<   2005年 02月 ( 45 )   > この月の画像一覧
小平の家      空間の奥行き
*空間の奥行き

この家のテーマは空間のボリューム。
その中で大事なことに奥行きを創ることがある。

低い天井の高さは2100。空間に圧力をかけることで、数字以上に広さを感じる。
かけた圧力を逃がすために、対角線に視界が抜けること、
オープン棚の背板も壁と同じ色にして、抜けた感じを出す、、、そんな積み重ねが効いてくる。

しかし、2100の天井を了解してもらうことから大変かもしれない(笑い)。
*小平の家の2階の床面積は13、5坪です。

設計:伊礼智設計室(伊礼智 森泉綾)
施工:相羽建設(監督 相田隆行)

b0014003_2216820.jpgb0014003_22162155.jpg
by satoshi_irei | 2005-02-28 22:25 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
小平の家  空間のボリュームについて 2
b0014003_20571460.jpg




















b0014003_20572726.jpg




















*「開口部の絞り」の大事さ。

壁を白くしたときに、特に気づくことは開口部を絞ることである。
窓と壁のバランスが心地よさの大きな鍵であると思う。

一般には、窓が大きくてたくさんある方が、明るくて気持ちいいと思われている節がある、
明るいことは間違いないが、必ずしも心地よいとは言えない。

どちらかと言えば、窓の数を減らして、最小限の窓で必要な通風を確保し、開くべきところには思い切って大きな開口で開く、、、その方が安心感を持って開かれている感じを作りやすいと思う。
頼りになる壁、包み込むような壁、絵も何も掛けない、ただの壁があることでしっくりくるような空間ができる。

写真を撮っていて、感じることは
光の具合で空間は大きく左右され、それが心地よさに影響している。
見えないことも大事なのだが、
見えることもやっぱり大事だということを写真を撮っていると感じてしまう。

見えるもの、、、とくに「光」。
建築家にとって、
空間のボリュームと光の具合(バランス)の感覚が優れていることも大事なのだが
すごく難しい、、、なかなかうまくできないのが歯がゆい。

設計:伊礼智設計室(伊礼智 森泉綾)
施工:相羽建設(監督 相田隆行)
by satoshi_irei | 2005-02-28 21:18 | ・住まい・建築 | Trackback(1) | Comments(2)
工作活動      やっぱり、航空券偽造も!!
工作員は航空券の偽造も始めました。
ミシン目入りの(はさみでいちいち、つけたようです、、、笑)JALの搭乗券。
ちゃんと自分の名前が書かれています。
下のブルーのやつは「マイレージカード」のつもりらしいです。
そこまでして、オキナワへいきたいか、、、、?

工作員の特徴は「そのもの」だけではなく、それを入れる「もの」まで作ること。
左の封筒はカードとキップ入れとなっています。   

このJALの偽造航空券を作った翌朝、
保育園に行く前に早速、ANAを作っていました。  伊礼智

b0014003_19113864.jpg
by satoshi_irei | 2005-02-28 19:18 | ・工作少年 | Trackback(1) | Comments(3)
小平の家  空間のボリュームについて
b0014003_15564956.jpg




















*程よいボリュームを押さえる。

学校を出て、丸谷さんの所に勤め始めて、初担当だった住宅でのこと、、、。
基本設計を詰めて、丸谷さんに相談したら
「今、住んでいる家(施主が)はかなり広い家だから、、、、」といって
少し、建物の幅を広げたり、奥行きを感じるような天井のあり方を検討していた。
自分としてはスパ〜ンとはっきり、割り切れるような空間がいいと思っていたのだが、
部分的に膨らませたり、ちょっと「細かい手入れ」がチマチマしているように思えた。
しかし、結果としてそれがよかった。

今、建て主が住んでいる家を見ることの大事さは何か、、、と言ったとき
ひとつには、「今まで住んでいた住まいのボリューム感」を意識すること、、、と言えると思う。
新しい住まいができて、「明るい」、「広い」、「気持ちいい」、「心地よい」、、、といった感覚は
前の家と比べて、これまでの身体にしみ込んだスケール感、ボリューム感との比較であるはず。

あの時、丸谷さんはそれを言っていたのだ。
それは、決して、それまでの住まいより天井を高くするとか、広い家にするとかと言った
数字で大きくすることではなく(できるならその方が簡単なのだが)、
そう感じる空間を様々な手法で工夫することになる、、、
たいてい、敷地やら法規やらいろんな制約があるから簡単ではないのだが、、、。

小平の家も広々としたマンションにすっきり住まわれているクライアントだったので、
初めて、お宅を見せていただいたときから、
この家のテーマは「ゆったりとした程よい空間のボリューム」を押さえること感じた。
(曖昧な言い方だけど、、、)

ボリューム感覚の良さは、建築家にとって、とても重要な能力のように思う。
プロポーション感覚の良さに繋がることだし、その感覚が優れている人が
設計がうまい、デザインがうまいと言われる人たちに違いない。
そうなりたいと思いつつ、どうすればいいのやら、、、。

設計:伊礼智設計室(伊礼智 森泉綾)
施工:相羽建設(監督 相田隆行)
by satoshi_irei | 2005-02-28 16:17 | ・住まい・建築 | Trackback(2) | Comments(2)
オゾンの「住み心地はどうですか」展に行ってきました。
b0014003_10482046.jpgb0014003_10483268.jpg














b0014003_10484849.jpgb0014003_10491063.jpg














リビングセンターOZONEの特別企画展
日本人と住まい「住み心地はどうですか」、、、のオープニングパーティに行ってきました。

会場はプロデュースの萩原修さん、監修の柏木博さんはじめ、
大勢の方々で賑わっていました。

いろいろなテーマで回を重ねてきたこの企画もついに「住み心地」という
何とも曖昧で、説明しにくいことに焦点を当てなければならなくなった、、、とのこと。

確かに「心地よい」「気持ちいい」という言葉ですべて片付けて、逃げてしまいがちなのですが、
それを様々な切り口から、考え直すことは大事なことだと思います。
数字に表れない、目に見えないものでも「心地よさ」に関わってくることもたくさんあるように思います。

パーティ終了後、うちの事務所は中村好文さんたちと2次会へ、、、、。
芸達者な中村さんは一人で中国人になったり韓国人になったり、アメリカ人からフィリピン人まで物まねをこなし、
丸い巨匠印の眼鏡(コルビジェもフィリップジョンソンもそうでした)ネタで
「ローガン」の替え歌(替え歌の持ちネタは50曲とのこと)、
あげくに見事な「鼻の膨らませ方」をうちのスタッフに指導しておりました。
設計とはまるで関係のないご指導の数々(笑い)、、、おつかれさまでした。   伊礼智

日本人と住まい「住み心地はどうですか?」 OZONEにて、2005年4月5日まで。
by satoshi_irei | 2005-02-28 11:10 | ・住まい・建築 | Trackback(1) | Comments(7)
沖縄飲料あれこれ。
b0014003_9572055.jpg




















最近、あちこちで沖縄の食品を扱う店が増えているようです。
写真は、先日、現場に持っていった差し入れ。
ルートビア(ビールではありません)、グワバジュース、
クリームソーダ、シークワーサーのもろみ酢いり、、、、
簡単にこちらで買えるようになって、なんだかありがたみがない。
ルートビアはやっぱり沖縄のA&Wで飲みたいし、
グアバジュースは那覇の公設市場で100%ものがすごくおいしい。
クリームソーダは米軍統治時代(中学1年生まで)、こんなおいしい飲み物はないと思ったっていたほどですが、
久々に飲んでみて、、、やっぱり、子供の味覚だったか、、、と懐かしく思いました。  伊礼智
by satoshi_irei | 2005-02-28 10:07 | ・沖縄 | Trackback | Comments(3)
沖縄のお祝い、、、まかないの「沖縄そば」を作る。
今回の沖縄での親父のお祝いは、
嘉手納基地の中にあった「野里」集落の出身者の合同祝いがあり、
2次会はそれぞれの自宅で行われました。
親戚や知人が次々とやってくるので、料理を準備してもてなします。

午前中から、おばさんやら妹、弟たちのお嫁さんが手伝いに来て、料理を
用意し始めました。
女が料理、男はいろいろと荷物や家具を動かしたり、、、という役割分担が伝統。

そこで、お昼ご飯の「まかない」をかってでた、、、理由は、単純に沖縄そばが食べたかっただけ。
出汁(豚+鰹)はお吸い物用に既にあったし、スーチカー(塩ずけされたゆで豚)もあるので
作ったというほどのものでもないのですが、、、、近くの「海が見えるそばや」風に挑戦、
トッピングでショウガの千切りがのるのが特徴です。

沖縄へ帰ったら、ゴーヤーチャンプルーも食べたいので、
サラダ仕立てのゴーヤーチャンプルーにトーフとスーチカーをチャンプルーしてみました。
(下に卵焼きが隠れています)  

それにしても、沖縄そばなら毎日食べてもいいと思いましたね、、、 
あっさりしていておいしいです。 伊礼智

b0014003_18562776.jpgb0014003_18564213.jpg
by satoshi_irei | 2005-02-25 19:12 | ・沖縄 | Trackback | Comments(5)
教えてください、この植物名を!!
先日、沖縄に帰って散歩していたときのこと、
かわいらしい葉っぱを見つけました。
蔓性植物で緑のスクリーンにするのにも良さそうです。

沖縄の植物図鑑にも載っていません。
どなたかご存知の方、、、、教えていただけませんか?  伊礼智

b0014003_1512882.jpg

















b0014003_12481776.jpg
by satoshi_irei | 2005-02-25 15:01 | ・沖縄 | Trackback | Comments(11)
路上採取  感動的な電気屋の看板

b0014003_12282135.jpgb0014003_12283798.jpg


















タイル屋さんの看板だとばっかり思っていたら
電気、水道屋さんでした!!
でもいい看板ですね、、、渋くて。
ソノ他、、、というのが、またいい。  伊礼智

採取場所:沖縄県嘉手納町
採取日時:2005年2月
by satoshi_irei | 2005-02-25 12:32 | ・路上採取 | Trackback | Comments(0)
堀江さんのブログ(堀江さん、北千住の「バードコート」に現れる)
時の人、ライブドアの堀江さんが
この激震の中、北千住(僕の地元)の「バードコート」にやってきたとのこと、、、余裕あるなあ。

バードコートは急速に有名になった地元の焼き鳥屋さん、、、本当においしい。
開店間もない頃、家族で出かけていって、
工作員のすぐ上のお兄ちゃんの「うますぎる」の一言が、マスターを喜ばせた。
堀江さんも、ブログで「相変わらずうますぎ」と書いています。
今では、混んでいて入れなくなってしまった。

フジテレビも堀江さんのアイディア取り入れて業務提携した方が、
新しいテレビのあり方を模索できていいような気もするのですが(こちらからすれば)、、、
株が絡むとさっぱりわかりません。  伊礼智


堀江ブログ

by satoshi_irei | 2005-02-24 11:34 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)