カテゴリ:・秩父の家( 2 )
秩父の家 
b0014003_14251550.jpg

先日、オープンハウスを行いました秩父の家を新たな写真を加えてまとめてみました。

b0014003_19454724.jpgb0014003_1946160.jpg

小さな居場所が繋がって、外部まで緩やかに広がっていくような住まいです。
b0014003_19462250.jpg

ソウルで見た、小さな3つの部屋が繋がって何とも可愛い・・・
そんな心地よさそうな空間をこの家に持ち込んでみたいと思いました。
絵本の部屋からストーブコーナー、「庭座」(和室)、リビング、庭を見たところです。
北側の絵本の部屋は、写真で見える部屋に涼しい風を送り込んでいました。
ここが一番涼しい・・・。

b0014003_19463932.jpg
b0014003_14255928.jpg
庭座の先の土を持った所は芝桜で埋め尽くされることになりそうです。
庭が成長した頃また、訪ねて見たい・・・。

b0014003_14263461.jpgb0014003_14264619.jpg



秩父の家
設計:伊礼智設計室(伊礼智 一場由美)
施工:小林建設

秩父の家の 設計の手がかり




twitter
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-06-25 19:57 | ・秩父の家 | Trackback | Comments(2)
秩父の家 完成間近
数年前、ソウルを旅したとき、ソウル市内に小さな民族園があることを知りました。
郊外に有名な民族村があるので、たいした期待もなく訪れたのです。

ところがその中に、下級氏族の家で小さな部屋(寝室)が3つ繋がる、
何とも可愛い住まいを見つけました。

その日はあいにくの雨、それでも、傘を片手に夢中になって実測をしたものです。
小さな空間が3つ繋がる魅力が、それ以降ずっと頭の中に残ってしまいました。



b0014003_2214173.jpg


現場で採った実測スケッチ。



b0014003_21375664.jpg

たまたま、秩父の家の設計始めるにあたって、ご要望を組み立てる切り口として
思い浮かんだのが、このソウルの南山ゴル・韓屋マウルで実測した民家の構成でした。
上はプレゼンテーション時のスケッチ・・・
この提案がそのまま残りました・・・うれしい。

b0014003_21382799.jpg
b0014003_21384425.jpg


完成間際の現場写真です。
まだ、家具が入っていませんのでちょっと寂しい。

リビングの脇にストーブコーナーがあり、2段上がって絵本を読み聞かせする小さな部屋、
反対側に一段下がって、庭を楽しみ、客間としても機能する「庭座」を創りました。
あの、ソウルの小さな部屋が3つ続く、楽しさを再現しようとしたのです。


b0014003_21385779.jpg
b0014003_21391875.jpg

その関係が伝わるかどうか・・・。

b0014003_21404687.jpgb0014003_21412771.jpg
b0014003_2141130.jpgb0014003_21411328.jpg


居場所があちこちにあることで、一緒に居ながら、距離感を持って居られる。
そんなことを考えていたのだと思います。

明日、木曾三岳奥村木工所からダイニングテーブル「Nテーブル」が到着、
リビングから「アシビナー」(遊び庭)に繋がり、それを挟んだ縁台が
3つの小さな空間と繋がる。
それがこの住まいの特徴となるでしょう。

残念ながら、クローズしたオープンハウスとなりますが
ブログ上でできるだけごらん頂けるように工夫したいと思います。

秩父の家(OMソーラー搭載)
設計:伊礼智設計室(伊礼智 一場由美)
施工:小林建設



twitter
伊礼智の住宅設計作法 アマゾンサイト ご購入はこちらから
建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます


伊礼智設計室プロフィール
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2010-06-21 22:02 | ・秩父の家 | Trackback | Comments(2)