伊礼智OM設計スクール 講評の講評
b0014003_1353859.jpg
昨日は伊礼智OM設計スクールの最終回。
午前中に「東京町家 あずきハウス」を見ていただいて、自由学園、明日館に移動
ゲスト講師の吉井歳晴さんの自己紹介を兼ねた講義の後、
吉井さんとともに最終課題の講評。
今回は田中工務店の田中さんも駆けつけ講評からつきあっていただけました。

今回は学生と違って普段、実務をやられている方々です。
講評の軸足をどこに置くかちょっと悩みましたが、
学校と同じでコンセプチャルなアプローチに軸足を置く方が、
頭の体操になっていいのではないかと考えました。

生徒さんの発表の後、まず、ぼくが
それぞれのコンセプトやテーマの組み立て方についての講評を行ない、
後を受けて吉井さん、、、という形になりました。

学校で木下庸子さんとコンビで3年生を見ているのですが、
その時は木下さんが先発、ぼくが後発。
木下さんがプログラム的なアドバイスで、ぼくがコンセプチャルなまとめ方、、、
図面の書き方などの注意、、、という役割。
木下さんが厳しく鬼役、ぼくがフォローをする仏役が定着しています。

今回は吉井さんが厳しく、ぼくが生徒のフォロー役のはずが、
先発に廻ったものですから、どちらかと言えば鬼役、
吉井さんがそれを受けて、ぼくの講評を通訳したり、
生徒さんのやろうとしている事を浮かび上がらせ、より良い方向へ具体的に導く、、、仏役。
あとで周囲の感想を聞く限り、うまくかみ合っていい結果が出たように思います。
何よりも楽しかった。

今回、優秀賞は以下の3人。

b0014003_13523437.jpg
まず、トップで優秀賞に輝いたのが菅組の願化さん。
中間講評の時点では歯科医院付きの住まいとなっていた。
「医院は町とつながりにくいよ」、
「そのような時は建物の余白に出来る小さな中庭がつながるような構成が
あるかも知れない」という類いのアドバイスをしたのですが、
「ギャラリーじぐざぐ」というタイトルでガラリと変えてまとめてきました。
じくざくのプランの間に出来る大きさの異なる中庭が町と応答する。
プランが良く出来ている、とてもうまい、、、、
しかし、模型で見るとメインの中庭に閉塞感がある。
中庭がジグザグに繋がっていないのです。

室内もジグザグに、中庭もジグザグに繋がって、
町をジグザグに取り込むところまでやってもらうとより良かった。

次は同じ菅組の高井さん

b0014003_147912.jpg

レストラン付きの住まい、、、間に大きな中庭をとり、イチョウを植えて、それがシンボルになっているようです。プラン自体はうまいのですが、テーマの組み立てが弱く、凡庸に思えます。
ところが模型を見るとレストランへの町の引き込み方が、地味ですが楽しそうです。
中庭の奥に店と住まいを繋ぐ土間があり、すっと引き込まれるような気がします。
2階ベランダへの階段の位置を変えることで2階のアクティビティが格段に良くなると思いました。

最後の優秀賞は一般参加、福山雅治似の岡村未来子さん。
2番目の得点と言っていいと思います。

b0014003_14192644.jpg

設計事務所付きの住まい。
「くぐり庭」を間にはさみ、奥の庭へのサーキュレーション、住まいのサーキュレーションを確保しています。
中間講評のとき、奥の庭への引き込み(動線)をアドバイスさせていただいていた。
建物を敷地に対して振る事で敷地に余白をつくり出し、
それを繋げる動線を確保して「くぐり庭」の奥への動線をつくり出した。
町が奥へと繋がり、ぐるっと回って帰ってくるのです、、、楽しそうです。

以上の3案は中間のアドバイスを受け止めてより良い方向へ昇華させた。
咀嚼力と展開力に長けていたと思います。
住まいと仕事場、それぞれと町の関係が楽しくデザインされた案でした。

みなさん、お疲れさまでした。
それにしても吉井さんの噛み砕くような分かりやすい講評からはたくさんの事を学びました。
今回のスクールのさまざまなところに気を配り、それぞれとうまい関係を図りながら
スクールを盛り上げていく、、、、吉井ワールドですね。
おそらく、吉井さんの普段の設計の仕事の仕方がこうなのではないかと思いました。
ぼくにはできません(笑)

吉井さんは帰納的な作り方、ぼくは標準化していますから演繹的です。
軸足が住まい手か、つくり手なのかに分かれるように思いました。
ぼくはクライアントの要望でさえ、そぎ落とす手法ですから(笑)、、、、
とにかく、密度の高い時間を得られました。
吉井さん、ありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

石神井台の家 オープンハウスのお知らせ

練馬区石神井台で進めていました小さな家が完成します。
直角がひとつもない変形した敷地に建つ、4人家族のための住まいです。
5角形の母屋?にブリッジを架け、下をカーポート、
上を和室とご主人の小さな音楽室としています。

直角がない敷地は方位を掴むのも苦労しました。
4角い単純な形でまとめる考えもあったのですが、5角形に変形した敷地を活かして
室内に通常の感覚とは異なる空間ができ上がるのもむしろ楽しく、
その土地ならではの豊かな解答になると考えました。

壁掛けの普通のエアコンを床下に吹き出し、輻射冷暖房を試みています。
小さなスペースとは言え、冷房がどの程度有効に働くか楽しみでもあるのですが、、、、。

お時間ございましたら是非、いらしていただきたいと思います。

                                   

・日時 12/15(土)、16(日) 午前10時00分〜午後5時頃まで
 申し込み先:伊礼智設計室 TEL/FAX 03-3565-7344
 折り返し地図をお送り致します。

・場所 東京都練馬区石神井台
 最寄り駅:西武新宿線 上石神井駅 徒歩12分
                
・設計監理 伊礼智設計室(伊礼智、森泉綾)
・構造設計 黒岩構造設計事ム書
・施工 相羽建設(監督 早川真)
by satoshi_irei | 2007-12-07 14:31 | ・住まい・建築 | Trackback(1) | Comments(12)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/7795905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 三代目のダイアリー at 2007-12-07 17:19
タイトル : OM伊礼智設計スクール終了
昨日は目白の自由学園でOM伊礼設計スクール最終回 東西の住宅設計のトップランナーである伊礼智さん、吉井歳晴さんを交えての設計課題の審査に生意気ながら参加させて頂きました。 課題は現伊礼設計室の土地を見立てた物で「働く場のある住まい」がテーマ それぞれに特徴があり、私なりに楽しみながら多少の講評も致しました。 建築家お二人の視点は鋭く、技量レベルを判断しながらの講評は頷ける物ばかり、私も勉強させて頂きました。 お一人を除き、全てが工務店の設計担当 東京、千葉、神奈川、長野、静岡、大阪、京都、...... more
Commented by Shogo at 2007-12-07 17:55 x
伊礼さん、お疲れ様でした! 昨日は、非常に盛り上がりましたね。 吉井さんとの講評絶妙ででした。 少しハードなスクールになってしまったと少し心配していたのですが、杞憂でした。 ありがとうございました。 次は・・ですね。 スクール参加の皆さんもお疲れ様でした。 今回学んだ事を生かして下さいね。 また集まりましょう! 
Commented by satoshi_irei at 2007-12-07 18:10
shogoさま
今回、生徒さんも水準が上がってきましたね。
これまでの成果が出て、
吉井さんにも評価していただきましたので
うれしいですね。
Commented by Shogo at 2007-12-07 18:39 x
そうですね、願化さん、高井さんとも2年連続参加。 スクールの成果が出てきた、という事でしょうか。 (もちろんお二人の並々ならぬ努力がありましたが) 参加された某社長より、来年は、3人スクールに送り込むから、との声も早速頂きました。 
非常にうれしいことです。 
そういえば、伊礼賞受賞の彼、うれしさのあまり?2次会で沈没してしまいました。(笑) 彼も2年連続参加でしたね。
Commented by satoshi_irei at 2007-12-07 19:47
某社長とは、、、、?
大蔵さんでしょうか?(笑)
高田さんは宗教がかった、宇宙人的な発送の人ですからね。
Commented by th0031 at 2007-12-08 18:40
懇親会に紛れ込みたかったのですが、行けずに残念でした。
それにしても2年連続での受賞ありがとうございました。前日遅くまで助っ人とともに模型を作っておりましたが、その甲斐あって良かったです。助っ人達も喜んでおりました。
来年は是非懇親会にお邪魔します・・・
Commented by morii at 2007-12-08 19:32 x
伊礼さん 今年も設計スクールもり上がっていますね。昨年の課題をやっていた時を思い出します。機会があればまた教わりたいです。
Commented by akikobeya at 2007-12-08 23:33
皆様お疲れさまでした。
そして願化さん、高井さん、2連覇おめでとうございます。
恐るべし菅組ですね。
来年こそは参加出来たら・・・
Commented by satoshi_irei at 2007-12-10 10:11
菅さん
優秀なスタッフですね。
特に願化さんは頭ひとつ抜け出しておりました。
Commented by satoshi_irei at 2007-12-10 10:20
森井さん
また、来年もこき使われるようです、、、、
趣向を変えて、外部の方々からエネルギーをもらえるような
スクールにしたいと思います。
Commented by satoshi_irei at 2007-12-10 10:22
akikobeyaさん
来年はこちらから、あちこち伺う事になりそうですので
参加しやすいかもしれませんね。
Commented by okamura at 2007-12-10 19:53 x
参加させていただきありがとうございました。
講義・見学はもちろん、皆様の講評、
ほかの方の作品もとっても勉強になりました。
懇親会が充実していてつながりが深いのも大きな魅力ですね。

賞もとてもはげみになります。
こちゃぶ?を挟んで色んな遊びが繰り広げられています(笑)

なんとか今後に生かしたいです。
またぜひ参加させてください。

Commented by satoshi_irei at 2007-12-10 21:52
岡村さん
最後の追い込みでぐっと良くなりましたね。
いい設計は「組み立て」が大事ですよね。
それがきちんとできていたと思います。

福山雅治似の女性がいるというので(笑)、
いろいろと話題にもなったようです(笑)。


<< 日経ホームビルダー「見えなくな... 伊礼智設計スクール 先程終了 >>