カテゴリ:・三重 内に外を持つ家( 1 )
三重・鈴鹿 内に外を持つ家
「内に外を持つ家」、3人家族のための、延べ床面積30坪ほどの住まいです。
プライバシー守りつつ、外に開くあり方を探ってみました。

設計:伊礼智設計室(伊礼智 一場由美)
施工:阿部建設
造園:荻野寿也


b0014003_11354727.jpg




アプローチから建物内部に入ると内部化された庭が現れます。


b0014003_20191447.jpg



囲われた中庭の壁はそのまま立ち上がり、2階部分も包み込みます。
アオダモの木が、うがたれた屋根から空へ顔を出します。
(アオダモは成長がかなり遅い木・・・このような条件に打ってつけです)
緑を身近に感じる半戸外のバルコニー空間。





b0014003_11463226.jpg

b0014003_12282761.jpg

b0014003_12284727.jpg


リビングと庭の関係。
開口部は片引き込みの木製建具、
外から網付きガラリ戸、ガラス戸(ペア)、明かり障子のいつもの構成。


b0014003_20131775.jpg
b0014003_1611568.jpg
b0014003_15313163.jpg

b0014003_16143381.jpg


b0014003_16237.jpg

梁をさけるようにうねった天井(カモメ天井とも呼ばれています)は
光も音も空間も和らいだように感じます。
壁の仕上げは高千穂のシラス漆喰・・・シラスと漆喰の良い部分をあわせ持ちます。




b0014003_15254636.jpg

b0014003_20133717.jpg






斜めに飛び出したコーナーはご主人の書斎。
小窓から中庭の植栽が楽しめます。

b0014003_20133687.jpg




内に外を持つ家のディテール。
床下からの温風吹き出し口は施行してくれた阿部建設の大工の手によるもの。
空気集熱式ソーラーシステムを導入した住まい用に阿部建設が工夫したディテールです。
もともとは丸谷博男さんがはじめたものですが、独自の工夫を取り入れ
風量調整ができて、使いやすく、丈夫で完成度も高い。


b0014003_030594.jpgb0014003_031978.jpg

b0014003_031038.jpgb0014003_032328.jpg


この家ではエアコンを床下に吹き込んで床暖房を試みています。
冬は床がフラップのように開いて、温風を床下に吹き込み、
夏はフラップを閉じて冷風を室内に直接出します。

設定温度22℃、風量を強で吹き込んで
床の表面温度を測ってみたら、エアコンから遠いトイレの温度でも18℃、
そのほかは20℃前後ありました・・・なかなか良い結果です。

b0014003_15452741.jpg
b0014003_15455376.jpg b0014003_15453987.jpg


簡単なアーム付きペンダントも創ってみました。

b0014003_15474829.jpg






















(有)伊礼智設計室
住所:〒171−0031 東京都豊島区目白3−20−24
電話:03−3565−7344(FAXとも)
メール:irei@interlink.or.jp



i-works project ホームページ
アマゾン 伊礼智の小さな家・70のレシピ
アマゾン 「伊礼智の住宅設計」(エクスナレッジ)の申し込みはこちらから
アマゾン 「伊礼智の住宅設計作法」(アース工房) ご購入はこちらから

伊礼智設計室プロフィール
主な仕事

face book
twitter

「伊礼智の住宅設計作法」は建築専門書店 南洋堂からもお取り寄せできます
ブログのトップへ
by satoshi_irei | 2015-01-09 16:16 | ・三重 内に外を持つ家 | Trackback | Comments(0)