<   2005年 11月 ( 43 )   > この月の画像一覧
下関・青山のモデルハウス 完成間近
English Here

昨日は下関・・・。
12月22日、オープンを目指して、現場は急ピッチに進んでいました。
大工さんが浴室廻りのサワラ張りを、家具屋さんは家具のパーツの搬入、
建具屋さんが木建ての取り付け、ペンキ屋さんはボードの下処理、
その他、ガス屋さんもやってきて、大にぎわいです。

納まりの確認のあと、外構・植栽の打ち合わせ。
販売価格の関係で植栽が樹木3本しか植えられないとのこと・・・・これはちょっと困った。
モデルハウスなのでもう少し、何とかならないだろうかと話していたら、
ひょっこり、安成社長が現場にいらっしゃいました。

開口一番、「植栽の予算何とかなりませんか?」とお願いしたら、
「伊礼さんの満足する内容でいい・・・」と即決。さすが太っ腹です。
とはいえ、予算はかなり気にする方なので、そこそこにさせていただきます(笑)。

室内からの視線を確認してまとめ直したいと思います。

設計:伊礼智設計室(伊礼智 森泉綾 松長浩子)
施工:安成工務店(監督 西永さん)

b0014003_10204337.jpg




















・裏の山が「青山」らしいです。


九州間で天井高さ2200がどう感じるか・・・気にしていたのですが、うっとうしさはなく、
家具ができはじめると、室内のボリュームもちょうどいいゆったり加減な気がします。

今回は「安成仕様のI−WORKS」。
室内は鮫島コーポレーションのリターナブルパウダー(珪藻土)で真っ白。

置き家具はいつものように
小泉誠、吉村先生のたためる椅子、イデーのソファ(バンコ)を
ちょっと、色味を変えて配置します。
12月22日〜オープンいたしますのでお楽しみに!!。
by satoshi_irei | 2005-11-30 10:47 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(4)
誰か取り付けて!!・・・・クライアントがドイツでペレットストーブを買っちゃった。
b0014003_17422838.jpg




















English Here
深大寺のクライアントがドイツでペレットストーブを買ってきてしまいました。
ドイツ人なのでドイツで買ったことは問題はありません。
こちらのデザインしたストーブでなくてもいいのです・・・・
いきなり買ってきて取り付けたいと言われても・・・・ということです(泣)。

家を電磁波防止シートで包んだり、ガルバにアース付けたり・・・・・
天真爛漫と言うか奇想天外というか(笑)、いろいろな要望に対応してきました。

一時は避雷針を付けたいとの要望が・・・。
「そんな事心配するより、北朝鮮のミサイルの方が心配だ」と言ったら、
「床下に防空壕を掘りたい」と言ってきました・・・
もちろん、ジョークでした(ほっとした)。

今回はいきなりのペレットストーブですよ。
重さ320キロもあります(僕のは60〜70キログラム)。
仕組みがよくわかりません・・・説明書がもちろんドイツ語。
クライアントに聞いても把握していない様子・・・。

煙突の取り付け要領は? 煙突のパーツは?誰が取り付けるの?・・・
問題がいくつも残りました。
今度、ドイツに行ったとき、販売元に確認してくれるとのこと・・・。

とにかく、何とかしなければなりません!!
どなたか、取り付け工事をやっていただける方はいませんか?
もちろん、ドイツ語はクライアントが翻訳いたします(笑)。
費用はマルクでもユーロでもなく、円でいただけると思います。

ふるってご応募を!!・・・来年1月末日、取り付け希望だそうです。
完成パーティご招待券も付いてくるかも知れませんし・・・
楽しんで仕事ができるのは間違いありません(笑)。
by satoshi_irei | 2005-11-28 18:03 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(9)
新潟・「内野山手の家」 12月10日、11日オープンハウス。
English Here
新潟の現場へ行ってきました。
家具工事の確認を始め、諸々の最後の打ち合わせといった方がいいでしょう。

造り付けのキッチン、タイル、ペンキ、衛生陶器取り付け、照明取り付け、
建具取り付け、外構・植栽、ブラインド取り付け、新しいテーブル・椅子の搬入・・・
まだまだこれだけ残っています。

工事に掛かる前、職人さんも連れて、わざわざ東京まで僕の仕事を見に来てくれました。
そこまでしてもらえると、階段廻りも浴室廻りもきれいにできますね。

12月10・11日はオープンハウス。
ずっと天気が悪いらしく、天気だけが心配という感じです。
どういう分けか、僕が行くときだけ晴れているんですよ。

設計:伊礼智設計室(伊礼智 松長浩子)
施工:高田建築事務所(監督 大島隆司  大工 斉藤さん)

b0014003_1175058.jpg




















・西側外観。1階の開口部(土間)には夏のために木製のガラリ戸が付く。


今回は高田建築事務所の高田社長さんともお会いすることができました。
自ら、会社と設計した教会をご案内いただき・・・ありがとうございます。
建築に情熱を持っていらっしゃる方で、住宅のみならず、
アイディアあるれる施設建築の設計も数多くて手がけてらっしゃいます。
地元の新聞にも住まいの話を連載したりと多才な活動をされていますね。

お昼を、地元・長岡の「小嶋屋」でへぎ蕎麦をごちそうになったのですが、
つなぎで海藻を使っているため、のどごしがとてもいい、さわやかな食感でした。
新潟駅でおみやげは、迷わず、これになりました(笑)。
by satoshi_irei | 2005-11-28 11:31 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(4)
「守谷の家」の近くにあるすごい蕎麦屋(笑)
English Here
今日は守谷の家の現場打ち合わせ。
大工の高橋さんからいろいろと質問を受ける・・・やっぱり、うちの仕事は面倒らしい(笑)。
「図面を見るのが7割(仕事の割合のこと)だよ・・・
2回目からは楽だけど、最初は大変だ・・・」。
そう言っていただけると、うれしいですね。

その後、中山さんがすごい蕎麦屋を見つけたとのこと・・・
高橋さんも3人でお昼に出かけました。

守谷の現場の近く・・・古い民家を改装した蕎麦屋です。
屋根が板葺き・・・室内が本格的な三和土、天井は真っ暗で見えません(笑)。
店に入ると、室内でご飯を炊いています。
かまど炊きのご飯・・・迷わず頼みました。
蕎麦は十割そば・・・
味はというと・・・それは野暮なので写真を見て判定してください。
来春のオープンハウスをお楽しみに。

b0014003_20224381.jpg
b0014003_2023633.jpg
b0014003_20232753.jpg
b0014003_20234323.jpg
by satoshi_irei | 2005-11-25 20:07 | ・食 | Trackback(1) | Comments(22)
東中野の家 上棟式
b0014003_1925891.jpg














English Here
昨日は東中野で上棟式。
ブログ positive55さんのお宅です。

その日はぎりぎりまで枠図を描いていて、ちょっと遅刻・・・
でも、おかげで上棟時にすべての枠図をわたせるという、学校でいうとA+の成績(笑)。
気持ちよく酔える日でした。

江戸川ソーラーキャット以来、田中社長自ら現場監督をやっていただけるとのこと・・・
大工も東船橋の家、西葛西の家に続いて二瓶大工・・・
ということはいろいろと、あれもこれも試せる・・・ということ(笑)。

早速、例のガルバの雨樋、例のハーフユニットバスも試すいいチャンス!!
その上、今回、田中さんは木製引き戸を「加茂サッシュ」でやってみたいと、調整中です。
シンプルなプランですが、あちこちにちょっとした挑戦をやってみたいと思います。

それにしても昨日は飲み過ぎた・・・・後半は泡盛でしたから・・・(笑)
みなさん、ありがとうございました。
by satoshi_irei | 2005-11-25 19:11 | ・住まい・建築 | Trackback(2) | Comments(9)
岸根公園の家  家具打ち合わせ
b0014003_15335121.jpg

















English Here
今日は岸根公園へ。木工事の追い込みとなりました。
今日で家具詳細図を提出、あとは現場のがんばりに任せます(笑)。

外部もこれから火山灰でできた「そとん壁」(高千穂ライフニクス)を塗ります。
ラス板の壁の上にちょこんとシルバーの三角屋根が見えますが・・・これがOMソーラーの集熱面。
「つま先立ち集熱」と適当に呼んでいて、ちょっと背伸びをして余分に集熱しようというやり方です。

年内には登記が出来るところまで仕上げて、年明けにゆっくり仕上げていきます。
ですから、オープンハウスは来年、2月頃にできるといいですね。

設計:伊礼智設計室(伊礼智 梅田冴子)
施工:創建舎(監督 増田憲彦    大工 上井戸健一   )
*上井戸大工は若いのに仕事が丁寧でうまい・・・楽しみです。

b0014003_15341098.jpg




















2階リビングからの見晴らし。
by satoshi_irei | 2005-11-24 15:42 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(7)
路上採取  自動販売機の設置作法
飲み仲間の(笑)Tさんから写真を頂きました。
駒澤大学前近くで見かけた自動販売機だそうです。
前列にずらっと並んでいますが、その後ろに2軍のようにさらに配置されています。
キリンやアサヒが2軍とは思えないのですが、大変な激戦区です(笑)。

b0014003_21291639.jpg




















池袋で見かけたものです。
きちんと、建物の中に納まっています。
「いい仕事しましたね〜」と、思わずほめてあげたくなります。

b0014003_21294242.jpg
by satoshi_irei | 2005-11-23 21:37 | ・路上採取 | Trackback | Comments(9)
葉山の家  木工事も終盤
葉山の現場へ、木工事最後の打ち合わせに行ってきました。
とにかくいい天気で、バス停を降りた所からの眺めがこの写真です。
里山って感じですね。

b0014003_17492784.jpg















今回は家具の打ち合わせ。
とにかく、初めてうちの現場をやる大工さんの恒例・・・愚痴をひととおり聞いたあと(笑)
問題点のいくつかを決めてすんなり終わり。
施工のし易さを考えた設計にしてくれ!、
特に作りつけ家具を台輪と天井とのフィーラー入りにしてくれ!・・・
など、いろいろと現場から要望が出てきます(笑)。

そのまま受け入れていくと「建て売り仕様」になりかねない部分もあるのですが
うちの設計だと家具詳細図が出てこないと天井廻りなどが進められない部分が出てくる。
時間がない現場がスムースに進むために、
今、設計中の他の現場を、改良案に変えているところです。
しかし、家具の側板部分の見た目がちょっと気になるんですよね。
やってみないとわかりませんが・・・。

「建築知識2005年2月号」で発表した標準納まりがどんどん変化していきます。

写真は土壁の下地処理が終わったところ。
右は30ミリのランバーのみの隔て板の階段。

設計:伊礼智設計室(伊礼智 島華子)
施工:高千穂(監督 長谷川耕司    大工 佐々木義広 佐々木潤)

b0014003_1891790.jpgb0014003_1893435.jpg














・プロフィール、連絡先、他の作品は右のカテゴリからご覧下さい。
by satoshi_irei | 2005-11-23 18:14 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(4)
工作活動  吉村順三展に潜入
やっとの思いで、吉村順三展へ・・・。
久々の休みをもらって、「工作員」をつれて家族で出かけました。

b0014003_19262144.jpg





















前評判通り、抑え気味のディスプレイでありながら、ラワンベニアの下がり天井が
いかにも・・・という感じで大変良かった(予想していなかったなあ)。

僕らからすると「読み込みやすい」展覧会なので、今回はサッと概観するに留めました。
次回、また時間をおいて、ひとりでいこうと思います。

今回は工作員がどういう反応を示すかが楽しみでした。
模型をひと通り眺めた後、NHKの短いフィルムを見て、
吉村先生の直筆のスケッチを見ていました。
10代の頃からのスケッチが並べられています。
そのとき、工作員は「あーだこーだ」言っていたのですが、ちょっと興味を持ったようです・・・。

帰りに、ミュージアムショップで小さいメモ帳とペンを買いたいと言いだしました。
何をするかと言えば、建物専用のスケッチブックにするとか・・・。

いきなり、校門前で、吉村山荘の矩計図のスケッチ(左)、
次に途中の芸大アートプラザの正木記念館の鬼瓦を(中央)・・・、
その次に、京成の博物館前駅跡(右)をスケッチしていました。
おかげで、美術館を出て、ほんの100メートル進むのに
30分以上掛かってしまいました。

ニコニコしながら「いいとこ見つけちゃった」・・・・・
おもしろい建物がたくさんあるところだと思ったようです。


吉村順三展  上野の東京芸術大学美術館にて 12月25日まで。

b0014003_20193374.jpgb0014003_20194773.jpgb0014003_2020213.jpg
















・プロフィール、連絡先、作品は右の「カテゴリ」の中からご覧下さい。
by satoshi_irei | 2005-11-22 20:24 | ・住まい・建築 | Trackback(3) | Comments(3)
冬至を待たずに「ゆず湯」に入る。
b0014003_13312762.jpg設計中の小平の家のクライアントから
「ゆず」をいただきました。
冬至にはまだ早いのですが、
早速、「ゆず湯」に入る・・・。
風邪を防ぎ、皮膚を強くするらしいですね。




この家はひとり暮らし、「ついのすみか」として設計中です。
建坪、4間角の16坪。交差点の角地に建つ。
緑のスクリーンに包まれた家となるでしょう。
そこに、また「ゆず」が残っているとといいのですが・・。

設計:伊礼智設計室(伊礼智 森泉綾)

b0014003_13314662.jpg





















・プロフィール、連絡先、作品は右の「カテゴリ」の中からご覧下さい。
by satoshi_irei | 2005-11-22 13:50 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(4)