カテゴリ:・浜松・大蒲町の家( 1 )
浜松・大蒲町の家
浜松・大蒲町の家
3人家族のための住まいです。

守谷の家でも感じたことですが、町中の住まいは、
敷地めいっぱいに建ててしまって、道路側に壁や塀を作ってしまう。
町の奥行きがなくなって、町歩きをしていても
楽しさがなくなってきているように思います・・・それを何とかしたい。
それが、設計の手がかりのひとつでした。

b0014003_17235357.jpg

b0014003_1726987.jpg


庭から道路側を見ると・・・カーポートが町と家の間の距離を創りだしています。
風は道路に沿って吹く。
道路を吹く風が中庭の空気を吸い出すように風の流れを創り出します。

b0014003_17271750.jpg
b0014003_1729323.jpg

庭にフルオープンに開いていても
カーポートのトンネルやモミジなどで直接的な視線を遮ります。

b0014003_17424829.jpg
b0014003_1429398.jpg


延べ床29,5坪、1階も2階もロフトも廻れる動線を持ち、
歩き回れる家となりました。
日頃から歩き回れる家はいい家だと思っています。
(子供の頃から落ち着きがないと言われれていたせいか?)

住まいも動きの中に暮らしがあると言っていいでしょう。
動線の先々に居場所が在り、落ち着く場所がある・・・
単純なプランの中にそれを具現化できないか?というのがテーマ。

b0014003_1753319.jpg

b0014003_2011061.jpg

ここで大蒲町の家の小さな居場所を集めてみました。

b0014003_2027265.jpgb0014003_20264520.jpg
b0014003_20273277.jpgb0014003_20271865.jpg
b0014003_21581429.jpgb0014003_21575617.jpg
2階、ロフト周りを見てみましょう。


b0014003_22261018.jpgb0014003_22263941.jpg


b0014003_2227855.jpgb0014003_2227299.jpg
b0014003_22283312.jpg

写真に見えるダクトは
OMソーラーの立ち下がりダクト、空気集熱型の床暖房システムです。

決して大きくない家ですが
歩き回れて、その先々に居場所がある。
動きの中に新しい発見と気づきがあるといいと思います。



b0014003_2230428.jpg

浜松・大蒲町の家
設計:伊礼智設計室(伊礼智 一場由美)
施工:スローハンド
造園:ハウズ(鈴木勝三)



岐阜にて建築文化講演会のお知らせ
建築知識学校 はじめます。 詳しくはこちらから
twitter
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます
小さな家。計画 アマゾンサイト ご購入はこちらからどうぞ


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by SATOSHI_IREI | 2010-09-14 17:43 | ・浜松・大蒲町の家 | Trackback(1) | Comments(10)