カテゴリ:・南与野の家( 2 )
南与野の家 西川写真
カメラマンの西川さんの写真が上がってきましたので
何枚かアップいたします。
詳しくは僕の写真でまとめてみた「南与野の家・・・まとめてみました」の記事をご覧下さい。

南与野の家(2011年)
設計:伊礼智設計室(伊礼智 小倉奈央子)
施工:自然と住まい研究所
造園:荻野寿也



b0014003_18442561.jpg

ガレージを通して町と中庭が繋がる。
b0014003_18444214.jpg
b0014003_18445525.jpg

夜景の中庭・・・
照明を塀に反射させて影絵のように。

b0014003_18453669.jpg

2階のリビングはうねった天井で光と音を柔らかく。

b0014003_18464537.jpg

b0014003_18465841.jpg

b0014003_1626179.jpg

南の開口からお隣のお屋敷の森が望める。

b0014003_1848382.jpg
b0014003_18481530.jpg

b0014003_18483416.jpg

b0014003_18485578.jpg
中庭に繋がる土間に浮かぶ階段。
b0014003_18495042.jpg
b0014003_1850756.jpg

庭好きの奥さまの寝室。

b0014003_18511054.jpg

b0014003_18513372.jpg





i-works project  「標準化」から生まれる豊かな住まい
アマゾン 「伊礼智の住宅設計」(エクスナレッジ)の申し込みはこちらから
アマゾン 「伊礼智の住宅設計作法」(アース工房) ご購入はこちらから

伊礼智設計室プロフィール
主な仕事

face book
twitter

「伊礼智の住宅設計作法」は建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2013-01-17 18:36 | ・南与野の家 | Trackback | Comments(0)
南与野の家・・・まとめてみました。
南与野家をすこしづつアップしたいと思います。
写真は伊礼のつたないものですが、しばらくは我慢願います(笑)。

南与野の家(2011年)
設計:伊礼智設計室(伊礼智 小倉奈央子)
施工:自然と住まい研究所
造園:荻野寿也


b0014003_22231843.jpg
b0014003_1917261.jpg


外壁と内壁はシラスを原料とした「そとん壁」(調湿と消臭効果に富む)・・・
開発のお手伝いをした思い入れの強い素材です。
(雨樋もタニタハウジングウエアと開発したガルバ・スタンダード半丸)

造園は荻野寿也さん。自然の風景を切り取り、生け花のように樹木を打ち込む方です。
ガレージを通して、
中庭の風景が町に拡がっていくといいなあ・・・と思いました。

b0014003_22322061.jpg
中庭は荻野さんの手により、溶岩石や川砂利で川を表現した風景となりました。
荻野さんはアッパーライトで樹木を照らす事を好まないので、協議の結果(笑)
照明を直接、樹木に当てるのではなくて、白く塗られた塀に反射させて
影絵のように浮き上がらせるようにしてみました。

b0014003_1735163.jpgb0014003_1733296.jpg

b0014003_1752491.jpg
この家では中庭と玄関アプローチを大谷石の土間で繋げています。
家の中に外部が入り込んできたような感じです・・・そこが階段ホールであり、
3人家族のそれぞれの「寝室+趣味の部屋」を程よい距離に保っている空間でもあります。

b0014003_1727246.jpgb0014003_17264968.jpg
b0014003_1728057.jpgb0014003_17273989.jpg

階段はスチール階段、土間に浮いているような軽やかな階段としました。


b0014003_1742021.jpg

b0014003_18552829.jpgb0014003_18553853.jpg
リビングは2階・・・
絵と音楽が好きなクライアントのために柔らかな光と、
柔らかに拡がる音を用意したいと思いました。
壁と同じ素材(シラス塗り)でうねった天井が柔らかな空間をもたらしてくれました。

b0014003_17582627.jpgb0014003_1813695.jpg
b0014003_1842272.jpgb0014003_184874.jpg


メインの開口から中庭が見下ろせます。
b0014003_17545022.jpg



引っ越し後の暮らしぶりを少しアップします。
趣味で集めていらしたスタンドや絵、緑に囲まれて、ジャズが流れる・・・
奥さん曰く、「この家はロマンティック・・・・」。
ちょっと新しい境地が見えたようでうれしい(笑)。


b0014003_1811324.jpgb0014003_18105179.jpg

b0014003_20183282.jpgb0014003_20181553.jpg


どこかバリにいるような感じもして・・・
でも、これまで住んでいたマンションもこんな感じだったと思い出しました。

大事な事以外、細かなことは言わないほうがと・・・、
出来上がったものに会わせて住むから・・・。
普段、日本でもトップレベルの技術者として腕を振るっている方の達見した価値観です。

こちらの提案をそのまま採り入れて、設計を尊重してくださり、
それに答えて、こちらも住まい手の声なき価値を尊重したような家づくりでした。

この家は「施主としての器量」と「住むチカラ」が
創り上げたものだなあとしみじみ思う・・・(笑)。

いい仕事をさせていただきました。

b0014003_18143640.jpg




住宅デザイン学校2012年 参加者募集中
伊礼智設計室プロフィール
主な仕事

face book
twitter

プロダクト住宅「i-works・15坪の家」の動画配信
i-works1・5坪の家の実物はこちらから

「小さな家。ネット」会員募集中
小さな家。計画 HPはこちらから

伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
「伊礼智の住宅設計作法」は建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます
小さな家。計画 アマゾンサイト ご購入はこちらからどうぞ



ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2012-01-12 22:29 | ・南与野の家 | Trackback | Comments(4)