カテゴリ:・那珂湊の家( 2 )
那珂湊の家(2007)
カメラマンの西川公朗さんから那珂湊の家の写真が届きました。
竣工して1年近く、庭の緑のスクリーンも馴染み、
海のイメージのダイカンドラと白砂の対比もはっきりしてきたようです。
延べ床62坪の2世帯住宅、
中央の吹き抜け空間で2世帯の距離を取っています。

大きな住まいは設計が凡庸になりやすい・・・、
あるいは「脅し」の効いた空間に陥りやすい。

いつもの小さな住まいのように、小さな居場所をつなげていって
大きな生活空間をまとめています。

明るいところと暗いところ、狭いところと広いところ、
低いところと高いところ・・・など逆の感覚を
相互繋げて、組み立ててみました。


b0014003_1633475.jpg

南側の外観と東側の外観・・・至って普通(笑)。
外壁は火山灰(そとん壁)のかき落とし仕上げ。


b0014003_16334060.jpg

玄関に入ると、トップライトに照らされた壁が走り、
意識が坪庭と空とに向かいます。
奥行きと高さを感じて上がり框を上がります。
そこは天井高さが1860.グッと天井を押さえてあります・・・
その向こうにトップライトのある吹き抜けたホールがある。

明るさと暗さ、高さと低さ、長い距離と囲われた感じ・・
・これらの感覚を「入れ子」にして空間を組み立てています。


b0014003_1634256.jpgb0014003_16344821.jpg

タテに高いホールを抜けるとダイニング。天井の高さは2100に抑えてあります。
そこから吹き抜けたリビングと外部へ視線が抜けていきます。
壁は火山灰(薩摩中霧島壁)のハケ引き、調湿・消臭効果に優れます。
天井も火山灰(ビーナスコート)。

b0014003_16353426.jpg

敷地境界はずっと先。外部周辺からプライバシーを守りつつ、緑で囲んでいます。

b0014003_1636344.jpg
2階の子供達のリビングからの見下ろしです。
子供達のリビングを介して、トップライトで空に抜けたホールへ繋がります。

障子はいつもの吉村障子、組子の割付から開口寸法を合わせていきます。


b0014003_16364623.jpg
b0014003_16374632.jpg
寝室からの見下ろし。
リビングの吹き抜け部分に繋がる寝室は、
両脇にクロゼットのある通路を抜けてアプローチ、
その手前に空に抜けたホールがあります。
ここでも狭さと広がりの「入れ子」になっています。

b0014003_16381346.jpg

1階の小さな和室。
2世帯共通のお茶の間的な存在です。
お仏壇や神様のいる空間です。

b0014003_16371275.jpg

ホール上部は3連のトップライトで空に抜けていきます。
ぐるりと廻れる動線上に
子供達の部屋やトイレ、ピアノコーナー、寝室が配置されています。
(トップライトの見上げ写真は伊礼撮影)

b0014003_16383711.jpg
b0014003_1719250.jpg


設計:伊礼智設計室(伊礼智 森泉綾)
施工:自然と住まい研究所
写真:西川公朗


オープンハウス時の様子
by satoshi_irei | 2008-10-25 17:23 | ・那珂湊の家 | Trackback | Comments(2)
那珂湊の家
那珂湊の家のオープンハウスが終了しました。
2日間で150人くらいの来場者だったのではないでしょうか?
遠くは姫路や愛知からもいらしていただいてありがとうございました。

現場はどたばただったようですが、何とかご覧いただける水準までに
達していました、、、、中山さんはじめ、お疲れさまでした。
那珂湊の家の様子はすこしづつ、アップしていきたいと思います。


b0014003_13372617.jpg


外部はいつものようにシラス「そとん壁」T-3番(今や伊礼色とよばれる特注色)の書き落とし。
2間のフルオープンできる木製建具がメインの開口です。

b0014003_1340442.jpgb0014003_1342949.jpg
b0014003_13403597.jpg

内部は同じシラスの「薩摩中霧島壁」のはけ引き仕上げ。

b0014003_13435298.jpg

今回はよけいなラインを消してよりシンプルに仕上げています。
家具は機能ですから、家具の配置は機能を配置する事になります。
いくつもの居場所をつくって、大きな空間に小さな、たくさんの性格を与えます。

b0014003_13443214.jpg

階段ホールはもうひとつの吹き抜け。
外壁に面しない家の中にあるので空に抜けるように考えました。
2階はこのホールの廻りを廻れるようにしてあって
光や風が舞う感じがします。

b0014003_13464958.jpgb0014003_134744.jpg


東側の外観です。
車3台分のカーポート、右側からアプローチします。
外物置のコンクリートの囲いに守られながらアプローチすると
玄関にたどり着きます。
中に入るとテラコッタタイルの玄関、その左がホール、
真っすぐいくと1坪の坪庭を通って台所の勝手口へたどり着きます。
玄関の天井高さは1860、、、ちょっと自慢(笑)。
そこを通って、空に抜けるホールへ繋がります。

b0014003_22483362.jpg

南の庭はずっと先までが敷地、、、
今回は建物周辺だけ整備して、春頃、またその周辺に植栽(常緑)を増やしていく。
障子はいつもの吉村障子。

b0014003_22493030.jpgb0014003_22494482.jpg
b0014003_22534240.jpg

今回、少し意識して、線を消していったらどこかシュールな感じになりました。
家具で機能を配置して、小さな心地よい空間を散りばめているので
空間はこれくらいシンプルな方がいいのかもしれません。



那珂湊の家(2007)
設計:伊礼智設計室(伊礼智 森泉綾)
施工:自然と住まい研究所
by satoshi_irei | 2007-12-03 23:01 | ・那珂湊の家 | Trackback | Comments(2)