<   2007年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
進行中の仕事
変形敷地の中で景色のいいところに開いた住まい。
2つの軸の触れ具合がそのまま空間に表れます。
「桜見の家」や「小田原の家」(施工中)、「小さな5角形の家」の延長線上にある家とも言えます。
変形はしていますが、狭小変形敷地に無理なくフィットしたのではないか?。


b0014003_18394926.jpgb0014003_18401346.jpg


設計:伊礼智設計室(伊礼智 森泉綾)
施工:相羽建設
場所:練馬区石神井台
by satoshi_irei | 2007-03-30 18:48 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(4)
4月4日の読売新聞
今日は事務所にて読売新聞の取材。
4月4日の「東京ストーリー」という連載で取り上げていただけるとのことです。
事務所の打ち合わせ室と奥の部屋で写真を撮られました。
恐らく、たためる椅子に座って、カタログをながめている写真が出ると思います(笑)。

来週の水曜日、読売新聞をのぞいてみてください・・・どのようにまとめられるのか?
ノンフィクションライターの枝川公一さんの文章を楽しみに待ちましょう。

b0014003_20185511.jpg

今日は雨の後、強い日差しが差し込み、
障子が真っ白できれい.
by satoshi_irei | 2007-03-30 14:27 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
きみまろカメラのテスト
「きみまろ」=パナソニック DMC−TZ3のテストです。
これまでの「あゆ」とずいぶんと違う・・・画質がかなり良いように思います。

試しに、事務所風景を撮ってみました。
通常モードで撮って(フラッシュなしです)、WEB用に落としてありますが・・・
これまでのカメラ(あゆ)と違う世界です。
ちょっと白っぽく、あかるく取れます。

進化してるのでしょうか?


b0014003_18163925.jpgb0014003_18165584.jpgb0014003_1817137.jpg
b0014003_18414374.jpgb0014003_1842187.jpg

古くて新しい事務所(新建築・住宅特集2007年4月号・住む2007年春号)
by satoshi_irei | 2007-03-29 18:24 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(11)
兵庫にて、設計セミナー・・・その「おまけ」とは?
b0014003_14524782.jpg
4月7日から5回に分けて設計セミナーを行います(主催・ヤマヒロ)。
一般向けの住宅セミナーです。

今回のセミナーは有料ですが、
5回参加された皆勤賞の方への商品を密かに企んでおりました。
その、試作品が出来あがり、写真を送ってもらったのが上の写真。

ヤマヒロの「しそう杉」でできた、スツールであり、ちゃぶ台であり、踏み台にもなる
3種を用意しておこうかと・・・。
町角の家でつくったちゃぶ台をベースにしています。
天板の有効寸法が380角・・・可愛いらしい大きさです。

詳しくは下記、ヤマヒロまで・・・。
ぜひ、ふるってご参加ください。


住まいの講座 『伊礼智流 住宅設計作法の基本』

講  師:伊礼智設計室 伊礼智(いれいさとし)氏
開 催 日:4/7(土)・5/12(土)・6/2(土)・7/7(土)・8/4(土)
受 講 料:1家族 ¥8,500(5回1セットです)
募集定員:20名(定員になり次第締め切らせていただきます)

詳しくはお問合せ下さい。
【お問合せ先】
TEL/0790-63-0063 FAX/0790-63-0260
メール/info@yamahiro.org
�山弘 CS推進室 小林まで
by SATOSHI_IREI | 2007-03-29 15:09 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
きみまろ写真

「きみまろ」写真です。
迷ったあげくにやっぱり、「きみまろ」にしました・・・おばさんです!!

おじさんオススメのコダックの奴は
実際手に取ってみると、インテリアを撮るには手ぶれがおきやすそうだし、
写真を撮った後の、記録されるまでのあの遅さは
どうしても我慢できません(仕事が遅いのはダメ)。

「きみまろ」は何ともデザインが不細工・・・
いくら中高年をターゲットにしているとは言え「あゆ」から数歩後退しています(悲)。

しかし、慣れから来る使いやすさ、3インチの液晶の美しさ、
建築のインテリアの写真を考えると、手ぶれ防止は必需・・・。
悔しいですが、「きみまろ」を買いました。


b0014003_13463191.jpgb0014003_13465361.jpg
きみまろで撮った、今日のまかないです。
画質は言うことありません・・・これで良かったと思うようにしたいと思います(笑)。
今日のメインは「ゴーヤーたまご」と「カブの葉っぱ入り、豚キムチ」。
数種類の野菜入りみそ汁に、長いも入り納豆、ちりめん山椒、に漬け物の類。

しかし、仕事の中で、
スタッフにまで「伊礼さん、これ、きみまろで撮って、・・・さんに送って下さい」
などと言われる始末(悲)。
カメラ=きみまろ=イレイ・・・とされそうです。

ところで、今日のまかないの道具は内藤廣さんデザインの箸置き。
島根芸術文化センター「グラントワ」で買いました。外壁のタイルの縮小版です。
箸置きから考えて外装タイルにしたのかも知れません(笑)・・・
そんなことはないですね。
b0014003_13471354.jpgグラントワ

それにしても「きみまろ」は画質がいい・・・さすがライカレンズ。
WEB用に落としてもこれくらいは出せます。

まあ、きみまろは良しとしても・・・このデザインは何とかして欲しい(笑)。
きみまろ=LUMIX ーDMC−TZ3

おまけ。
壊れた「あゆ」(LUMIXーDMC− LX1)は長期保証に入っていたので修理に出そうとしたら
落として壊れたものは保証の対象外とのこと・・・。
保証の条件をよくよく聞いてみると入る意味があるのだろうか?と思います。
一応、見積もりを頼みました。
by SATOSHI_IREI | 2007-03-28 14:14 | ・まかないごはん | Trackback | Comments(8)
また、カメラが壊れた
謝恩会でカメラを落としたのが致命傷で壊れてしまいました。
何度か落としていいて、ズームがおかしくなっていたので
そろそろ・・・と覚悟はしていたのです。

「もったいない」というおばさん的気持ちと
また「新しいのが変える」というおじさんの気持ちが同居しています。

さて、今度は何を買うか?
おじさんならば、もう迷わず写真左のコダック・・・でしょうね。
デュアルレンズ、23ミリの広角にこのデザインです・・・
デザイナーはこれを買うべき!!というおじさんの怒鳴り声が聞こえます。

片方で、今まで使っていたルミックスのDMC−LX1の後継機にするか?という迷いもあります。
とにかく操作に慣れていること、手ぶれ防止がついていないと・・・
アル中ではないですがやはり綺麗な写真が撮れません(ピンがぶれたものは使えません)
28ミリの広角、ライカレンズで画質はいい・・・ズームが売りらしいが要らない。
問題はデザインが良くないこと、「きみまろのカメラ?」と言われるのがつらいことです(笑)

しかし、どこからともなく聞こえるおばさんの声は
これを勧めます(笑)。

値段はほぼ一緒・・・。
(実勢できみまろが42600円ほど、コダックは49800円くらいだそうです)

b0014003_10454758.jpgb0014003_10472718.jpg
by satoshi_irei | 2007-03-27 11:00 | Trackback(2) | Comments(15)
連日の謝恩会
b0014003_1845785.jpgb0014003_18452467.jpg
土曜日は居住コースのコース会議。
先生方、ほぼ全員が集まって今年のカリキュラムの内容を検討します。
自分の授業だけでなく、他の先生方の授業内容にも冗談半分に無責任な(笑)、
それでいて的確なアドバイスを含んだ意見が飛び交います。

担当している2年生の「民家再生」がどうしても2年生には手強いようで、
1年生であれだけのびのびと、いい作品を提出していた奴らが、ピタっと手が止まります。
確かに筋金入りの「民家」は僕らにとっても難しい・・・
2年生にはあの、柱や梁の存在感を料理するのは至難なのかも知れません。

1年生を指導している中山繁信さんからは「指導教官の能力の差だよ」(笑)と揶揄され、
他の先生方からは講評の仕方や課題の設定のマイナーチェンジなど
いろいろとアドバイスを頂いたのですが、「民家再生」を3年生の前期で
木下庸子さんとのコンビで教えている「スケルトン インフィル」の
授業でやってみようということになりました。
3年生くらいになれば力もついていますので面白い案も出てくるでしょう。

その後は居住コースの「謝恩会」・・・4年生が手料理でもてなしてくれます。
彼女たちは居住で教えることになった最初の年の3年生。
「スケルトン インフィル」で鍛えた奴らです・・・感慨深い。

翌日は学科の「謝恩会」・・・前日と違って、あいつらがドレスアップしています(別人です)。
しかし、慣れないことをするとくたびれるようで、時々、ヒールを脱いでいました(笑)
社会に出たら自然体でがんばれ!!



by satoshi_irei | 2007-03-26 19:47 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
改装のための実測
b0014003_1872843.jpg

都内の30坪ほどの住宅(築30年ちょっと)を改装することになりました。

というわけでスタッフひとりを連れて実測へ。
改装の仕事は気心が知れた相手(施主)なら本当に楽しい。
「古くて新しい事務所」(新建築・住宅特集2007年4月号)の時は
自分が施主なので本当に楽しかった(爆笑)・・・金はなかったが・・・。

現地に到着、
まず、ざっと全体を見て、写真を撮ります・・・展開図を起こすときに役に立つような写真。

次に図面が一切残っていないのでまず、プラン取りから・・・。
1/50であらかじめ用意してあった910のグリッドにプランをのせていきます。
出窓などイレギュラーな寸法のみ寸法を採りながら、ひと通りまとめる。

その次に開口部、出入り口、造り付け家具、天井などの高さを測っていきます。
窓台の高さ、内法高さ、天井高さ・・・ラフな展開図が描ける情報です。
ひと通りできあがったところでコンビニでコピー(レイヤーを変える)。

次にコピーしたものに赤ペンで設備情報を書き込みます。
スイッチ、コンセント、照明・・・全て落とします。

最後に現地をみて、改装の手がかりをメモ書き。
ここはこうしたら?・・・というような類です。

これで、基本設計に必要な情報は採れたと思います。
細かな取り合いはその次・・・。
設計に必要な「手がかり」が取れたら、細かなことはまた、必要となってからでいいと思う。
ヘタにたくさんの情報を採ると、それに捕らわれて迷路に陥るように思うから・・・
これからが楽しみです。

・所要時間:実働3時間半(2人で)
by satoshi_irei | 2007-03-23 18:26 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(4)
浜松・「静華」の最後の晩餐
b0014003_1640164.jpg

昨日は事務所全員で浜松へ。
今月25日で店を閉める「静華」の最後の晩餐。

最後といってはいけない、
1年後に北京から戻ってきたとき、どれだけ腕を上げたか判断するために
今の宮本さんの味を覚えておくためである(笑)。
店も現状復帰せずに使ってもらえる方が出てきたとのことでまずはひと安心。
7年も前の仕事なのだが、室内は相変わらず綺麗、松が随分やけて深い色を出している。

今回はうちの事務所に加えて、ゲストが2人。
奥の個室を用意していただいた。
ますは、前菜が10品。

b0014003_13421393.jpgb0014003_1342261.jpgb0014003_13424022.jpg
左からトリ貝ときゅうりの芥子ソース、新タマネギの煮物?、車エビのサラダ。

b0014003_1565251.jpgb0014003_13431952.jpgb0014003_13433730.jpg
クラゲと春キャベツにサヨリの中華風のお刺身、牛肉をカリカリにしたもの。

b0014003_1344461.jpgb0014003_1348138.jpgb0014003_13482089.jpg
ケーキのようなオムレツ、真ん中がマコモを揚げたもの?、菜の花のような青菜炒め?

b0014003_13585668.jpg
さて、これは何か?・・・宮本さんからの試練。
誰も分からない。一見、豚の角煮のような感じですが、皮がかりっとしていて中身がとろける。
豚の脂身を揚げたものか?思ったのだが品が良すぎる。
答えは「フォアグラ」とのこと・・・中華でフォアグラ(溜息)
初めての食感で美味しい。

b0014003_13491094.jpgb0014003_13492746.jpg
次に温かいスープ。
熟したパパイヤをくりぬき、中にツバメの巣やらフカヒレやらが入っているとのこと。
綺麗で上品なスープにパパイヤの果肉を削りながら食べる・・・これが十分メインだと思える。
次に出てきたのが、伊勢エビの半身・・・エビチリソース。30センチくらいあります。
身をミソに絡めて食べる。

もちろん、それぞれにひと皿ずづ・・・念のため。

b0014003_1574781.jpgb0014003_13503293.jpg
次が40センチはあろうかと思えるカサゴが2匹・・・中華蒸し。
身が締まった品のいい味。これもメインでもおかしくない。
そして、今日のメインは予告通り、北京ダック。
国産の質のいい合鴨を使用しているとのこと。皮だけを口に入れるとジワッと溶けていく。
今までの北京ダックはなんだったのか?と思わせる水準。
身もあの臭みがない・・・。

もちろん、これは取り分ける・・・念のため(笑)

b0014003_135125.jpg
北京ダックのスープの湯麺。
麺は自家製・・・静華は麺も美味しいことを再確認する。

b0014003_13511854.jpgb0014003_13513252.jpgb0014003_13514630.jpg

デザートは3種。
真ん中が名物の杏仁豆腐・・・これ以上の杏仁豆腐をいまだに知らない。

宮本さんは確実に進歩していて、
修行に行く理由、目的が遙か高いレベルにあるのだということを想像させてくれた。
ある時は繊細でピュア、ある時は美しく、そしてある時は大胆で力強い・・・・
1年後の静華がそこに何を加えてくるのか楽しみに待つことにしよう。

年齢に関係なく伸び続ける人・・・建築でもそういう方がいらっしゃる。
日頃、努力はする、人一倍働くのだが・・・それなりの到達点に達したとき、
仕事に追われることなく、でも仕事から離れずに、
明確な目標を持ってインプットの時間を取るというのもいいのかも知れない・・・。

25日まで、あと数日。昨日の晩餐・・・2回に分けて食べたかった(笑)
by satoshi_irei | 2007-03-22 15:02 | ・食 | Trackback | Comments(8)
工作活動 工作員釣りに行く
日曜日、
午前中、打ち合わせを済ませ、釣りに行きました。
江東区の若洲というところです。

スズキやボラ、アイナメ、ハゼなどが面白いように釣れる、道具も貸してくれる・・・
ということで出掛けたのです。

最も張り切っていたのは工作員ですが・・・待てど暮らせど、当たりもきません。
隣の家族は50センチ級の名前も知らない魚を釣り上げました。
工作員、ちゃっかり、便乗して記念撮影です。

それにしても投げ釣りでないとこの季節はダメなようで
いっこうにきません・・・・そうしていると
クラゲがふらふらとこちらへよってくるではないですか・・・
岸から巧妙なバケツコントロールの末に2匹ゲット。
これで工作員も満足して家路につきました。

それにしてもクラゲの美しいこと。
b0014003_18592345.jpgb0014003_18594027.jpg
b0014003_1902135.jpg

家へ持ち帰ったクラゲは庭に置かれたのですが
翌朝、工作員は覚えてもいませんでした(泣)。
by satoshi_irei | 2007-03-20 19:09 | ・工作少年 | Trackback | Comments(6)