カテゴリ:・i-works 2008( 1 )
i-works 2008・・・プロダクト化を見据えた小さな家
b0014003_16454715.jpg

8年前にOMソーラーを搭載した分譲住宅
「ソーラータウン久米川」の仕事したとき、
住宅の部分的な「標準化」を考えた。
標準玄関、標準階段など標準化したものを元に
住宅が創れるかを探った。

ここで積み上げた手法を、クライアントであり、
施工者であった相羽建設は
通常の仕事に生かしたいと考えた。
こうして「i-works]ができあがったのである。
これまで学んできた設計の手法を標準化したものと言って良い。

当初は「プレタポルテの家づくり」と呼んで、
オートクチュール(一品生産)と区別していた。
(詳しくは住宅建築2002年12月号参照)

今はオートクチュールとプレタポルテが一体となって
区別はしていない。

相羽建設と共有の設計手法として
「i-works]はそれから年間30棟ほど、造られていった。
そのリニューアルの仕事である。


b0014003_10282136.jpg
b0014003_10304592.jpg

この相羽建設のモデルハウスは東京都東村山に建つ。
延べ床25.5坪、4人家族が十分住める「小さな家」である。

外壁はガルバリウム鋼板、
内部は開発のお手伝いをさせていただいた
高千穂の「薩摩中霧島壁」(火山灰)。
8年前と変わらない仕様である。

今回は8年間で試してきた、様々な「手口」を盛り込んでいる。
とは言っても、一般の人たちでも何とか手の届く範囲の「家づくり」。
住宅は広さでなくて、どれだけ心地よい居場所が創れるかだと思う。




b0014003_10295482.jpgb0014003_10294415.jpg
b0014003_10313521.jpg


小さな空間の中に、小さな居場所を散りばめて、
豊かな住まいが創れるかを試みた。
また、小さな住まいは外部との関わりが重要になる。
外部との関わりを制御できる開口部のあり方を工夫している。

b0014003_10303992.jpgb0014003_10321378.jpg


浴室もいつもの標準化された浴室・・・
今回は2階なのでTOTOのハーフユニットバスを使用している。
(1階であればオリジナルの日比野化学工業製を使う)


b0014003_16485041.jpg

今回は1階に和室を設けている。
和室の開口部は全面の道路からのプライバシーを考えて
300上げてデッキを設けている。
車や通行する人々からの視線を遮りつつ、緑の借景を楽しめるように・・・。

1階部分は家族構成にあわせていくつかの
仕切り方のバリエーションがあり、住まい手に対応できる。


b0014003_1035023.jpg


これまで8年間、「標準化」ということを意識しながら設計をしてきた。
建築家として、作家として、どうだろうか?という声も耳にしてきた。
一方で、「標準化」についてたくさんの講演会を頼まれた(今ではより増えている)。

200年住宅や次々と厳しくなる法規の改正・・・
建築家の責任の取り方が問われている時代。
「標準化されたものが作風」という思考はその答えのひとつであると思う。
(これから出る、住宅建築09年4月号の座談会をご一読下さい)

これまでの仕事を見て、
「プロダクトのような家がつくりたい、
車のように家が売れないか?」と挑発してきた商社の方がいる。

家が車のように土地から解放されるか?、
家具のようにプロダクトになり得るか?
それはとても難しい。

しかし、その先にこれからの日本の住宅のヒントがあるような気がする。
あの、前川国男さんだってプロダクト住宅(プレモス)に挑戦したのだ。
先は全く見えないが、考えてみたいと思う。
小さな家の勉強会


b0014003_1034157.jpg


設計:伊礼智設計室(伊礼智 島華子)
施工:相羽建設
by satoshi_irei | 2009-03-20 11:10 | ・i-works 2008 | Trackback | Comments(8)