スタンダード住宅の可能性を探る
4月23日、24日は大阪にて「れんれんゼミ」が開催されます。
ぼくも23日に「工務店が身につけるべき技術としての、設計標準化を解く」という
お題をいただいて40分ほどお話をさせていただきます。

設計の「標準化」とは何か?・・・
それは「作風」であり、作り手のプライドを支えるベースとなるものであり、
決して省力化やコストダウン、スピードアップなど
経営的なメリットのためと受け取って欲しくない・・・
そんなスタンスがむしろ、コンサル風にいえば「仕事の受注を増加させ、
お客様の満足度を上げる」(笑)ことに繋がっていくはずだと考えています。

興味のある方は下記、事務局までお問い合わせ下さい。

【お問合せ】 
町の工務店ネット事務局
〒605-0878京都市東山区大和大路通五条下る一丁目東入芳野町101番地1
tel.075-533-7166 fax.075-533-7188  e-mail info@bionet.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 工務店がつくる家----スタンダード住宅の可能性を探る!

主催 (協)もくよう連 + 町の工務店ネット 共催 ヤマトタテルの会
日時/4月23日12:30開始(水)~24日12:00終了(木)
開催地/大阪・立売堀 建設交流館  
参加費/20,000-(懇親会費含む)
バス建物見学会:5,000- 
設計者のための講習会:7,000-

(主旨) 今、業界は改正基準法に揺れています。
一方、福田首相の目玉政策として「長寿命住宅」が打ち出されました。
フロー型からストック型への流れの中で、改めて工務店がつくる家とは何かを問います。
今回は、スタンダードな家を追求してきた建築家を中心に、
数々の具体的な提案をしてもらいます。
工務店はこれに学んで実践し、秋の「れんれんゼミ」でその発表会を開きます。
まず大阪に集おう! パワーを全開させよう!

[プログラム]
・大阪人の知恵・MOKスタンダードとは?  三澤康彦(Ms建築設計事務所)
・木造ドミノ(長寿命・高性能・低価格をテーマにして)  半田雅俊(半田雅俊設計事務所)
・工務店が身につけるべき技術としての、設計標準化を解く 伊礼智(伊礼智設計室)
・工務店が持つ手技を駆使してつくる、Bio森の家  村松篤(村松篤設計事務所)
・自然循環型住宅を解説し、エネルギー利用の具体を語ります  野池政宏(住まいと環境社)
・評判の町家型住宅の定番学校・中間報告 趙海光(ぷらんにじゅういち)
・メーカー志向でもない伝統回帰でもない、
 クラフツマンの工務店という選択 小池一三(小池創作所)
・今こそ、みんなでパッシブソーラーに取り組もう  永田昌民(N設計室・自然エネルギー研究所)

■ 対談 
 生活者の視点から住宅を再構築する 
 秋山東一(ランドシップ)×小野寺光子(イラストレーター)

24日午後に、普段みられない、バス建物見学会(オプション・お弁当付)を予定しています。
24日午後に、「ソーラーれん」 設計者のための講習会(シミュレーションソフト付)も
オプションで予定されています


b0014003_1105570.jpg
b0014003_1115877.jpg
by satoshi_irei | 2008-04-05 16:58 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/8316211
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kazuo-nakazato at 2008-04-07 15:03
「標準化が作風になる」、最近一番印象に残った言葉でした。
Commented by satoshi_irei at 2008-04-07 15:13
中里さん
標準化されたものが作風です。
水準の高いところで標準化して、
それをベースにまた新たなことにチャレンジするということが
社会性のある、責任ある仕事の仕方だと思います。


<< 布田の家 この頃のお昼ご飯 >>