カテゴリ:・東京町家 あずきハウス( 5 )
東京町家・あすきハウス
カメラマンの西川公朗さんからあずきハウスの写真が届きました。
秋口に室内を撮ったのですが、あいにく、天気が悪く、先日撮り直していただいたのです。

あずきハウスはご夫婦二人のための仕事場付きの住まい。
延べ床19坪のOMソーラーを取り入れた、
見えない空気と熱がデザインされた小さな家です。

「シブかわいい家にしてほしい」というリクエストに、
まるで昔から建っていたかのような、下町のあずき色をした外観の地味な家にしましょうか?
目だたない佇まいにしましょうよ・・・ということで
旗状敷地のアプローチの外観は建物がほとんど見えないようにしてあります。

b0014003_11232564.jpg
モミジのアーチをくぐって縁側にたどり着きます。

b0014003_11434774.jpg
玄関は鎧戸と和紙を編み込んだスクリーンを網戸かわりにした2本建ての引戸。
玄関に入ると地窓から南の小さな庭が見えます。
リビングは木製建具、外から雨戸、網戸、ガラス戸、障子の構成。

b0014003_11313931.jpg b0014003_11442589.jpg

b0014003_11322237.jpg
衝立のような家具の向こう側が奥さんのアトリエ、
こちら側がリビング兼打ち合わせコーナーとなります。

b0014003_1132508.jpgb0014003_11335100.jpg

ニッチのあるか部の裏に冷蔵庫(階段下)。
キッチン奥の勝手口にはブラインドの生地を利用した網戸が仕込まれていて
既製のアルミサッシュの勝手口の印象を和らげています。


b0014003_11334463.jpg
仕事場とリビングの関係が良く分かる写真です。
衝立のように置かれた家具の回りはぐるぐる廻れるようになっていて
まるでこの家の生活を司るかのように、暮らしのモードを制御しているように思います。

b0014003_11341337.jpg

2階の寝室の脇には小さな和室があります。
中に浮いた家具の中にはお茶のセットがあって、抹茶を点てて飲んだり、
ごろごろと寝っ転がったりと多目的に使えます。

b0014003_11343436.jpg

お風呂はベランダに開けた木のお風呂。
OMソーラーの乾燥した暖かい空気は
この洗面室、写真には写っていませんがそれにつながる納戸に
吹き出してくるように設計されて、水回りの乾燥に役立っています。
意図していなかったのですが、OMの乾燥空気のおかげで
納戸が洗濯物乾し場になって、大活躍のようです。

b0014003_1135096.jpg


設計:伊礼智設計室(伊礼智 森泉綾)
施工:相羽建設

あずきハウスの中の小さな風景

土曜住宅学校いよいよ申し込み受付開始らしい
by satoshi_irei | 2008-07-17 11:54 | ・東京町家 あずきハウス | Trackback | Comments(6)
東京町家 あずきハウス 4
b0014003_2011195.jpgb0014003_20113355.jpg
あずきハウスの近況です。
庭のモミジが芽吹いてリビングの開口を受け止めています。

写真左の家具の向こうが奥さんのオフィス。
仕切りの家具の一部がOMソーラーのたち下がりダクトスペースとなっています。


b0014003_2140756.jpg
2階の寝室に付設する1坪の和室。
寝室脇の和室は予備室、旅館でいうと次の間やシッティングルームのように
ゆとりの空間になります。
延べ床19坪の小さな家なのにゆとりの空間があるというのが不思議ですが,,,(笑)。

b0014003_20121140.jpgb0014003_20122593.jpg


設計:伊礼智設計室(伊礼智 松長浩子 森泉綾)
施工:相羽建設
by satoshi_irei | 2007-06-11 21:23 | ・東京町家 あずきハウス | Trackback | Comments(0)
あずきハウス 3
b0014003_1613692.jpgb0014003_16132129.jpg
b0014003_16134494.jpgb0014003_16135778.jpg
あずきハウスの1階はリビングと奥さんの小さなオフィス。
背の高さほどの造り付けの家具で緩やかに仕切っています。
その家具は廻れるようになっていて圧迫感を解消、、、。

2階の寝室の脇には2帖のタタミコーナー。
俵屋旅館のウェティングコーナーのような小さな「ゆとり」の空間です。
小さな家なのに,さらに小さな空間を設えるのはどうか?と
考える方もいらっしゃるかもしれません、、、。
「空間が機能を創りだす」という事もあり得るのでは?。

天井の低い空間、高い空間,細長い空間、正方形の空間、
1段上がった空間、明るいところ、暗いところなど
いろいろな空間が住まい手に働きかけて、
その空間の使い方、接し方を喚起するのだと思います。

b0014003_16175041.jpg

浴室は壁、天井、浴槽、、、全て木でできています。
外に開放されたお風呂場はちょっとした旅館気分。

OMソーラーの暖かい、乾燥した空気を2階まで立ち上げて、
手前の洗面所の床下に流しています。
洗面所の床が少しでも底冷えが解消できるよう、
また、水回りの湿気が飛ぶようにとの配慮です。

先日訪れた時、モミジも芽吹いて、
少しずつ建物と庭が馴染んできました。
アプローチに手を入れて、庭を苔が覆った頃、また訪れたいですね。

b0014003_17565067.jpgb0014003_1757490.jpg

東京町家 あずきハウス
設計:伊礼智設計室(伊礼智 森泉綾)
施工:相羽建設(監督 早川真)
by satoshi_irei | 2007-05-01 16:14 | ・東京町家 あずきハウス | Trackback | Comments(0)
東京町家 あずきハウス2
b0014003_9242813.jpg


リビングから庭を望むアングルです。
モミジが芽吹いてきたところ。


b0014003_9244614.jpg



あずきハウス
設計:伊礼智設計室(伊礼智 森泉綾)
施工:相羽建設(監督 早川真)
by satoshi_irei | 2007-04-29 13:02 | ・東京町家 あずきハウス | Trackback | Comments(0)
東京町家 あずきハウス(07)
b0014003_176855.jpg
先日、あずきハウスにお邪魔してきました。
庭のモミジが芽吹いてしっとりした雰囲気となっていました。
(写真は竣工時)

その辺りで、あずきハウスのカテゴリを作っておこうかと、
おさらいも兼ねてアップしたいと思います。

旗状敷地の奥にひっそり建ち、道路から気づかない佇まい。
「あずきハウス」の由来は、「渋カワイイ家にしてほしい」というご要望に応えて、
下町の古い小さなあずき色に塗られた家なんてシブいから、
あんな色にしましょうか(笑)という事から、、、。

さすがに、あそこまでシブいのはちょっと、、、とシブられて(笑)、この色に落ち着いたのですが
そこは、あずきさん、、、「あずきアイスの豆のいろ」と無理矢理こじつけてきました(シブい)。


b0014003_1764572.jpg

旗状の敷地の長いアプローチ(といっても小さな家なのですぐ玄関にたどり着く)の正面に
モミジのアーチができて、そこをくぐり抜けると縁側に到着、、、
そこの廻りは苔庭(小泉八雲の庭)にしたいとのこと、、、これからが楽しみです。


東京町家 あずきハウス(建坪10坪、延床19坪 OMソーラー搭載)
設計:伊礼智設計室(伊礼智 森泉綾)
施工:相羽建設(監督 早川真)
by satoshi_irei | 2007-04-28 17:18 | ・東京町家 あずきハウス | Trackback | Comments(2)