<   2005年 05月 ( 52 )   > この月の画像一覧
工作活動   釣りにいく。
b0014003_21573778.jpg












ジオパワーのモデルハウスを見に行った後、自宅へ戻りました。
その後は休み。
数ヶ月ぶりの自由時間です(普段から好きで仕事しているわけですが)。

工作員に日頃、「釣りにいこうか!」なんていってたのにいつも仕事になって
「嘘つき」呼ばわりされていたので、今回は面目躍如、千住の釣り堀に連れて行きました。
場所は家内の案内で自転車で連なって行ったのです,

いろいろ探しながら、迷ってたどり着いたのが・・・なんと
ジオパワーのモデルハウスの隣・・・・ちょっと情けない(爆笑)。

釣り堀以外にスケボーの練習場やバッティングセンター、ゴーカートのレースコース等、
昔の「アメージングスクエアー」でした。

工作員は結構喜んでいました。  これで当分「嘘つき」呼ばわりは免れそうです。 
というわけで、ジオパワーのモデルを冷やかした後、いろいろ楽しめます。   伊礼智
by satoshi_irei | 2005-05-31 21:55 | ・工作少年 | Trackback | Comments(3)
建築知識連載「住まいと家具」(仮) 取材スタート 2  吉村順三先生の話
b0014003_15302137.jpg


















小田原さんの話は面白い、そして脱線する。
テーマの関係上、建築知識誌上では取り上げられないだろう話を
ブログでまとめてみるのもいいかもしれない。

小田原さんは吉村順三先生や奥村昭雄先生たちと家具づくりをしてきた人・・・
そしてこの両人を小田原さんはずっと敬愛している。
小田原さんは吉村先生や奥村先生の話をとてもいきいきと話してくれる。
そんな経験がとてもうらやましく、そして、聞いているこちらもうれしく心地よい。

「僕は吉村先生に家具の技術は教えたが、
デザインと建築における家具の重要さというものを教わった」・・・いい関係で仕事ができた人の言葉である。

ある時、いい家具ができたので吉村先生に「売れそうですね」といったら、
「これは自分の空間に入ってのみ喜ぶ家具だ」とおっしゃられたそうです。
吉村先生の家具は先生の空間の中で輝くものなんだということを聞かせていただいた。
ウェグナーのような家具デザイナーと違って建築家の家具とはそんなものかもしれません。

そんな感じで小田原さんに教えていただいています。   伊礼智
by satoshi_irei | 2005-05-31 15:45 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(0)
窓辺の花台
b0014003_1274864.jpg先日の小泉誠さんたちの展覧会場で見つけたものです。
廃校になった小学校の廊下の窓際の仕掛けです。

お花を飾ったり,作品を置いたりできそうですね・・・
いかにも小学校という様相で懐かしさを感じました。

ちょっとレトロな都心の小学校は
台東区デザイナーズビレッジとなって
デザイン事務所が集まるオフィスとなっています。  
(台東区小島)  伊礼智
by satoshi_irei | 2005-05-31 12:01 | ・住まい・建築 | Trackback(1) | Comments(2)
ジオパワーシステムのモデルハウスを見た。
b0014003_19411389.jpg
ジオパワーシステム






















日曜日、仕事なんですが、ピクニック気分で
ジオパワーのできたてほやほやのモデルハウスを見てきました。

今度,山口県の安成工務店さんの「安岡エコタウン」を設計させていただくのですが、
山口県から産まれた「ジオパワーシステム」を
エコタウンのメニューとしてリストアップするにあたって勉強しにいったわけです。
(もちろん、OMソーラーシステムを主体でいきます)

モデルハウスは京成関屋の駅から徒歩1分、北千住駅から徒歩,15分ほど・・・。
地元千住の人間としては、仕事というより、
自転車飛ばして、ご近所で用事を済ますという感覚ですね。

写真にある通り、外気温がその日は25℃、土中温度が17℃となっています。
室内吹き出し口の温度が15℃くらいでしたので変だと思ったら、
土中温度計がおかしくてもっと低いらしい・・・そうすると気温差10℃・・・凄い。

ジオパワーは簡単に言うと、地中5メートルの冷たい熱を利用するシステム
取り入れた外気を地中で冷やして、床下に蓄冷させて室内に吹き出す。
冬は外気を土中で暖め、暖かい空気と熱(15℃くらいでしょう)を床下に蓄熱して、
室内環境を緩やかに安定させる。
24時間換気システムにも対応している・・・確かに換気装置でもあるので空気質もきれい。

いろいろお話を伺うと緩やかに変動する室内環境や換気システムを持つこと等、
OMソーラーと考え方がとても似ている。
うまく、OMのシステムと連動できないだろうかと考えてしまった。
ジオパワーも30坪から40坪の家で、
一軒あたりフル装備230万円くらい、OMもフル装備で大体同じ。

それぞれ120万円くらいのパッケージを組み合わせて
夏と冬、補い合えるシステムになるといいのにねえと話をして帰ってきた。
1時間もいると肌寒いほど涼しかった(室温、壁,天井の表面温度20℃)。  

ご興味ある方は、是非、千住のジオパワーのモデルハウスへ出かけてみてください。 伊礼智
by satoshi_irei | 2005-05-30 20:04 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(6)
建築知識の「住まいと家具」連載、取材スタート その1。
「住まいと家具」取材中b0014003_18184517.jpg




















建築知識9月号からスタートする「住まいと家具」についての連載、
いよいよ、取材スタートです。

今回は第一回目の「家具の配置」について、
先生役の小田原健さんに3時間に渡ってお話をお伺いしてきました。
木工科になりたかったうちのスタッフの梅田をアシスタントに、
建築知識のFさん、Yさんとともに大所帯で2年間の長丁場となります。

今回、印象に残った言葉は
「家具とは機能である」、「その機能の配置は大事である」。
「家具の配置は使う人の距離感を考えること,生活のシーンを演出するため」などなど・・・
ここでは書ききれません。

配置のお話をお聞きしながら、家具とは何か?
という根本的なことにまで話は広がっていく・・・
初回から、楽しいながらも家具の奥深さが立ちはだかってくる感じです。

家具とは何か?・・・今回のお話をまとめると
「家具とは心地よい場所を演出する機能」であると言えようか?

今日の話をどうまとめたら、より面白くなるか・・・腕の見せ所です。

配置の話ならば「日本人はどうして家具の配置が下手なんだろう?」
ということを考えていっても面白いかも知れませんね!!   つづく。  伊礼智
by satoshi_irei | 2005-05-30 18:19 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(4)
似顔絵合戦。
昨日は雨樋メーカーのタニタさんたちが打ち合わせ?にやってきました。
夕方であること、天気が良くてのどが乾いていたこと、先日の講演会の打ち上げの続きもあることから、
ビールを飲みながら、先日、ブログでアップしておいた「タンドーリチキン」も焼きつつ、
ひと通り仕事の話をすませました。

同行してきたS・Tさんが絵をたしなむとのことで、うちの事務所の似顔絵を書いてくれた・・・さすが手慣れたものでうまい。
そこで、お返しにと、うちスタッフの画伯3人がタニタさんたちを書いたのがこれ(爆笑)!!

まずは同行したSさん。
左から、ほのぼの系の島画伯、劇画調の松長画伯、絵本系の森泉画伯と並びます。
b0014003_18333234.jpgb0014003_18334897.jpgb0014003_1834484.jpg












次はタニタさん・・・社長です!!
同じく左からほのぼの系の島画伯、劇画調の松長画伯、絵本系の森泉画伯・・・.

b0014003_18402562.jpgb0014003_18413034.jpgb0014003_18414295.jpg











久々に顔が引きつるほど笑わせていただきました。
この成果は今後、タニタさんとの仕事の中で生かされると思います(笑)。
シンプルで存在感を感じないガルバリウムの雨樋を模索中です。

この似顔絵の完成度であれば、個人情報も守れることでしょう(笑)・・・すみません。  伊礼智
by satoshi_irei | 2005-05-28 18:59 | ・その他 | Trackback(1) | Comments(6)
夏を感じる花
目白通りにぽつんと、しかし異彩を放って存在していました。
満開状態です。南国を思わせる樹木ですね。

名前も書いてありましたが・・・見事に忘れました。
****ジュだったような気がします。  伊礼智

b0014003_1473567.jpgb0014003_1474889.jpg
by satoshi_irei | 2005-05-27 14:02 | ・その他 | Trackback | Comments(7)
簡単なタンドーリチキンの作り方
宴会用にタンドーリチキンを仕込んでおきました。

鳥のもも肉を適当な大きさにきって、塩、コショウ、ニンニクをすりおろし、
カレー粉を大さじ2杯ほど入れて、軽く揉み込みます。
その後、プレーンヨーグルトを大さじ2杯ほど入れて混ぜ、後は寝かせるだけ・・・
一晩で勝手に柔らかく、おいしくなってくれます。
それをオーブンで焼いて食べるだけ。

今回はポテトを敷いて、塩,こしょう、オリーブオイルをかけ、
仕込んだばかりのチキンを(反則ですが)、上にのせてオーブンで焼いて食べてみました。
寝かせなくてもおいしいことが判明!!  

写真はヨーグルトをあえたところ・・・。 伊礼智

b0014003_2062086.jpg
by satoshi_irei | 2005-05-26 20:13 | ・食 | Trackback(1) | Comments(7)
学生からのご招待。
日大の居住コースの学生たちからパーティのご招待です。
恒例の新入生歓迎のパーティ。

学生が企画して、料理とお酒を用意し、テーブルセッティングや照明などを工夫、
時にはちょっとしたゲームを用意してゲストをもてなしてくれます。

これも今は亡き、宮脇檀塾長(居住コースは別名、宮脇塾)の教え。
居住コースの教科書である「眼を養い 手を練れ」(彰国社)の中でも
宮脇流パーティの開き方が取り上げられています。

こんな学校はやはり楽しいですね・・・これも宮脇塾の教育の一貫。  
人生、楽しまないと・・・。  伊礼智

b0014003_9555264.jpgb0014003_956458.jpg
by satoshi_irei | 2005-05-26 10:06 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
ヘチマ普及工作・・・東京人にヘチマを食わせる作戦。
今年は東京で「ヘチマ普及元年」と銘打って工作活動を始めるとブログで書きました。
約束通り、自宅でヘチマが8つほど芽を出し、明日にでも畑に植え替えようかと思っています。
左がヘチマ、右が恒例のゴーヤー・・・ここ数日でぐっと伸びてきました。

今のところ、ゴーヤーが3株、ピーマンが2株、ナスが2株、キュウリがひと株、
それからヘチマがひと株の予定。
キュウリとナスはもう,小さな実ができています。

食べられる日除け(緑のスクリーン)ができるのが7月末頃かな・・・。
その辺りから、廻りの人々に無理矢理ヘチマを食べさせようと思います。   伊礼智

b0014003_16361714.jpgb0014003_1636282.jpg
by satoshi_irei | 2005-05-25 16:39 | ・食 | Trackback(3) | Comments(26)