石神井台の家 オープンハウス直前
今日は石神井台の現場へ。
残り仕事を打合わせ、後は現場に任せます。

直角がひとつもない変形した敷地に建つ、変形した住宅です。
その中でひとつ、見ていただきたいのは
エル型に開閉する障子。
昔、第1回目の新建築、吉岡賞を受賞した
三谷さんの家で中村好文さんが挑戦しています。
ここぞ、、、というときの技でしょうね(障子の上下に隙間ができますが)。

現場もはじめてなので、原寸材で検討する?という話もありました。
こちらの図面と変えて現場が工夫してくれました。

この家の醍醐味は変形した把握しにくい空間と
この障子の楽しさなのかもしれません。

b0014003_22493397.jpg
b0014003_22494982.jpg



石神井台の家 オープンハウスのお知らせ

練馬区石神井台で進めていました小さな家が完成します。
直角がひとつもない変形した敷地に建つ、4人家族のための住まいです。
5角形の母屋?にブリッジを架け、下をカーポート、
上を和室とご主人の小さな音楽室としています。

直角がない敷地は方位を掴むのも苦労しました。
4角い単純な形でまとめる考えもあったのですが、5角形に変形した敷地を活かして
室内に通常の感覚とは異なる空間ができ上がるのもむしろ楽しく、
その土地ならではの豊かな解答になると考えました。

壁掛けの普通のエアコンを床下に吹き出し、輻射冷暖房を試みています。
小さなスペースとは言え、冷房がどの程度有効に働くか楽しみでもあるのですが、、、、。

お時間ございましたら是非、いらしていただきたいと思います。

                                   

・日時 12/15(土)、16(日) 午前10時00分〜午後5時頃まで
 申し込み先:伊礼智設計室 TEL/FAX 03-3565-7344
 折り返し地図をお送り致します。

・場所 東京都練馬区石神井台
 最寄り駅:西武新宿線 上石神井駅 徒歩12分
                
・設計監理 伊礼智設計室(伊礼智、森泉綾)
・構造設計 黒岩構造設計事務所
・施工 相羽建設(監督 早川真)
by satoshi_irei | 2007-12-04 22:56 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/7786461
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by studio-tsumugi at 2007-12-05 01:22
写真から何か仕掛けが?と思い、文章を読んで納得です。 
雨戸の入隅バージョンといった感じでしょうか?
Commented by satoshi_irei at 2007-12-05 09:07
簡単にできると思っていたら、、、いやいや、奥が深いです。
Commented by masa-aki.m at 2007-12-05 09:47
これ、一度やってみたかったんですが、、、。
動きをみたらびっくりするでしょうね。うらやましい。
Commented by rantaro_papa at 2007-12-05 09:54
簾戸が入りましたね。障子と簾戸が日差しを柔らかくしてくれそうです。それにしてもこの障子の仕組みはサプライズ。建築が始まってから『おおっ、こうなるんだ』という事ばかりで 週末の現場通いが楽しみでした。今週末は塗装にチャレンジします!!
Commented by satoshi_irei at 2007-12-05 12:33
松原さん

本当に簡単だと思っていたのですが、なめてかかると失敗します。
Commented by satoshi_irei at 2007-12-05 12:34
rantaro_papaさん
塗装よろしくお願い致します。
やれる事はやりましたので、、、、完成が楽しみです。
Commented by hinata at 2007-12-05 17:27 x
おもしろい仕掛けですね♪
一度みてみたいような…
行けそうなら連絡したいとおもいます。
Commented by satoshi_irei at 2007-12-05 19:56
ひなたさん
仕掛けより空間ですよ(笑)。
Commented by tokyomachiya at 2007-12-07 17:00
これ、以前中村好文さんの住宅でやりました!
あまりに簡単に綺麗に廻るので、拍子抜けした記憶があります。
案ずるより生むが易しでした。さて今回は?
Commented by satoshi_irei at 2007-12-07 20:48
迎川さん現場は苦労しています。
そんなに簡単ではないと思います。
Commented by tokyomachiya at 2007-12-08 15:35
以前は確かレールは堅木でピンにはステンレスのダボを利用したように記憶しています。
ダボは頭が少し丸まっているものが良いようです。
レールに蝋を塗ってあげたら、とてもスムーズに動きました。
先日見に行った時にはまだ建具が付いていなくて、具合を確認できませんでした。
Commented by satoshi_irei at 2007-12-10 19:02
迎川さん
そのへんの話は聞いていました。
今回がダボも木です。スムースに動くのですが動作時の安定性ですね。
余裕を見すぎると建具が、ガタつききます。
きつきつでつるつるの素材と設計が必要でしょうね。


<< 明日は伊礼智OM 設計スクール... 那珂湊の家 >>