カテゴリ:・琵琶湖湖畔の家( 1 )
琵琶湖湖畔の家(風景を取り入れ、風景に溶け込む)
谷口工務店・谷口社長の住まい「琵琶湖湖畔の家」が完成し、無事住み始めました。
この家のテーマは「風景を取り入れ、風景に溶け込む住まい」。
この地に住むなら、景観を受け入れ、景観に寄与する設計をしなければ・・・と素直に思えました。

これまでの設計の標準化による磨きを掛けてきたピースを積み重ね、
表動線と裏動線が繋がり、自分らしい動線が楽しいプランとなりました。

設計:伊礼智設計室
施工:木の家専門店 谷口工務店
造園:荻野景観設計
写真:西川公朗


b0014003_13324895.jpg
b0014003_17124515.jpg
b0014003_13351079.jpg


造園家の荻野さんが琵琶湖湖畔の植生を庭まで繋げてくれました。
石垣は庭を掘り起こした時に出てきたもの。
荻野さんが「伊礼さんらしい、どこか沖縄の感じ」とおっしゃっていました(笑)。

b0014003_13464932.jpg


2階がリビング、北側に琵琶湖が望めます。

b0014003_13354734.jpg
b0014003_133695.jpg

北側の開口部近傍にデイベッドを設え、庭と琵琶湖が繋がる風景を楽しめます。

b0014003_133739.jpg
b0014003_13372752.jpg


南は桜並木がある遊歩道・・・冬にたっぷり日差しを入れる事ができます。


b0014003_1339075.jpg


1階の主寝室からも琵琶湖が望めます。
ここでは障子にひと工夫、回転障子で直角に障子を戸袋に納めています。
1階は床下吹き出しエアコンで床暖房、床に仕掛けたフラップで
床下と室内直接吹き出しに切り替えができます。
温風は床下へ、連風は直接部屋へと吹き分けます。

2階に設置した薪ストーブ使用時には軸流ファンを利用して、
ストーブの暖気を1階の床下に送り込む仕組みも用意してあります。

b0014003_17183725.jpg
b0014003_17185984.jpgb0014003_17191657.jpg

ハナレは谷口社長の趣味である、お茶会も催す事ができます。
桜のシーズンには眼の前に、既存の桜を望み、奥の琵琶湖と景色が繋がります。


b0014003_1340994.jpg
b0014003_13431842.jpg

ガラリも仕込んであるので夏の日射遮蔽に効果があります。
フルオープンにして景色を取り込み、琵琶湖湖畔に溶け込むような建築となる事を願っています。


b0014003_13452428.jpg



■伊礼智設計室では若い方、学生向けにオープンデスクを受け付けます。
 住宅をメインとする建築家のありのままの事務所の姿を経験していただければと思います。
 
受け入れ条件
* 25歳まで!男女問わず。
* 伊礼智設計室の作風が好きな方。
* 健康(精神的にも)な方
* 2週間〜、フルタイム来ていただける方。空き時間だけという方はご遠慮ください。
* 就業時間は9時半からから7時半(定時)まで
 (夜も遅くまでということもあり得ます、徹夜はありません、笑)。
* タバコを吸わない方
* スケッチか模型作製、どちらかうまい人
*期間は2週間を目処にフルタイム来ることができる方(必須)
 たまに事務所の「まかない」(無料)あります。

*連絡先 irei@interlink.or.jp 伊礼智まで 



(有)伊礼智設計室
住所:〒171−0031 東京都豊島区目白3−20−24
電話:03−3565−7344(FAXとも)
メール:irei@interlink.or.jp



i-works project ホームページ
アマゾン 伊礼智の小さな家・70のレシピ
アマゾン 「伊礼智の住宅設計」(エクスナレッジ)の申し込みはこちらから
アマゾン 「伊礼智の住宅設計作法」(アース工房) ご購入はこちらから

伊礼智設計室プロフィール
設計条件
主な仕事



face book
twitter

「伊礼智の住宅設計作法」は建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2016-06-25 13:50 | ・琵琶湖湖畔の家 | Trackback | Comments(0)