カテゴリ:・15坪の家( 1 )
15坪の家 おさらい
カメラマンの西川さんより写真が届きました。
15坪の家は「住宅建築2009年5月号)、
(住む 2009年夏号 №30)で詳しく取り上げていただいていますので、
そちらもご覧下さい。

設計:伊礼智設計室(伊礼智 小倉奈央子)
施工:国工務店



b0014003_11241158.jpg
建坪7,5坪、延べ床面積15坪、4人家族のための小さな家です。
元々この地に住み、老朽化した住まいの建て替えです。
b0014003_17214657.jpgb0014003_17204131.jpg

1階は奥にいくに従って、床が下がっていき
潜り込むような子供部屋が奥行き感をつくっています。
小さな家で、どう「奥行き」を創り出すか?は大事なことだと考えています。


b0014003_1126262.jpgb0014003_11255737.jpg



加えて、小さな家だからこそ、廻れる動線を仕込んであります(文机を仕込みました)。
その動線の先々に居場所がある・・・
それが小さな家で暮らすストレスを軽減させてくれる。


b0014003_17205584.jpg
床が家具になったり、ハシゴが本棚になったり・・・
建築と家具が緩やかに繋がり、融合するような住まいでないと、
この家は成立しないのではないか?と考えて設計を始めました。
小さな住まいの中に小さな居場所をあちこちに創っています。

b0014003_17244161.jpgb0014003_17254219.jpg


住まいは居場所なんだと思います。
小さくても居場所がたくさんある事が大事なような気がします。

b0014003_1724981.jpg
b0014003_17223091.jpgb0014003_17233452.jpg


小さな居場所が住まいの楽しさへと繋がり、
小さな家の閉塞感を解消するのではないでしょうか?


b0014003_1726286.jpg

b0014003_11301118.jpgb0014003_11295615.jpg

b0014003_11303620.jpg


小さな家だからと言いって、どこもかしこも小さくてコンパクトにまとめると
どこかストレスを感じるのではないか?と考えました。
お風呂はロフトへと繋がる吹き抜け・・・
ロフトの小窓を開けるとロフトに繋がり、風と熱気が抜けていきます。
天井付近にある、換気扇のメンテナンスにも使用します。

b0014003_17253321.jpgb0014003_17263841.jpg



b0014003_172659.jpg
b0014003_17274431.jpg

ロフトは奥に荷物を入れ、
手前に空へ抜ける小さな居場所をつくりました。
空に抜けた籠もるような空間です。

b0014003_17265965.jpgb0014003_17283293.jpg


担当の小倉が書いたスケッチです。
建築と家具が緩やかに繋がって
いろいろな居場所ができればと思いました。

b0014003_23213198.jpg
b0014003_23231568.jpg

b0014003_1131068.jpg
by satoshi_irei | 2009-03-13 17:27 | ・15坪の家 | Trackback | Comments(4)