イタリアの旅1 ヴェネチア
b0014003_9513956.jpg


ヴェネチアに着いたのは16日の夜中近く。
ひと気もタクシーも見あたらない。
とにかくホテルに行かなければ、、、と荷物抱えて真っ暗な、
あのヴェネチアの迷路のような町を横断していきました。
暗さに加えて老眼気味、マップもみえません。ホテルはサンマルコ広場の北側、、、
とりあえず、目指せサンマルコ広場ということで、時々であった人に道を聞きながら
ホテルから送られてきた地図の近くまできた、、、ところがそこからも長かった。

後で知ったのですが、イタリア人の書いた地図は宛にならないらしい(笑)。
結局、近くのホテルのオーナーに泣きついて案内してもらったのですが、
細い路地に面したアパートを改装したホテル、、、
看板も照明が消えて、とても自力では到達できなかっただろうと思いました。

工作員の迷路の中に迷い込んだような気分の初日、、、疲れた(笑)。
工作員の迷路

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

坪井町の町家オープンハウスのお知らせ(3月22日、23日)

千葉県船橋市で進めていました「坪井町の家」のオープンハウスを行います。
延床面積34坪の4人家族のための住まい。
決して広くはない敷地ですが、緑豊かな緑地を残した開発地の一角に建ち、
のどかな雰囲気を残した土地柄に「小さな民家」のような住まいが
合いそうだな?と思いました。

ここで言う民家とは、郊外の農家や下町の古い民家のような、
無邪気に外に開いていて生活感が外に溢れてくるような住まいのこと。

もちろん、現代の住まいでは慎重に外部を取り入れる必要があります。
南に開けた2間幅のフルオープンできる開口部は
1階の床面より300ミリ上げることと、夏の日よけを兼ねた植栽で
通りからの視線をかわしつつ、のどかな外部と繋がります。


日時:3月22日(土)、23日(日) 午前10時〜午後5時頃まで
場所:船橋市坪井町

*見学ご希望の方は03−3565−7344までFAXをお送りいただければ
折り返し地図をお送りいたします。
FAXには 氏名、職業、見学の主旨、FAX番号をご記入願います。
メールでも大丈夫です。e-mail irei@interlink.or.jp

坪井町の町家
設計:伊礼智設計室(伊礼智 島華子)
施工:田中工務店

主な仕様
屋根:ガルバリウム鋼板
外壁:シラスそとん壁かき落とし
内壁:ビーナスコート(火山灰)
 床:唐松、レッドパイン
設備:OMソーラー
by satoshi_irei | 2008-03-19 10:06 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/8195370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kyoco-chan at 2008-03-19 21:59
工作員ちゃんの迷路のような・・・
うん><確かにこれは一度迷ったら、大変だーー。
ヴェネチアかぁぁぁ♡ いいなあ。 イタリアかぁぁ いいなあ。
私はディズニーシーで我慢しようっと(・・・TDSですら行けてないけど)
Commented by 塩地博文 at 2008-03-20 17:04 x
モイスの開発に着手する前は、石材を担当しました。石材会社にも出向したりして、石材の本場イタリアには、数度おじゃましています。
道案内くらいならお任せ下さい。でもベネチアなら、水先案内かも(笑)
Commented by satoshi_irei at 2008-03-20 17:29
kyoco-chanさん
今は地図なしでもヴェネチアは歩けます(汗)
Commented by satoshi_irei at 2008-03-20 17:34
塩地さん
オヤジと水入らずのヴェネチアは勘弁してください(笑)!!
川の流れに身をまかせます。
坪井町の家はモイス使用してますよ。
Commented by kazuo-nakazato at 2008-03-20 18:15
ここには電車で入りませんでしたか?
海の上の鉄橋を延々と走ってヴェネチアに入るのですが。

イタリア旅行はトラブルがつき物ですね。
度胸が付いていいですが(笑)。
Commented by satoshi_irei at 2008-03-20 20:44
中里さん
ツアー旅行がいかに楽か?を知りました。
Commented by tai_soukensya at 2008-03-20 21:49
ヴェネチア…一度は行ってみたい都市です。
10年後の研修旅行で提案してみます(笑)
Commented by satoshi_irei at 2008-03-21 08:20
tai_soukensyaさん
迷路に強くなっておきましょう(笑)。
Commented by かず@神戸っ子 at 2008-03-22 00:12 x
イタリア、いいですね〜
私も今年の秋に、新婚旅行から約10年ぶりに行く予定です。

地図もアテになりませんが、案内もアテになりません。
優しくて良いのですが、自分が良く知らなくても教えようとしてくれて、結果…… (^^;;;

Commented by 小関 at 2008-03-25 11:40 x
ベネチアは、日本人が書いた地図も宛にならなさそうですよね(笑)

ちょうど10年ほどまえ、路地から路地を抜け、
適当にみつけた食堂で、魚のフリッターを食べた記憶が
かすかに甦ります。
今思うと、よく、あの路地から抜け出せたなー。
Commented by satoshi_irei at 2008-03-26 09:10
かず@神戸っ子さん
お久しぶりです。イタリア人はよく知らないのに
自信たっぷりに教えようとする気質のようですね(笑)。
Commented by satoshi_irei at 2008-03-26 09:13
小関さん
強者ですね・・・・。


<< 小さな窓・・・絞り込まれた強い光 オヤジ復活? >>