浜松、中国料理・静華・・・青磁の看板と器
b0014003_13325972.jpg

















静華には看板らしい看板を設けてありません。
もともと地元で名の知れた店だったこと、基本的にディナーは予約でやっていること
などから、いらないでしょう?と判断したわけです。

オープンしているときはメニュー台が外に置かれる程度。
看板といえるものは写真のような、長さ30センチほどの青磁のプレート。
それが室内のイーゼルに置かれて、照明を当てただけです。
この看板とメインの食器を、若き陶芸家の中野吾朗さんに作っていただきました。

宮本さんの「スッキリした料理を出したい」という気持ちと
ぴったり合う「青磁の器と目立たない看板」・・・中野さんの器は宮本さんの料理と良く合います。

設計:伊礼智
施工:番匠
by satoshi_irei | 2004-11-02 13:43 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/803141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 浜松、中国料理・静華・・・掲載誌 浜松、中国料理・静華・・・奥の客室 >>