5角形の家を訪ねる
b0014003_18523998.jpg
今日は
もしかしたらクライアントになるかもしれない方々を5角形の家にご案内。
普段、設計を頼まれていない方に
その方のためだけに仕事を見ていただくという事は、あまりしない。
住まい手も大変だし、、、同じくこちらも半日がかりになってしまう。
今回は工務店の社長さんの自宅だし(笑)、普段、オープンにしているので甘えてしまった。
ありがとうございました。
奥さんの住み心地が聞けて楽しかった(笑)

確かに、写真で見る空間と実物はまるで違う。
特にうちの事務所の地味な仕事は実物で見ていただくとずいぶんと違うらしい。

新建築「住宅特集」の近作訪問で9坪の家を取材していただいた
建築家、吉井歳晴さんも「写真では分からない」といっていた。

単純なプランと実際の空間の開きが大きいというのは
先日、セミナーでゲストに来ていただいた
田中工務店の田中さんの最初の印象でもある。
プロでも図面では分からない。

建築家はある程度成功すると住宅から離れていく人も多い。
自分たちはどんどん経験を積み、レベルアップするが、
住宅を頼んでくれるクライアントはみんな、ほとんど「初心者」である。
だんだん、ギャップが大きくなってくたびれるのだと思う。
建築家は求道者が多いから(笑)、、、。

「初心者」である事とこちらが表現者としての「つくり手」である事を
お互いが尊重できればいい、、、そのためにはまずは実作を見ていただく事だろうな?と思う。
特に、うちのような事務所は実物を見ないと本当に分からないらしいから(笑)、、、

いつものオープンハウスとは別に、
見ていただく「楽しい機会」があってもいいのかもしれない(ちょっと考えます)。

5角形の家
by satoshi_irei | 2007-09-29 19:47 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/7509899
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よねとも at 2007-09-29 21:12 x
我が家に遊びにきた方々の感想が面白いです。(見学会の折込広告を見ていた人、多いです)
廊下ない、(フルオープンの)窓はどこにしまってある?
どこになにが収納されているかわからない家、等々…
庭に出ていると知らない人からも聞かれます。
ここはどうなっている?(外物置のこと) その上(2Fデッキ)は何?
別荘かと思った、山荘みたい、云々。
初対面で話がはずみます(笑)
Commented by satoshi_irei at 2007-09-29 21:38
よねともさん
よねともさん家も一見、地味でしょうけれど
だんだん、不思議にみえるんでしょうね(笑)。
よねともさんは
何ができても住んでやるぞ!くらいの覚悟で頼んでいただいた方だと
思います(爆笑)、、、でも、その腹のくくり方の寛容さと言うか、潔さが
家づくりを成功させるひとつの法則かもしれませんね。



<< エコビルド展の展示計画 「リンカラン」取材 >>