<   2007年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧
若夏の日差し
b0014003_1745137.jpg
今日は夏日といってもいいほどの快晴。
沖縄では今くらいの季節を「若夏」とよんでいました。
夏ツタの葉も若葉が大人になってしっかりする前のツヤツヤした柔らかめの感じ。
まだ「若夏ツタ」といったところでしょうか?

事務所は西日が強く、眩しくなったのでスダレを降ろしています。
それでもきつくなったので障子を閉めてみると、
スダレが障子に映って、ちょっとレトロな雰囲気を醸し出しています。

この季節の日差しは紫外線が強くまぶしいほど明るいのですが
肌にはまだまだ柔らかい、、、とても心地よい光です。

b0014003_17451629.jpgb0014003_17453115.jpg
by satoshi_irei | 2007-04-30 17:51 | Trackback(1) | Comments(4)
居住コースの学生達から招待状
b0014003_17204747.jpg
6月4日、今年も居住コースでは
恒例の新入生歓迎パーティが行なわれます.
学生達からの招待状が団扇付き、、、。
団扇の裏にはスケジュールと場所が書かれています.

今回のゲストは建築家の藤本壮介さん。
講演をしていただいた後、パーティに参加していただきますが、、、
居住恒例の「替え歌」について来れるかどうか?(笑)、、、楽しみです。

はがきの様子から、今回の会場の設えと衣装がなんとなく読めるような気もしますが
4年生の「沖縄研修」がどう影響するかも楽しみ。
by satoshi_irei | 2007-04-30 17:30 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(0)
東京町家 町角の家 1周年パーティ
b0014003_1161752.jpg
昨日は町角の家の1周年パーティ。
「真の日本の住まい提案競技」で経済産業大臣賞をいただいた記念に
街角にカツラの木を植えました。
リビングと町角の間にぴったりフィットして、玄関ドアを開けると目に入ります。

工事関係者、positiveさんの親戚の方々も含めて
多いに盛り上がりました。
300上げた開口部には止まり木のように子供達が座り、
パーティ向きの家である事がよくわかりました(笑)
たくさんの料理、ごちそうさまでした。


b0014003_1171331.jpgb0014003_1110508.jpg


東京町家 町角の家
設計:伊礼智設計室(伊礼智 島華子)
施工:田中工務店
by satoshi_irei | 2007-04-30 11:15 | ・住まい・建築 | Trackback(3) | Comments(6)
東京町家 あずきハウス2
b0014003_9242813.jpg


リビングから庭を望むアングルです。
モミジが芽吹いてきたところ。


b0014003_9244614.jpg



あずきハウス
設計:伊礼智設計室(伊礼智 森泉綾)
施工:相羽建設(監督 早川真)
by satoshi_irei | 2007-04-29 13:02 | ・東京町家 あずきハウス | Trackback | Comments(0)
東京町家 あずきハウス(07)
b0014003_176855.jpg
先日、あずきハウスにお邪魔してきました。
庭のモミジが芽吹いてしっとりした雰囲気となっていました。
(写真は竣工時)

その辺りで、あずきハウスのカテゴリを作っておこうかと、
おさらいも兼ねてアップしたいと思います。

旗状敷地の奥にひっそり建ち、道路から気づかない佇まい。
「あずきハウス」の由来は、「渋カワイイ家にしてほしい」というご要望に応えて、
下町の古い小さなあずき色に塗られた家なんてシブいから、
あんな色にしましょうか(笑)という事から、、、。

さすがに、あそこまでシブいのはちょっと、、、とシブられて(笑)、この色に落ち着いたのですが
そこは、あずきさん、、、「あずきアイスの豆のいろ」と無理矢理こじつけてきました(シブい)。


b0014003_1764572.jpg

旗状の敷地の長いアプローチ(といっても小さな家なのですぐ玄関にたどり着く)の正面に
モミジのアーチができて、そこをくぐり抜けると縁側に到着、、、
そこの廻りは苔庭(小泉八雲の庭)にしたいとのこと、、、これからが楽しみです。


東京町家 あずきハウス(建坪10坪、延床19坪 OMソーラー搭載)
設計:伊礼智設計室(伊礼智 森泉綾)
施工:相羽建設(監督 早川真)
by satoshi_irei | 2007-04-28 17:18 | ・東京町家 あずきハウス | Trackback | Comments(2)
東京町家 八広の家 ハシゴ廻りの空間
2階のリビングの3帖のたたみコーナーから
ご主人の隠れがであるロフトへアプローチします。
タタミがハシゴの第1段となるわけです(笑)。

b0014003_19261912.jpgb0014003_19263314.jpg
b0014003_19264842.jpgb0014003_1927442.jpg

ハシゴを上がると
ここにもタタミの部屋が、、、。ちょっとした隠れ部屋でもあります。
その奥はOMソーラーの機械室兼収納。
天井の高いところ低いところ、広い部屋と狭い部屋、仕上げ材の違いなどを
人の動きで繋げていきます。
ぐるっと回れたり、真っすぐ歩くところ、上下に移動する、、、
小さな空間の変化が楽しさを生むと考えます。


b0014003_19275612.jpg
b0014003_19282281.jpg設計:伊礼智設計室(伊礼智 梅田冴子)
施工:田中工務店
by satoshi_irei | 2007-04-27 19:43 | Trackback(1) | Comments(6)
工作活動 小さな迷路
b0014003_1625712.jpg
A4の紙の片隅にちょこっと書かれていました。
写真はほぼ原寸大です。
もしかしたら、この調子で埋め尽くすつもりだったのかもしれません(汗)。

「おとうさん、ちょっとやってみて、、、」とこの迷路とともに持ってきたのが「爪楊枝」
その先でず〜っと追っかけていくのです(笑)。
老眼気味にはとても辛い迷路となっています。
by satoshi_irei | 2007-04-27 16:30 | ・工作少年 | Trackback | Comments(5)
初鰹が届く!!
b0014003_152244.jpgb0014003_1521893.jpg
突然、届いた初鰹、、、カメラ目線に注目(笑)。
茨城の那珂湊で設計中のクライアントからのサプライズです。
体長50センチのきれいな流線型をした鰹に、事務所内は歓声が上がり、
さばき始めたら、それが悲鳴に変わりました(笑)、、、血だらけ。


b0014003_1523672.jpg
何とかさばき終えて、今日のお昼ごはんはタタキと刺身、あら汁へ、、、。
炙りを魚焼きグリルで代用したら、ちょっと火が通り過ぎた?ような、、、。

b0014003_15250100.jpgb0014003_153682.jpg
b0014003_1532445.jpg

さっぱりとした鰹にニンニク,ショウガ、シソとアサツキをのせ、シソドレッシングで。
後はカネキのうまみ醤油で好きな薬味で、、、。
残りは持ち帰り用と出汁用に冷凍庫行きとなりました。
もちろん,へこたれず,今日も出汁卵焼き(明石焼風)の修行。

どうもありがとうございました。
茨城の那珂湊へお出かけの祭は是非お立ち寄り下さい。
森田水産
by satoshi_irei | 2007-04-26 15:19 | ・食 | Trackback | Comments(4)
東京町家 八広の家 1(太陽光駆動のOMソーラーハウス)
b0014003_1952093.jpg

八広の家もそろそろ落ち着いた頃でしょうか?
ここで、おさらいを兼ねてアップしておきたいと思います。
建坪、10、5坪、、、延床19、7坪+ロフトの小さな家です。
下町のご夫婦お二人のための住まい。
廻りの環境の中でひときわ小さい(笑)、、、いい佇まいになったと思います。

b0014003_1933114.jpgb0014003_1934935.jpg

大きな軒が張り出したようなこの家は、
街に閉じず、街とほどよくつながり、どこか懐かしい空間を外部へ提供しています。
ある人は「雨宿りができる家」といい、
僕は沖縄の「雨端」(あまはじ)の感じ、、、とも思いました。
どれも同じ事ではあるのですが、、、。

b0014003_1963160.jpg
室内は沖縄の月桃紙で覆われた柔らかな空間です。
月桃という植物は沖縄のハーブといってもいいでしょう。
香りが強く、防虫効果にすぐれ、沖縄では「サニンムーチー」(月桃餅)に使われる
ササのような葉です。
繁殖力が強く、エコ素材といって過言ではありません。

ロフトは畳を敷き詰めたご主人の隠り部屋、、、
3帖のタタミコーナーを介して上下が繋がります。

b0014003_1972834.jpg

キッチンの横は冷蔵庫など収納があり、その奥がトイレとなります。
小さいながらも廻れるプラン、、、
廻れる事を機能性がいい、便利と言う事で語られる傾向があるのですが
実は動きの「自由」度が増すという事です。
世の中の様々な不自由なことから少し開放されるのです(笑)。
自由に動ける、、、、そう考えると、ちょっと違った感じがしますね。


b0014003_19382743.jpg
b0014003_20504621.jpg

和室の下部は田中工務店、お得意の「ムカデ収納」。
狭い空間でも収納が使い易いようにと考えられた優れものの収納です。

小さいけれども、あちこちにボリュームの違うさらに小さい空間があり、
それらが緩やかにつながっている家なのです。
それが写真で伝わるかどうか、、、。

設計:伊礼智設計室(伊礼智 梅田冴子)
施工:田中工務店(江戸川区西小岩3−15−1 TEL 03−3657−3176)
by satoshi_irei | 2007-04-25 20:40 | Trackback | Comments(2)
卵焼きに凝る
ヤマヒロの舞多門の家の下あたりに
食べ物屋さんがいくつかあるのですが、
その中のひとつに普通の「食堂」の体裁をしたチェーン店があります。

いろいろなおかずを選んで最後に計算するのですが
その中で人気が「卵焼き」、、、、頼んでみました。

おばちゃんが目の前で、強い火力で一気に焼き上げる卵焼きは
外はカリカリで中がふわり、とろとろの出し巻き卵のよう、、、名人芸です。

かっこいい、、、
というわけで、作りたくてしようがなくなり、
早速,ハンズで卵焼き用のフライパンを買ってきました。

b0014003_10433315.jpg

カツオだしを採り、さらにヤマヒロさんからいただいたカネキのうまみ醤油、砂糖を入れ、
コクを出すためにパルメザンチーズをすりおろし、挑戦してみましたが、、、
おばちゃんには勝てません(笑)。

「卵焼き虎の穴」か「天竺」で修行したに違いない!、、、むづかしい。
今度、弟子入りして伝授させていただきたい!!
それまでたぶん、毎日、卵焼きが続く事になると思う(笑)。

b0014003_10434851.jpgb0014003_1044589.jpg
昨日のメニューはシンプル。
うまくできない出し巻き卵、とろろ納豆、
ターサイと鳥肉の青菜炒め、その他、梅干しやふりかけなど、、、。

設計より、卵焼きの方が難しい気がする(焦)。

b0014003_132172.jpg
上が今日の卵焼き、、、天竺まで行かずにすみそうです(笑)。
by satoshi_irei | 2007-04-25 10:59 | ・まかないごはん | Trackback | Comments(14)