カテゴリ:・住まい・建築( 2312 )
志木の家(2002) 4
b0014003_2032219.jpg

階段は単に上り下りする「もの」と考えるのはなくて、
移動する事によって、その空間を意識する、
あるいは楽しめるような「装置」として
デザインしなければいけないのでしょうね。

住宅の名作の中にも
ほれぼれする階段がいくつも
思い浮かびます。

いつもがんばろうと思いつつ、
でも、実際は無理をせず、
必要な範囲で、取り合いに気をつけて
納める程度にしています。

設計 伊礼智
   大原麻里(元 所員)
施工 相羽建設



b0014003_20321796.jpg
by satoshi_irei | 2004-09-14 20:36 | ・住まい・建築 | Comments(0)
志木の家(2002) 3
b0014003_14394118.jpg

リビングの北側の奥にダイニングがあります。
北側のお宅に迷惑をかけないように、閉じた北壁を利用して、
庭との最大視覚をとることにしました。
採光はトップライトから、通風は脇の窓からとっています。

定位置(落ち着いて座る場所)の背に壁を背負うと、なぜか落ち着きます。
何だか、沖縄のクサテ(腰当)の考えと似ています。
子供が最も安心していられる形というのは、
親の膝に抱っこされて、座っているとき
・・・というのがクサテ(腰当)の考えです。
沖縄の集落はそんな形で広がっていきました。

b0014003_14384665.jpg

住まいの中で、いたるところに窓をつけるのではなくて、
自分を受け止め、包んでくれる壁が重要だということです。
むしろ、窓、開口は、かなり意識的に設けるべきでしょう。

設計 伊礼智
   大原麻里(元 所員)
施工 相羽建設
by satoshi_irei | 2004-09-12 14:41 | ・住まい・建築 | Comments(0)
志木の家(2002) 2
b0014003_19585491.jpg


b0014003_19592164.jpg


リビングはフルオープンできる
木製建具で庭へと繋がります。

床は木曽の赤松、壁は火山灰でできた
左官壁(薩摩中霧島壁)。
調湿・消臭効果に優れ、化学物質を
いっさい混ぜない自然素材100%です。
天井は沖縄の月桃紙(げっとうし)・・・
沖縄のハーブといってよい植物からできた和紙です。

新鮮空気を屋根で暖め、室内に取り入れるomソーラーの空気と
自然素材で包まれた室内には目に見えない快適さが漂います。

設計 伊礼智
   大原麻里(元 所員)
施工 相羽建設

b0014003_19593525.jpg


   
by satoshi_irei | 2004-09-11 20:08 | ・住まい・建築 | Comments(0)
志木の家(2002) 1
b0014003_14162637.jpg

「志木の家」は、ご両親から受け継いだ和風の庭を残しつつ
建て替えを行いました。

庭だけでなく、古い家の、背比べをした柱や
黄色い厚板ガラスなど・・・
それらを新しい家に残したいとのこと。
このような住まいの記憶をどう新しい住まいに繋げていくか・・・。

まず、新しい住まいを既存の和風の庭園に、
徐々にグラデーションを描くように馴染ませようと
「庭と住まいの間」・「街と住まいの間」を
ひと工夫してみました。


b0014003_14161245.jpg

今考えると、古い記憶と
新しい住まいの間を考えることが
この家のテーマだったのかも知れません。

設計 伊礼智
   大原麻里(元 所員)
施工 相羽建設
 

b0014003_14164135.jpg
by satoshi_irei | 2004-09-11 14:28 | ・住まい・建築 | Comments(0)
 omソーラーハウス 逗子の家(2003) 6
ロフトの話し

b0014003_19251580.jpg

























最近はロフトを利用した収納など、ロフト利用の設計が多くなりました。
ここのお宅は、手前は子供のエリアとして使っていただき、
奥の引き戸の点検口を開けるとomのハンドリングボックスのある機械室となっています。

b0014003_19262487.jpg


















b0014003_9541575.jpg

















小屋裏の温度設定で小屋裏換気扇が廻る仕掛をしています。
夏の間はこの引き戸を開けて、小屋裏の熱気も同時に持っていってもらいます。(冬の間は閉めています)
階段上のトップライトも電動式で夏は大活躍です。

設計 伊礼智 (協力 椿千賀子)
by satoshi_irei | 2004-09-04 19:35 | ・住まい・建築 | Comments(0)
omソーラーハウス 逗子の家(2003) 5
加温ボックス付き切り替えダンパーボックスの話。

b0014003_19132126.jpg


























2階リビングの家でomソーラーシステムを搭載するとき、
加温ボックス付き切り替えダンパーボックス(タイマー付き)はとても便利です。
普通ですと、補助暖房時に1階の床を暖め、何時間も経って、
気が遠くなったころ頃に2階の部屋へ暖気が登ってくる(笑い)。
でも暖かくない・・・と言うのが2階リビングの家の痛い点でした。

この装置を使えば、補助暖房時は2階室内へ直接吹き出すモード、お日様が上がった頃に、
タイマーで床下蓄熱モードに切り替え、太陽の「請求書の来ない熱」で夜のために蓄熱します。

化石燃料で作った熱を蓄熱して、太陽が昇ってきたときには蓄熱土間が
おなか一般なんて、ちょっともったいないですよね。

omのoは「面白い」、mは「もったいない」ですから・・・ぴったりの装置と言えます、大変な優れ物ですね。
1階リビングの時でも、もちろん便利です。ここではカウンターの中に組み込んで
黒色に着色し、木製ガラリで目立たなくしています。

設計 伊礼智(協力 椿千賀子)
b0014003_1850206.jpg

by satoshi_irei | 2004-09-04 19:14 | ・住まい・建築 | Comments(0)
omソーラーハウス 逗子の家(2003) 4
b0014003_1030361.jpg





















2階には大きなベランダがあります。
前の家からの視線を避けて、敷地の形状から最も視界が開ける位置として設計されています。
視界が開けるところは風も抜けていきます。
ついでに東側のお宅の庭も借景させていただきました。
風は抜けて欲しい、でもプライバシーはある程度守りたい・・・ということで縦格子の建具を仕込んでおきました。
状況に応じて開閉して使います。


b0014003_19525618.jpg














2階は半戸外のリビングであり、物干しのスペースでもあります。
西側のアプローチ側からも視界が遮られるように、
フラットバーのフレームには簾が掛けられるようになっています。

設計・伊礼智(協力 椿千賀子)
by satoshi_irei | 2004-08-30 20:01 | ・住まい・建築 | Comments(0)
omソーラーハウス 逗子の家(2003) 3 リビングルーム
b0014003_1049474.jpg

北面の竹林をリビング一杯に取り入れたいと想っていました。
しかし、クライアントは永久的にそれがあるわけではないことを心配され、
ちょっと遠慮がちに、清涼感のある竹の風景を切り取りました。
西南の開口から入った風がその窓へ抜けていきます。

階段は冷房時に冷気が下へ落ちていかないように、腰高の建具を仕込んであります。

b0014003_1864773.jpgb0014003_1865778.jpg




















ロフトは吹き抜けで繋がり、2階リビングの熱気はロフトを通して
階段上部のトップライトから抜けていきます。

設計・伊礼智(協力 椿千賀子)
by satoshi_irei | 2004-08-29 18:07 | ・住まい・建築 | Comments(2)
omソーラーハウス 逗子の家(2003) 2 リビング
b0014003_20121542.jpg

木のテイストを残しつつも白い空間を望まれたクライアント、
壁・天井はルナファーザーのペンキ仕上げ、床は木曽の赤松でまとめてみました。

2階リビングでのomソーラーには補助暖房付き切り替えダンパーが欠かせません。
冬の朝、補助暖房時に室内へ吹き出し、室温を急速に上げて、
太陽が登る頃には、床下蓄熱モードに切り替えるという優れものです。
電動(タイマー付き)と手動が選べます。

手動にすると、ダンパーを半開きで止めることができ、
半分は室内吹き出し、半分は床下へ送り込むという使い方もできます。
電動と手動・・・どちらがいいか?・・・迷うところです。

設計・伊礼智(協力 椿千賀子)

b0014003_2072574.jpg

















b0014003_2073693.jpg
by satoshi_irei | 2004-08-28 20:11 | ・住まい・建築 | Comments(0)
omソーラーハウス 逗子の家(2003) 1
b0014003_18534551.jpg






























閑静な住宅地の一角に建てられたこの家は
鎌倉よりの逗子らしい空気に包まれた環境に助けられ、
すがすがしい家になりました。

北側に竹林が望める2階リビングの家。
南には唐松の板に囲われた。半戸外的な大きなベランダがあり、
木製建具でフルオープンできるようになっています。

b0014003_18171467.jpg

omソーラー搭載の
「見えない空気と熱がデザイン」されたこの家は
心地よい温熱環境が保たれているとのこと・・・。

今年(2004)の猛暑も冷房数日で乗り切ったようです。
その根拠を少しづつ解説していきましょう。

外壁・・・火山灰系の左官材である
「そとん壁」(高千穂ライフニクス)。
100%自然素材で吸放湿性が高く、
建物廻りの微気候を整え、
それが快適さに役立っているのかも知れません。

設計・伊礼智 (協力 椿千賀子)
施工・安池建設
by satoshi_irei | 2004-08-28 19:56 | ・住まい・建築 | Comments(0)