京都、鴨川建築塾
b0014003_9375942.jpg
設計:山田守


土日は京都へ。
鴨川建築塾で2時間ほど講演させていただいた。
こじんまりしたセミナーだったのでこちらも話しやすく
塾長?の植久さんの的確なフォローもあって
僕もいいヒントをいただいた。

住宅の世界は大きな転換期を迎えようとしている。
設計事務所は、まだ気づいていない(笑)ところも多いようだが
それなりの工務店はそれに向けて備えはじめている、、、
それでも多くの設計事務所、工務店が窮地に陥る。
責任ある設計、施工ができるところが生き残るだろう。

そのためにも設計者と施工者は敵対せず、チカラをあわせる事、
住まい手にも「つくり手」としての価値観をきちんと伝えていく事をしなければ、、、
というのが植久さんの考えで、同感である。

それにしてもここ数年、お話しさせていただく機会が増えた。
うちの事務所の仕事や仕事の仕方が役に立つのかどうかは分からないが
上記した情勢がお声がかかる要因となっているようだ。

どちらかというと、自分の方が勉強になっていることは間違いない(笑)
やっぱり、アウトプットがインプットを誘引するように思う。



b0014003_10344299.jpg
b0014003_10345843.jpg
日曜日は智積院と三十三間堂を見た。
利休好みといわれる「庭」を見ていると、これまでどちらかと言うと「嫌悪」していた
ありふれた「庭という概念」も悪くはないなあ(笑)と思ってしまった。
それでも、「見るための庭」を自分の設計に取り入れるというのはやりにくい、、、。

三十三間堂の上げ下げの障子が面白かった。

その辺の話はまた後日、、、。
by satoshi_irei | 2007-10-08 10:42 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/7547155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokyomachiya at 2007-10-08 12:24
建築家だとか工務店だとか言っている者たちは、今の時代に取り残されていくでしょう。
今求められているのは、その地域と如何に生きていくかという事のように思います。
あとの大多数の住宅は、統廃合されたハウスメーカーチーム中心の型式認定住宅になるのでしょうね。
平成21年の4号特例廃止と、その前後に起こるであろう消費税率大幅引き上げで住宅中心の設計事務所と工務店の多くがとどめを刺されるでしょう。
Commented by satoshi_irei at 2007-10-08 18:12
迎川さん
それに加えて銀行が変わった住宅、安心出来ない住宅には融資しないという事になれば、、、(汗)。
その点、うちの事務所は普通なので、喜んでいいのだかどうか(笑)?
Commented by tokyomachiya at 2007-10-08 19:42
伊礼さん、それが融資基準に成るチェックリスト案を見ると、平面形態(縦横比)や屋根勾配、軒の出など他に、周辺環境も採点基準に入っていました。
東京町家が建つ狭小密集地は辛い採点になりそうです。
だから喜んでいる場合ではないのです。
こんな基準創りが実務関係者の眼に触れない所で粛々と進められていることに憤りを感じます。
Commented by satoshi_irei at 2007-10-08 20:27
迎川さん、
是非、怒りキャラの先輩方をけしかけて
国土交通省を訴えて下さい(笑)、、、一段落したら
僕も頑張ります!!
Commented by kazuo-nakazato at 2007-10-08 21:14
>アウトプットがインプットを誘引する<・・まったくそう感じます。
アウトプットする建築家の代表で国交省の官僚を一網打尽に論破してください(笑)。
Commented by satoshi_irei at 2007-10-08 21:55
中里さん
先輩方には「怒りキャラ」がたくさんいらっしゃいますから
是非、その方々に頑張っていただいて、状況が良くなって来たら
満を持して出て行きます(笑)。


<< 寒いのでチゲ レアリテ 02号 明日発売 >>