プラス経営 設計セミナー 全日程終了
b0014003_9355416.jpg

27日は午前10時30分から午後10時まで(笑)、、、延々、設計セミナー。
日本全国から工務店のみなさん37人の参加者、、、全3回の日程を無事終了した。

昨日はご午前中に講義(ヒアリングからプレゼンテーションまで)、
引き続きうちの事務所の最新作をパワーポイントでご覧いただいた。
昼食を挟み、設計課題「それぞれの町角の家』の発表、審査、表彰、パーティと続く、、、。

さて、今回の最優秀賞は
鹿児島、徳栄建設の幸野成一さん
鹿児島の民家に見られる「テノマ」という母屋とハナレの間の空間を生かして
それを町に繋げるという案。
建物を斜めに振り、道行く人の視線から、建物が変化してゆく様も秀逸であった。
文句なしの最優秀賞。
商品は「くうねるところにすむところ、子供たちに伝えたい家の本」全25巻。

b0014003_10411394.jpg


優秀賞は個人で参加してくれた岡村未来子さん。
土間を丁寧に設計し、住まいの外回りのもろもろの生活をまとめあげ、
町と暮らしを繋げた案。
地味ながらもリアリティのある、完成度の高い設計であった。

b0014003_10413856.jpg

2人目はフラワーホームの高橋葉子さん。
3人の子供部屋を1階のキッチンとダイニングの脇に配置し、
段差のあるリビングを通して町につながる、、、子供を介して町とつながるという案。
子供がご近所(町)との関係の媒体となることを再認識させてくれた。
イラストも楽しそうでうまい。

b0014003_10421518.jpg

3人目の優秀賞はサン工房の風能由貴子さん。(優秀賞は女性が独占)
懐かしい記憶のなかのビワの木がコミュニティツールになるのでは?
という発想からまとめられている。
コミュニティツールとしての設計の広がりが物足りないものの、
プランのまとめ方が秀逸、、、前回の宿題が高得点で優秀賞。
優秀賞の商品は木曽三岳奥村木工所の「ミルキースツール」。

b0014003_1042151.jpg

特別賞は徳栄建設の中村圭吾さん、同じく徳栄建設の木佐木俊督さん、
もうひとりはサン工房の森下陽さん(ここは男性が占めた)。
商品は小泉道具店の「木皿、5枚セット」。

中村さんは「楽しく違える」と題して
町と家の「段差」を利用して子供やお母さん達の居場所と
住まいと町の視線の違いをつくり出し、開放的に住む事を提案。

木佐木さんは
「土間」を通り抜ける楽しさを表現しようとした。
その楽しさは半階づつスキップする室内空間につながり、家全体に楽しさが溢れている.
それが町まで溢れている事が模型で確認できて特別賞に滑り込み!!

森下さんは
町との関係を「灯り」で表現しようとした。この家が町角の「灯り」となることで
道行く人に町角を強く意識させる事ができると思う。
シンプルな設計がより、灯りの効果をたかめて印象に残る作品であった。

終了後は有志15人ほどで、うちの事務所で宴会となった(笑)
みなさん、お疲れさまでした。
by satoshi_irei | 2007-06-28 10:20 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/7029331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mi-o at 2007-06-29 13:28 x
本当に充実した3日間をありがとうございました。
フリーの身なので、賞は何よりの励みになります。
貴重な見学の機会を与えてくださった住まい手の方々にも
心よりお礼を申し上げます。

賞品のスツールは下の子が放してくれません。。
おうちごっこの他、背負ったり、三輪車に積みこんだりと大変です。。

ぜひ続編を楽しみにしています。
今後も機会がありましたらご指導のほどよろしくお願いします。
Commented by satoshi_irei at 2007-06-29 20:44
mi-oさん
リアリティのある、まとまった案で良く出来ていたと思います。
2年もやっているので次回は別の方に、、、という事になると思います。
Commented by mi-o at 2007-06-29 22:27 x
残念ですが、、、
今回参加できたことになおさら感謝です。。
益々のご活躍、楽しみにしています。
Commented by nakamura at 2007-06-30 20:38 x
東京での3日間誠にありがとうございました。
今はまだ営業をやっている身ですが、
お客様にいいものを伝えるということを身につけ、
将来、私も工夫を惜しまない、いい建築家を目指していきます!
お施主さんと話せたことや、プレゼン・ヒアリングの考え方など、
今の仕事や将来の目標にとてもためになったすばらしい3日間、
誠にありがとうございました。
次回鹿児島に見えられる際は、テノマの再現の現場が見ていただけるよう、がんばります!!


<< 暑いので讃岐うどん 親子で考える家の学校2007 ... >>