秩父通い
b0014003_18363548.jpg

写真は秩父、左甚五郎のつなぎの龍

今日はイッチーを連れて秩父へ。
2世帯住宅の設計をさせていただく予定。

2年ぶりの秩父となります。
森屋組が建材の頃、土屋社長に呼び出されて何度か通っていました。
森屋組もなくなり、少し寂しい。

秩父は古いものと新しいものが重層して独特の雰囲気があります。
たぶん、そんなコンテキストを読み込んでいつもとは違う設計になるように思います。
by satoshi_irei | 2008-01-14 18:42 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/7937500
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 居住コース、恒例の宮脇賞 2007年の仕事 >>