<   2006年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧
蕎麦三昧・・・というより、蕎麦修行
b0014003_16552630.jpg
事務所も休みに入った頃、
木曽の某木工所より、お蕎麦が送られてきたとのこと・・・。
休みに入った翌日、「冷蔵庫に入れておきました」と
出勤していたスタッフのメモが机の上にありました。

来年、みんなで食べるか・・・とその日は気にしていなかったのです。
年賀状がどうしても終わらず、30日も事務所へ(それでも終わらないと思う)・・・
ふと、賞費期限をみてみると06年の12月30日。

なんと・・・スタッフはいないし、家族も今日からいない・・・
信州開田高原の「霧しな蕎麦」、生蕎麦10人前です・・・今日で食べやきゃいけないの?

仕事ではどんな困難も乗り越えてきました(笑)・・・それに比べれば蕎麦10人前など・・・。
今日の夕ご飯から明日の年越しまで(期限切れ1日は気にせず)
ず〜っと食べ続けるとして・・・いくら蕎麦好きとは言え、かなりハード・・・。

タニタの半丸雨樋で「流し蕎麦」にするとか・・・
ひとり「わんこ蕎麦」で盛り上がって食べるとかでないととても無理かも知れません(汗)。
にわか「蕎麦研究会」を開催するか?・・・
石原軍団のように「炊き出し」と称して皆さんに振る舞う・・・には量がなさ過ぎる(困)。

頼りになるのは我が家のネコの「黒ちゃんと白ちゃん」・・・
家内に似てきて巨大化した(太った)とはいえ、所詮ネコです・・・年賀状の宛名もかけません。
ましてや蕎麦を食うには100年早いように思います。
こいつらと「わんこ蕎麦」やったら「にゃんこ蕎麦」になってしまい、きっとまずいに違いない。

やっと、仕事がひと段落したと思ったら大きな試練を課せられてしまいました(汗)・・・
これを乗り越えないと事務所に明日は来ない・・・年賀状どころではありません!!
連載の原稿の締め切りも難しくなってきました(笑)・・・。

師匠がらみの木工所ですので、
きっと「伊礼はまだまだ努力が足りない・・・」という事なんでしょう(笑)・・・がんばります。
by satoshi_irei | 2006-12-30 17:21 | ・食 | Trackback(1) | Comments(11)
年男・・・イノシシ
b0014003_18585049.jpg
イノシシ年・・・年男です。
昨日、金沢から戻ってきました。
あいにくの雨でしたが妹島さんの21世紀美術館をはじめ、町を探索してきました。
「ひがし茶屋」の町並みではいろいろとヒントをいただきました。

京都の祇園と並ぶ(規模は小さいですが)町並みが保存された地区です。
アプローチ廻りの処理が狭小地の「東京町家」の考えとほとんど一緒なんです。
その上、茶屋建築(遊芸空間)の手法がうちの設計と似ているのには笑いました。
廊下らしいものがなく前室と本間で繋げていく・・・前室は楽器演奏や踊りの場となる。
ぼくの設計は「遊芸」なのか?(笑)と思いつつ(確かに東京芸者大学は卒業していますが・・・)、
その空間をよく咀嚼して今後の設計に生かしていきたいと思います。

写真は金沢で手に入れた手ぬぐい・・・
色といい、風合いが「古くて新しい事務所」にぴったりです!
年男なので事務所に飾っておこうと思ったのですが
ピンのありかが分からない・・・スタッフがいないと何もできません(笑)

明日から、家族が沖縄へ帰り、ネコ(黒と白)と3人暮らしとなります。
年賀状の段取りなどやることはあるのですが
ヨコミゾ(同級生)の富弘美術館でも見に行くか・・・?
by satoshi_irei | 2006-12-29 19:10 | Trackback | Comments(6)
27日からお休み
伊礼智設計室は12月27日から1月3日までお休みとなります。
ご了承願います(笑)

今年もたくさん働いたような(まだ,余裕ですが・・・)気がします。
今年は昨年末でほとんどできあがっていた物件が繰り越しされたおかげで
住宅14軒の竣工(自分の事務所の改装含む)。
5人半(途中でひとり嫁に行く)でなんとか無事納めました。

住宅の設計以外に工務店向けの設計セミナー14回・・・生徒さん80人超えました。
一般向けのセミナー、ワークショップも数回。雑誌や新聞の取材が約30・・・。
タニタ・スタンダード雨樋ガルバ半丸の開発、
引き戸が使えるハーフユニットバス「jスタンダード」の開発・・・それぞれ秋から発売中。
今年の射手座は11月24日から1年間、
12年に1度の幸運といわれたその24日にエコビルド賞をいただきました(笑)。

なくした傘数本、電車に吉村先生のたためる椅子を忘れた事1回、
定期スイカの更新し忘れで悔しい思いをしたこと11回(毎回)・・・。
電車で寝てしまって乗り過ごしたこと十数回・・・。

とにかく、来年も楽しく、たくさん仕事ができればと願っています・・・良いお年を!!

伊礼智設計室
 伊礼智
 梅田冴子
 島華子
 森泉綾
 一場由美


b0014003_1744089.jpgb0014003_17442276.jpg
by satoshi_irei | 2006-12-26 15:57 | Trackback | Comments(14)
古くて新しい事務所  お披露目パーティ第1段

b0014003_18253065.jpg

先日は9月から延び延びになっていた「古くて新しい事務所」のパーティ。
お披露目をしなくては・・・、夏のビアパーティもできなかったし・・・、
エコビルド賞ももらってしまったし・・・というわけで、覚悟を決めて、
先ず、第1段をやってみました。
今年、一緒に仕事をした方々、ご迷惑をお掛けした方々(笑)と言うわけで
マスコミ関係と東京町家の周辺でいらしていただきました。
今の事務所では30人ほどが限界であろう・・・ということでそうさせていただいたのですが
ちょうど良い人数だと言うことが分かりました。

正午に谷田さんが一番乗りでいらっしゃって・・・
たとえ社長といえども容赦なく買い出しを頼む(笑・・・ありがとうございます)。

準備に追われている頃の写真をアップしてみました。
事務所のスタッフに加えて教えに行っている日大の「居住」コースから助っ人を2人・・・
この事務所でのパーティの段取り方が良く掴めました。
改善して第2段に繋げます(仕事と一緒ですね・・・笑)

b0014003_182356100.jpgb0014003_18241143.jpg

デスクの上のノートパソコンとプリンタを片付けてありますが、
この季節の事務所の色合い、風合いはこんな感じです。
古い色と新しい色の取り合いから、今後の仕事のヒントが得られました。
ここに決めて良かった・・・と思っています。
新しい仕事に生きていくことでしょう。

b0014003_18244868.jpgb0014003_18251115.jpg
いらしていただいた方々は約30人。
中里さんはギターを担いやってきて演奏会・・・その後若手に説教しておりました(笑)
なぜか「居住」コースの替え歌(中村好文作)を気に入って
歌い出す某新聞記者さんがいたり(歌集を持って帰ってしまいました)・・・
愉快なまま時間は過ぎ、8時終了の予定が12時過ぎとなってしましました・・・これも恒例。

皆さん、お疲れ様でした。
うちの事務所は翌日(日曜日)も
なぜだか、ほとんど全員出てきて仕事しています(笑)・・・さすが伊礼事務所!!
さて、第2段はどのようなメンバーで行きましょうか?
by satoshi_irei | 2006-12-24 18:58 | ・住まい・建築 | Trackback(4) | Comments(10)
OM 設計セミナー・・・全て終了。
やっと、OMセミナーが終了しました。
生徒さん52人を2組に分け、
月に2度、目白の自由学園まできていただいてセミナーをやっていたのですが
早いような、しかし、なんとか無事終了できたという安堵感で、
じんわりした満足感を感じています。
B班は世代的に若い方が多かったと思います。
最終課題は「それぞれの9坪の家」・・・
「東京町家・9坪の家」と同じ敷地で9坪の家に挑戦していただきました。
風致地区ははずしましたが、
それ以外は一緒・・・バリーションのある提案が可能となりました。

b0014003_2065025.jpg
A班に続き、B班もしっかり模型を作ってきました。
参加者の半分くらいが、模型まで現場持ち込み(笑)・・・
プランでどんなに楽しくっても、模型を見ればまとまり具合が分かります。

今回、出てきた案は大きく分けると
3間角の9坪と、東西に長く、南の庭を開けて町を引き込もうという案、
角をズラして、庭に開けた案・・内部は細かい、楽しそうな空間を積み上げて
まとめることに挑戦したもの・・・
といった感じです。

外殻をシンプルにまとめて内部をすっきりまとめたもの、内部から考えて外部にそれが出てきたもの・・・
という分け方でもいいかもしれません。

欲張りなことを言えば、両方がすっきりと破綻なくまとまっていることが、
設計がうまい!!と言えるのでしょう。
その上、社会に対して、周辺環境に対して提言がある、
寄与するものがある・・・という水準に達していることがこのセミナーの目標かも知れません。

秋山東一さんのフォルクスハウスで鍛えられた方々の設計水準の高さがA班、B班を通して感じました。
上記した、外殻からうまくまとめていく・・・
秋山さんのいう「ぶどう」型でなく「リンゴ」型の設計が浸透したのだと思います。

さて、今度はそこからどう、ステージアップしていくか・・・ということになりますが
うまくまとめるチカラだけでなくて、提言するチカラを身につけ、
揺るぎない価値観で住まいを作り続けていく事でしょう。


b0014003_209734.jpg
今回の最優秀賞は管組の願化潤さん。
シンプルにまとめたプラン、「住まい手の関係を設計」し、それを形にきれいに反映し、まとめ上げてきました。

その他優秀賞は
菅組の高井邦子さん・・・宿題でこつこつと得点を稼ぎつつ、
最終課題でもうまくまとめて高得点・・・管組、恐るべし(まとめるチカラがありますね)!!

大幸住宅可児工房の川口忠夫さん・・・宿題でたくさんの得点を得て、課題でも半地下の
落ち着きと奥行きのある空間を提案していただきました。

阿部建設の下村明子さん・・・女性は宿題がうまい!!・・・宿題で得点を稼いで、
課題で楽しそうな小さな空間を積み上げ、カラフルなプレゼンで逃げ切りました(笑)。

特別賞は
ケイジェイワークスの松尾隆司さん、ツキデ工務店の赤松祐子さん、
高田建築事務所の渡辺隆行さん・・・それぞれ、光るものを持っていらっしゃる方々でした。

特別賞の賞品は追って送られてくると思いますので
社長に没収されないように・・・ご注意下さい(笑)。

b0014003_2093289.jpg
セミナー修了後、表彰時にはすでにみんなで乾杯。
その後、場所を変えて交流会へ突入したのでした。
写真は表彰会会場(自由学園)からの、うちのスタッフの戦利品(爆笑)

それから、A班であるにもかかわらず、頼みもしないのに
B班に殴り込みをかけてきた、コスモホームの鈴木さん、
堀井工務店の惟村さん(いずれも前回の優秀賞)・・・
よいお手本をみせていただきました。

皆さん、お疲れ様でした。
それぞれの課題は2月のOM地域建築賞の会場で
「さらしもの」となるかも知れません(爆笑)
それはそれで、2月にも盛り上がりましょう。
by satoshi_irei | 2006-12-22 21:05 | ・住まい・建築 | Trackback(4) | Comments(22)
「東京町家・八広の家」・・・建築の谷間に建築する。
b0014003_21404423.jpgb0014003_21412079.jpg
b0014003_21414452.jpg

向島の八広で上棟式を開いていただきました。
建坪10、5坪の小さな家です。

廻りが3階建ての「アルプス」?に囲まれています。
敷地に法規めいっぱいの建物を建てて、緑も目につきません。
隣の家の3階建ての家に比べると、半分に近い高さです。

「東京町家」の真骨頂はこんな敷地にきちんとした「設計」をできるかどうかだと思います。
写真の風景を見て・・・ちょっと、にんまりです(笑)。

今回はロフト付きの木造2階建て。
1階部分が、沖縄の「雨端」空間のような、
あるいは昔の農家のように1軒持ち出しています。
深い軒下空間が
駐車場付きの小さな敷地に対する精一杯の回答です。
この環境の中でどんな感じに受け止められるか楽しみ・・・。

設計:伊礼智設計室(伊礼智 梅田冴子)
施工:田中工務店
by satoshi_irei | 2006-12-21 22:04 | ・住まい・建築 | Trackback(1) | Comments(8)
森里海(もりさとうみ)連環学in柿木村
b0014003_14212020.jpgb0014003_1422981.jpg
16・17日、森里海連環学で島根に行ってきました。
参加のご案内にすでに僕の名前が書き込まれていて(笑)
参加しないわけにはいきませんでした(笑)。
とにかく、小池さんのツアーはハードだと覚悟はしていましたが・・・
広島から入り、島根から鳥取を通過して岡山まで・・・大変なバスツアー(疲)。
何がつらいかって、揺れるバスの中で、毎回お昼を食べなければなりません(笑)
詳しい内容はおいおいアップすることにいたしますが
参加できて本当に良かったと・・・小池さんの強引なお誘いに感謝しています(笑・・・本当ですよ)。

森里海連環学の中で
設計者としてどんな取り組みができるか・・・まだ、分かりませんが、
少なくとも、脳天気にデザインだけ考えている場合ではない事は確かです。

写真は柿木村の棚田。
by satoshi_irei | 2006-12-18 14:39 | ・住まい・建築 | Trackback(1) | Comments(21)
来年の仕事2・・・千葉の家
b0014003_2091950.jpg
朝一番で現場をみてきました。
現場をみる・・・大手のハウジングメーカーだと綿密な現況調査を行いますね。
確かにあれは素晴らしいと思うのですが、この計画にとって何が一番重要か、
影響が大きいか?・・・それを拾い上げることだと思います・・・
直感的なことがかなり効いてきます(笑)。

この計画ではガレージからアプローチ出来れば・・・そんなやり取りが頭に残って離れません。
コストは確実にアップするのですが、
それ以上に得るもの(便利なだけでなく)があるような気がして、手を動かしています。

いつもそうなんですが、住まい手の要望に、まず、無理がない、素直な案をサッと考えます。
それを詰めながら、まったく違う切り口を模索することになります。
両方を進めながら、あるところで判断する・・・まったく違う切り口の方がいける!!
と思ったところで、サッと乗り換える・・・これが奥村先生のやり方です。
時間とコストを守る、堅実なやり方だと思います。
そんな分けで、ず〜と踏襲しています。

たいてい、素直な案を詰めていくことが良い案につながります(それこそリーズナブルですから)。
傑作を創ろう、変わったことをしよう、なんて思わない方がいいのだと思いますね(笑)。
「依頼者」を「被害者」に変えることになりかねません・・・
一部の成功者とそのファンにしか許されないことです(笑)
詰め方を工夫した方がより、水準の高いレベルに到達できるように最近は思います。
by satoshi_irei | 2006-12-15 20:37 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(10)
来年の仕事・・・茨城の家
b0014003_919610.jpg
そろそろ暮れ!という感じになってきました。
例年、暮れに原稿を頼まれ、お正月は事務所で待機・・・
今年はちょっとのんびり過ごせそうだと思っていたのですが、
やっぱり頼まれてしまいました(笑)
締め切りはお正月明け、それも連載です・・・
張り切ってレジュメを練らなければなりません。

さて、設計の方は来年の仕事を立ち上げ始めたところです。
写真は茨城の家。
先日、最初のプレゼンテーションを行い、ほぼ、これでいこうということになりました。
ちょっとゆったりした住まいです。
室内の天井が軒先まで伸びて、水平ラインが4周巡ります・・・屋根が消えるといいですね。
室内には2つの吹き抜けがあり、それが相互に影響して空間を組み立てられないか?
というのがテーマです。
光が丘の家、ヒンプンハウス、5角形の家、目白の家・・・
と続いてきた玄関廻りの空間の繋がりも、今回はかなりゆったりとして、
楽しいものとなるでしょう。

b0014003_9194936.jpgb0014003_9201689.jpg

設計:伊礼智設計室(伊礼智 森泉綾)
by satoshi_irei | 2006-12-14 09:37 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(8)
信州型ペレットストーブの製造が追いつかないらしい・・・。
ペレットストーブ関連記事

うちのスタッフの話によると
長野でペレットストーブの製造が追いつかないとのニュースが流れているらしい。
原油の高騰で灯油とホワイトペレットのランニングコストが変わらなくなったというデータもあります。
長野ではペレットストーブに補助金も付いたようで、それが大きな要因となったのでしょう。
信州型ペレットストーブ助成金

「信州型」で,ff式(輻射熱も出ます)であれば煙突工事も必要なく(背中に吸・排気は要りますが)、
都心部でも導入しやすく、トータルのコストも安い。
重量も70キロ弱なので設置も楽です。
やっと、条件が揃ってきた・・・ということでしょうか?

近藤鉄工さん、ヨウホクさん、がんばってください。

b0014003_15174732.jpg

信州型ペレットストーブ(家庭用) 連絡先 近藤鉄工 0265−85−2339
ストーブ寸法  高さ820、幅440,奥行き620(ff式の場合)
by satoshi_irei | 2006-12-12 10:04 | Trackback(1) | Comments(18)