅ですが、火山灰の左官壁「薩摩中霧島壁」の効果で
生活臭のない室内の空気質に住まい手のKさんも満足そうでした。


b0014003_10572929.jpgb0014003_1103793.jpg


さて、次回はセミナーの最終回。
設計課題の講評、優秀者の表彰となります。
37人もの講評はエネルギーが入りますね。

最後はより楽しく行こうと企画を練っています。
みなさん,がんばって下さい。

設計:伊礼智設計室(伊礼智 森泉綾)
施工:相羽建設
by satoshi_irei | 2007-05-24 11:12 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)