ときわ台の家 改装  和室廻り
ときわ台の家は築三十数年ほどの古い木造の家。

古い部分を残し、利用しつつ手を入れるという(古い部分と対話しているような感じ)
古くて新しい事務所と同じ手法でまとめてみました。

ごっそり解体して骨組みだけとし新しく造り込むというのも、
仕事としては楽しくて、見応えがあり、かつ楽でいいのですが費用がかかります。
また、そのような改修がサスティナブルかどうか?というと、、、
スクラップ&ビルドと変わりないような気もします(笑)。

一部、壁を取り払って(最小限の解体)設計を組み立ててみました。
フィルム状の床暖房システムを組み込み、
既存のサッシュをペアガラスに変えて、温熱環境を整え、
後は、既存の枠とコラボレーションするように取り合いをまとめています。
壁天井はビーナスコート(火山灰)、床は北欧松。



b0014003_13332762.jpgb0014003_13334176.jpgb0014003_13411040.jpg
改装前の和室は天井に照明が組み込まれて
当時としては凝ったつくりだったと思いますが今回はシンプルに、、、
6帖の和室を4畳半に変えます。

リビングの欄間の枠寸法に合わせて天井を張りました。
既存の雪見障子は紙を張り替えてそのまま使います。
奥の腰窓は雪見障子に合わせて新規に障子を用意しました。


b0014003_133725.jpgb0014003_1338531.jpgb0014003_1338199.jpg
b0014003_13342429.jpg

b0014003_13561240.jpg


設計:伊礼智設計室(伊礼智 梅田冴子)
施工:内田工務店
by satoshi_irei | 2007-09-13 13:46 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/7437137
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by studio-tsumugi at 2007-09-13 18:50
古いと新しいを調和させる、腕の見せ所ですね。
Commented by satoshi_irei at 2007-09-14 09:26
tsumugiさん
自分の事務所も含めて、改装の仕事が2つ続くと
改装の問題点も見えてきます。
テレビみたいに思いっきりやっていいかどうか考えものです。
Commented by ame-no-michi at 2007-09-14 11:38
今週末の課題は段ボール生活からの脱出です。
来週末にはお客様もいらっしゃるので・・・。
Commented by satoshi_irei at 2007-09-14 12:37
谷田さん
やっと、段ボールハウスから脱却できますね(笑)


<< 慌ただしい一日 ときわ台の家 改装  リビング... >>